« 雨あがる | トップページ | 寄り道、音道、帰り道 »

2013年6月27日 (木)

冷麺とデカモノ

会社に向かっている電車の中、高校時代の同級生からメッセージが来た。「広島つけ麺の美味しい店を教えて」。近いうちに広島に出張があるのかなあなんて悠長に構えていたら、既に来広。今夜、行きたいのだとか。

一押しの店は「冷めん家」だけど、夜の営業時間は17時~19時。たぶん、仕事が終わってからだと間に合わない。というわけで、あれこれ考え、鷹野橋商店街の「わかば亭」を推薦した。頻繁に行く店ではないけれど、チェーン展開している店よりは、元祖に近い味だと思う。

そんなことを考えていたら。私自身、猛烈に冷めん家に行きたくなった。しか~し。唐辛子粉たっぷりの出汁で食べる冷麺、白いシャツだと、出汁が飛んだときに染みになる。私は冷めん家に行く可能性がある場合、家を出る時から服装に気をつけているのだ。

今日は白シャツ。しかし食べたい。これを両立させる方法をあれこれ考えた結果。

1372412624594.jpg

百均ショップで防水エプロンを購入した。見た目はアレだけど、シャツが汚れる心配はない。

1372412626453.jpg

さあ、いただきます。エプロンを着用していたら、店の人に笑われた。「かわいいでしょ?」とアピールすると、こっくり頷く。いやまあ、かわいさアピールをしたいわけじゃなかったんだけどね。満足、満腹。

1372412629553.jpg

仕事は朝刊社会面デスク。仕事後、いつもの店でクールダウン。

乃南アサ著「凍える牙」、横山秀夫著「臨場」読了。凍える牙は借りて、臨場は電子書籍で。ちょっと前には、塩田武士センセイの「崩壊」を読んでいて、このところ、警察ものを並行して読んでいる。しかも、堅物で古いタイプの男刑事と、それに反発しながらも気持ちが通じていく女刑事が登場。何だか、頭の中で話がこんがらがってきそうになった。

凍える牙も臨場も大満足。凍える牙の続編、女刑事音道シリーズは古書店で、横山秀夫の他作品は電子書籍で。しばらくデカモノ継続の予定。

|

« 雨あがる | トップページ | 寄り道、音道、帰り道 »

日々の日記」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/52218188

この記事へのトラックバック一覧です: 冷麺とデカモノ:

« 雨あがる | トップページ | 寄り道、音道、帰り道 »