« 朝から深夜まで | トップページ | 直帰の理由は »

2013年2月14日 (木)

4半世紀の時を越えて

バレンタインデーだそうな。会社からありがたいプレゼントをいただいた。中堅社員研修。正直、研修の前は「座学で知ることってあるのかいな」と懐疑的な部分もあったのだけれど、終わってみると実に充実した一日のように感じた。講師のセンセイがうまかったんだろうなあ。部下の良さを引き出すデスクを目指します。

研修後の懇親会後、久しぶりの再開。高校時代の同級生が広島で仕事があるとのことで、飲みに行くことにした。

25年か26年ぶりか、4半世紀ぶりの再開。ひょっとしたら、高校3年の3月、一緒に大学受験に行ったときが最後かもしれない(卒業式は試験前に終わっている)。とある学校を一緒に受け、彼は合格、私は不合格。にもかかわらず、さらに上を目指した彼は浪人し、私は広島の地に流れついた。頭良かったもんなあ。

1361033334129.jpg

ってなわけで、4半世紀のときを埋めるべく、あれこれその間のことを聞き出す。人生を聞くのって面白いね。会社に入ってから外勤より内勤記者生活が長いけど、ひょっとしたら性格的には外勤の方が向いてたのではないかと思ったり。

1361033335746.jpg

勢いをつけて2軒目へ。成人してから会うのは初めてだから、一緒に飲むのも初めて。カラオケも初めて。初めてだらけ、面白い。

|

« 朝から深夜まで | トップページ | 直帰の理由は »

日々の日記」カテゴリの記事