« ラーメンとはさみ | トップページ | 留守番 »

2013年1月30日 (水)

ヒラメづくめ

上司の顔色ばかりうかがう人のことを「ヒラメ」と例えることがある。平べったくて、上に目がついていて。けど、ヒラメを眺めていると、上ばかりを見ているようには思えないんだよなあ。

1359615373445.jpg

1359615375391.jpg

そんなヒラメが1匹980円。これまでヒラメを1匹買ったことがなかったのだけど、きっとこれは安い。店にお願いして3枚にしてもらい、あらは別の袋に詰めてくれた。

1359615376964.jpg

「3枚」というのは上、中骨、下という意味なんで、短冊は上の左右、下の左右で4枚。30センチ以上あったヒラメも、さばいてもらうと20センチちょっと。意外とコンパクト。

1359615378340.jpg

まずは上側を刺身にした。身に弾力があって、切るのが難しい。見た目はともかく(もっと美味しそうに切れたらよかったんだけど)うむ、やっぱ刺身はうまいねえ。

1359615380126.jpg

皮の部分は湯引きに。熱湯をかけるだけだと少し固かったので、熱湯をくぐらせた。味付けはポン酢。うわ~、これは美味しいなあ。以前、イシダイの皮も湯引きで食べたけど美味だったっけ。ぷるんぷるんで肌にも良さそう。刺身用のパックばかり買ってると、皮を食べる機会がないんだよね。もったいない。

1359615381776.jpg

あらは汁に。昆布だしにあらと長ネギを入れ、お酒を足して適当な時間煮る。最後にちょっとだけ醤油を足してできあがり。あぁ、これ、幸せな気分。まだまだ飲める。

1359615383253.jpg

今度は裏側(下側)の刺身。色も違うけど、味わいも違う。縁側はこっちの方がいいね。

と。ここでふと思いついた。あら汁はまだまだたくさんある。熱々の汁を使ってもうひと品。

1359615384535.jpg

1359615387292.jpg

1359615388482.jpg

あら汁のヒラメしゃぶしゃぶ。刺身を汁の中にくぐらせる。透明な身が10秒後には白くなる。あ、これもいいわ。「熱」って素晴らしい。

まだ、短冊は2枚残っている。翌日、昼食のもう一品として、

1359615389936.jpg

ムニエルのホワイトソースがけ。味はバツグンなんだけど、私の難点はこういう料理をやると見た目が美味しそうじゃないんだよなあ。料理っていうか、いつも酒のアテばかり作ってるからこうなる。

これだけ食べて、まだ残り1枚。最後は刺身で晩酌かな。ヒラメのすべての部分を味わって、満足満足。

1359733595048.jpg

2日目、残りの短冊を刺身にした。おぉ~、2日目の方がおいしいや。美味しんぼの鴨猟の話の時にあったけど、アミノ酸がどうやらこうやらして、新鮮な方だけがおいしいわけじゃないのかも。これ、覚えておこう。

|

« ラーメンとはさみ | トップページ | 留守番 »

日々の日記」カテゴリの記事