« 「惜しい」と「外れ」は同義語 | トップページ | 充実のオフ »

2013年3月18日 (月)

64ロクヨン

久しぶりに、わくわくしながら、どんどん先を読み進めたいと思う本に出合った。横山秀夫著「64(ロクヨン)」。通勤の時間とか、食事休憩の時間とか(行儀が悪いけど時間の効率利用ということで)使って読んでたんだけど、まとまってぐいぐい読みたい。今日までに7割ぐらいまで読み進めていたので、仕事から直帰、すぐに読み始めた。

あっという間に読み終えた…感がするぐらい、時間を忘れていたのだけれど。時計を見たら3時間近く経過。ほとんど朝になっていた。いやほんと、今作はかなり気合を入れて書かれたとは聞いていたものの、その気合がまっすぐ伝わってくるこれほどの力作だったとは。

と。そんなわけで、ここ最近、読書の時間をなるべく確保するため、ブログ更新が後回しになり、飛び飛びの更新間隔になってしまったのであった。この程度のブログだけど、まあ、10分か20分は掛かるわけで、その時間を読書に回すと、10ページかそこらは読み進められるわけで。

時間軸は戻って。

今日の仕事は朝刊社会面デスク。夜勤2日、東京で1泊2日、そして夜勤デスク4日間。仕事は好きで、いつも楽しくやらせてもらってますけど、体は疲れましたなあ。明日からオフ日なので、リフレッシュしましょう。

|

« 「惜しい」と「外れ」は同義語 | トップページ | 充実のオフ »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/50894170

この記事へのトラックバック一覧です: 64ロクヨン:

« 「惜しい」と「外れ」は同義語 | トップページ | 充実のオフ »