« おーいバス | トップページ | 古き良き時代 »

2013年2月22日 (金)

あれこれ動いたオフ日

午前、息子の幼稚園のミニミニ発表会。クラスが2つあり、演目は「天空の城ラピュタ」と「火垂るの墓」。みにくいアヒルの子とか、3匹の子豚をやるものだと思っていたもんで、ちとびっくり。ま、初期ジブリの映画が公開された1980年代後半は、既に4半世紀前。20歳代前半の幼稚園のセンセイにとっては「古典」に分類されても仕方あるまい。

1361636689263.jpg

うちの息子のクラスは「火垂るの墓」。88分の映画を15分にまとめるのは苦労したのだろう。弁当を持って来て渡したら、兵隊さんがやって来て、掃除をさせられたりしているうち、木が生い茂る場面になって、周囲を蛍が飛んでいた。極力、セリフを省いたつくりになっていて、何となく雰囲気だけは分かる。

あ、写真が頭ばっかりになってるのは、プライバシーに配慮してのこと。写真が下手なわけじゃないんで。わ、ざ、と。

本番は、ホールを借りて、また別の配役でやるそうだ。さらに演技に磨きをかけてくださいな。

1361636690466.jpg

昼は緑井の広島初といわれる二郎インスパイア系ラーメン「愛」へ。通常180gの麺が、ランチタイムは無料で280gになるという。味はかなり二郎を再現している。この味とこの量。繁盛している理由も分かる。次に来ることがあれば、この店のオリジナル、辛味噌味を試してみようかな。

お腹を満たしたら、買い物へ。ビールの買い置きがなくなったので補充。それと、先日、新聞にオイルサーディンの作り方が紹介されていて、試してみたくなった。買うのはオリーブオイルと小イワシ。

ところが。いつもパックで山のように積んであると思っていた小イワシがない。スーパーを3つハシゴし、妻が行った生協の店舗にもなかった。ということで、今日のところは諦める。残念。

ここでちょっと調べてみたこと。「オイルサーディン」は日本語で「イワシの油漬け」。ところが「サーディン」とはマイワシなどのことで、広島でいう小イワシ、つまりカタクチイワシはサーディンではなく、アンチョビ。ってことは私が作ろうとした小イワシの油漬けは「オイルアンチョビ」が正しい。

けど、日本でアンチョビというと塩蔵アンチョビを指すことが多いので、まぎらわしい。オイルサーディンと塩蔵アンチョビの違いは、加熱するかどうか。前者はオイルで煮て、後者は火を通さない。ためになったね~

帰宅後、ネットでいくつかの用事。まずは、スカパー!の完全解約。昨年末、パック契約をやめ、基本料(410円)だけは払っていたが、あれから2カ月、ペイパービュー番組を見ることは一度もなかった。これで、わが家はスカパー!とサヨナラ。標準画質の終了が決まり(来年5月)、HD放送の加入者を増やしたいだろうから、またチューナーが無料とか、特定のパックに入ったら割引するとか、何らかのキャンペーンの通知が来るだろう。得だと思えば再加入しようっと。

もう1件は、ビート号の任意保険の更新。2月25日午後4時までなので、もう3日後に迫っている。忘れないうちにやっとかないとね。無保険状態は怖い。

夕飯は家族でカモナベイベ~。

|

« おーいバス | トップページ | 古き良き時代 »

日々の日記」カテゴリの記事