« そういえば最近、雑誌を定期購読しなくなった | トップページ | ビミョ〜とは、こういうときに使う »

2013年5月 6日 (月)

あらためて、紙の本

電子書籍を大絶賛したのは、いつごろのブログだったっけ? 現在もkindle paperwhiteをいつも持ち歩いていて、電車内など、片手で持って読むときに重宝しているのだけど。最近、紙の書籍を読む機会がまた増え「やっぱり紙はいいなあ」と再認識もしている。

紙の書籍を読む機会が増えたのは、ちょいちょい図書館に寄っていること、本の貸し借りをしていること、電子化されていない本をチョイスしていることなどなど、複数の要因。「本を読む」という行為を感じる一つに、紙の重さってのはやっぱり重要かも。同じ内容の本でも、ハードカバーの単行本の方が手軽に持ち歩ける文庫本より満足感が高い気もするし。

以前、聞いた話だと、マンガの月刊誌や増刊号などは、わざと厚い紙を使い、分厚さをアピールしていたそうだ。そういえば、マンガ雑誌ってどれも厚かったもんなあ。あえて分厚くすることで、読者のお得感、満足感を高めるらしい。私は鞄にも入らない分厚い雑誌は邪魔だと思ってたんだけど、必ずしも私と同じ考えの人ばかりではなかったってことか。

逆に、新聞の場合、紙はどんどん薄くなっている。ページ数のことではなく、一枚あたりの厚さのことね。宅配での販売が多くを占める新聞は、一度に多くの部数を運べる方がいいし、紙の材料費も薄い方が安く済む。ただ、紙は薄くなるほど破れやすいため、輪転マンは神経を使う。誰かが楽になると、ほかのどこかで苦労をしている人がいる。

電子書籍にも紙の書籍にもそれぞれ利点があるから、これからも併用していこうっと。現在も、同時並行で読んでるし。

1368013047012.jpg

大型連休は今日が最終日。新緑の季節、好天だと気分がいいねえ。

|

« そういえば最近、雑誌を定期購読しなくなった | トップページ | ビミョ〜とは、こういうときに使う »

日々の日記」カテゴリの記事

電子書籍」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/51548556

この記事へのトラックバック一覧です: あらためて、紙の本:

« そういえば最近、雑誌を定期購読しなくなった | トップページ | ビミョ〜とは、こういうときに使う »