« ランニング観光 | トップページ | 昭和の薫りがする言葉 »

2013年4月19日 (金)

春の野球場萌えin神宮

春の野球場巡りツアー(違うってば)。Kスタ宮城の後は、大学野球の聖地、神宮球場へ。東京の人だと「神宮」の文字だけで明治神宮が頭に浮かぶのだろうけど、遠く離れた地で育っていると「神宮」は地名か何かだと思っている人も多い。正式名称は明治神宮野球場。

1366602303199.jpg

1366602304592.jpg

まずは、昼間(といっても午前中)の顔から。前日は東京六大学だったみたいだけど、この日は東都。カードは國學院大VS専修大。

1366602305712.jpg

歴史ある球場は、照明設備が後付け。神宮も例に漏れず球場の外に柱を建て、覆い被さるように球場内を照らす。平和台球場も同じような形だったんだよね、懐かしくなった。旧広島市民球場は、球場の縁にくっつけてあったっけ。照明施設を眺めるだけでも、球場の歴史を感じる。

1366602306743.jpg

今度は夜の顔。女子プロ野球のイベントが神宮で予定されているようで、選手たちがビラ配りをしていた。意外というか、都心なのに地方球場より静かな感じ。

1366602307776.jpg

外野自由席で入場。昼の大学野球は1300円、プロ野球は1500円。この「ほぼ同じ」設定ってのはどうなんでしょう。「外野」といっても、座席はポールよりホーム寄り。両軍の応援団がいる辺り以外はガラガラで、かつてのパ球場のにおい。その思いをさらに強くするのが性別にかかわらず「おひとり様」が多いこと。「通」っぽい感じ。東京ドームのジャイアンツ主催試合では、こうはいきますまい。

1366602309279.jpg

キャップコレクターなので、ここでも購入。今年は以前のデザインに再変更。落ち着いてるけど、昨年までの方がヤクルトっぽさが出ていたかも。

1366602310295.jpg

ビニール傘を持参すべきなのかと思ったら。最近は小型の応援専用傘があるようで、コンビニ傘を持っている人はいなかった。「観戦中に雨が降っても大丈夫」というのは、過去のこと。この傘では、雨を防ぐことはできません。

1366602311484.jpg

試合はドラゴンズの勝利。岩瀬が前人未踏の350セーブを達成した記念すべき日となった。全くそんなことも知らずに行ったんだけど、なんだか得した気分。過去にも記念試合はあれこれ観ていて、カープ衣笠の連続試合出場世界記録(当時)とか、思い出すなあ。今日の試合も将来、思い出すのかしら。

プロ野球のキャップは、どこのファンであるかの符丁として大切なアイテム。私がスワローズのキャップを被っているものだから、見ず知らずの方から今後のスワローズがどうあるべきか話し掛けられた。こちらもそれっぽく応じたんだけど、ごめんね、本当の贔屓チームは違うんです。

|

« ランニング観光 | トップページ | 昭和の薫りがする言葉 »

スポーツ」カテゴリの記事

独り言至極」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/51330087

この記事へのトラックバック一覧です: 春の野球場萌えin神宮:

« ランニング観光 | トップページ | 昭和の薫りがする言葉 »