« 留守番 | トップページ | なんですかこれは »

2013年2月 1日 (金)

ビート号のバッテリー交換

1月31日、ライトつけっぱなしの不注意でバッテリーが完全放電してしまっていた。ほうでんなあ。

1359736392556.jpg

こんな時のために、いつ買ったかも覚えていない家庭用バッテリーチャージャー。コンセントにつなぎ、この器具から出ているブースターケーブルをバッテリーにつなげば充電できる。はず。よかったねえ、事前に準備をしておいて。

1359736393831.jpg

ところが。多少の充電はできるものの、エンジンが掛かるレベルまで上がらず。う~む、バッテリーの寿命なのだろうか。ま、いい機会だと思って、バッテリー交換することにしよう。

ホームセンターで買ってきたバッテリーは、今話題のGSユアサ製。B787の一件があるまで定評のあるメーカーだったのだけれども。いや、まあ、事故原因はバッテリーではないという説も出ているし、複数のバッテリーを並べて使うわけでもないし。GSユアサさん、信じます。

1359736395034.jpg

「44B19R」というのは「44」が性能、「B19」がバッテリーサイズ、「R」が端子位置らしい。ビートの純正が何だったのかよく分からないんだけど、検索をすると「27B17R」という数字がヒットした。けど、そんな型番のバッテリーは、ホームセンターに置いていなかった。最初の「性能」の数字は大きい方がいいのだそうで、「27」っていかにも性能が低そう。大きい数字の物ばかりだったから、もう製造されていないのかもしれない。

これまで積んでいたやつは「38B20R」。今回買ったバッテリーと交換可能だと書いてある。いやほんと、こういう知識が全然ないもので。お恥ずかしい話。

1359736396368.jpg

外したバッテリーは「Honda Battery」と書いてある。以前、社外品に自分で交換した記憶があるんだけどなあ、いつの間にこれになってたのかしら。純正品みたいなんだけど、製造は「古河電池株式会社」と書いてある。まあ、自動車メーカーがバッテリーまでは作らないわな。ハイブリッド車に積んでるバッテリーもそうだし。

今回のバッテリーは36カ月、6万km補償。 ってことは確実に3年間は大丈夫だと思っておこう。現在の走行距離は13万9,174km。これから6万km走ったら、20万kmになるんだなあ。次のバッテリー交換時のために、数字を記録しておく。バッテリーにもマジックで記入しておいた。

|

« 留守番 | トップページ | なんですかこれは »

愛車ビート号」カテゴリの記事