« お迎え&寄り道 | トップページ | ラーメンとはさみ »

2013年1月29日 (火)

ビートのリアガラス化を久々に

ビート号のリアスクリーンをガラス化してから約2年。雨漏りなしのノートラブル、視界も良好で車格が一段上がったような気になる。

1359606103278.jpg

作業は、マツダロードスターのNB(NCも可)中古幌からガラス部分を切り取り、ビートのリアスクリーンに縫いつけるだけ。文字で書くと簡単。だけど、個人でやろうと思うと意外に大変だったりする。

まず、ロードスターの幌が手に入りにくい。金に糸目を付けないのであればともかく、切り刻んでもバチが当たらないレベルの幌を適価で手に入れるのが難しい。オークションで物色するんだけど、数千円から2万円ぐらいまで様々。幌骨ごとだとバカでかい物なので、1円で落札したのに送料が1万円だった、なんて冗談みたいなことも起きる。

次にビートのリアスクリーン。愛車から取り外すと、即日作業が完了できなかった場合にヤバいし、急な雨などに対応できない。予備用を先に入手しなければ。かくいう私、最初のリアスクリーンガラス化の時、取り付け作業中に雨が降ってきて焦ったもんね。ビニール部分は破れていてもいいので、ファスナー部分が元気なスクリーンを手に入れたい。流通量が少ないうえ、相場が上がったり下がったり。総額5,000円以内だと安い方。ひところ、曇って見えないスクリーンでさえ1万円を超えることがあった。その2倍出せば新品が買えちゃうよん。

1359606105077.jpg

材料を集めたら、今度は作業道具。テントや革を縫うためのスティッチャー(針通しセット)、黒のスムース糸(糸にロウが塗ってあり、厚い物を縫う時に糸が通りやすい)などを買う。こちらはハンズに行けば簡単に手に入る。

そして最後に。誰にも邪魔されない作業時間と、縫う技術と、へこたれない気力。自分次第で手に入るはずの「時・技術・気力」の3点セットが実は、なかなかそろわないのだ。前日に飲み過ぎると気力が沸かないし、仕事から帰った夜だと、気力はあっても時間がない。

というわけで。

前々日からこの日に向けて、気力を高めていた。仕事オフ日の2日目(つまり連休)、時間もしっかり確保。技術は…腕が鈍っていなければ、以前と同じレベルは保てると思う。最近、老眼が気になるんですけども。ま、針の穴はさほど小さくはないので、糸が通らないってことはないんで。

午前6時起床(お腹が空いて目が覚めただけともいう)、朝食をとり、体を起こす。午前7時過ぎ、作業開始。まずはスティッチャーの使い方を思い出すため、端切れで試し縫い。黒のスムース糸をスティッチャーに巻き(い~と~まきまき、い~と~まきまき♪そのままに)、いざ縫うぞ。

私は自分の性格を飽きっぽいと思っているのだけど、こういう手作業を何時間も無心になってできると、意外と凝り性なのかなあとも思う。飽きっぽいからこそ「できるうちにやろう」という気持ちになり、気がつくと一つのことに打ち込んでるのかなあとも。

1359606106290.jpg

ほぼ午前中一杯、4時間ほどで縫い付け完了。

かなり疲れた。けど、手元にはもう1セット作れる材料がある。「また今度」と後回しにしてしまうと、連休が取れて、その間の予定がなくて、気力が沸くときって数年後までないかもしれない。よし、気力の乗った今、もう1セット作ろう。

昼食を挟み(ちょっと外に出てラーメン食べた)、午後3時前から再開。手順は午前中と同じ。今度は少し早く、3時間半ほどで縫い終えた。

終わってみると、かなりの重労働。腰は痛いし、肩も痛い(翌日、背中がパンパンに張っていた)。スティッチャーを持つときは手袋をしていたのに、糸を引っ張ったりしていているうち、指先の皮がぼろぼろに。

「ビートのリアガラス化は快適だし、簡単なので是非、ビート乗りの人は自作をお試しください」という結びにしようかと思ってたんだけど。久しぶりにやってみると全然簡単じゃなかったですな。時々、リアガラス化を頼まれることがあって、ひょっとしたら副業にできるかなと考えたこともあったんだけど、気力も体力も続きません。思い立った時に自分のペースでやる趣味のレベルが一番。

|

« お迎え&寄り道 | トップページ | ラーメンとはさみ »

愛車ビート号」カテゴリの記事

コメント

はじめまして、福岡市在住のGuzziと申します。
ココかげさんの以前の記事を大変参考にさせて頂いてガラス化に挑戦し
ナントカ出来上がりました。
御礼の気持ちを込めてコメントさせていただきます。
佐賀に戻られる際はお会いできるといいな、と思っております(^^)

投稿: Guzzi | 2013年2月 9日 (土) 19時33分

>Guzziさま
コメントありがとうございます。こういうコメントをいただくと、本当に嬉しいものです。
私も先人の皆様のサイトを参考にしてガラス化したのですが「ビート リアスクリーン ガラス」で検索すると、このブログが真っ先に表示されるみたいで、時々、引き合いがあったりしています。2年間使って全く変化なしですので、耐久性も大丈夫かなと思っています。
Guzziさまのサイトも拝見させていただきました。クラシックギタリストなんですね。私も生まれは長崎県(佐世保市ですが)、北部九州つながりでいつかお会いできれば、と思います。ギターの方も聴いてみたいですね。

投稿: かげさん | 2013年2月 9日 (土) 19時57分

かげさん、お久しぶりですwestopです、覚えられてますか?お元気そうですね、広島を離れ福岡で7年になります。還暦を過ぎまだ嘱託で頑張っています。ビートのリアスクリーン・ガラス化を急に思い立ち、検索すると真っ先に出、懐かしく思いコメントしました。ガラスはマーチカブリオレ用を手に入れました。裁縫は苦手ですが、頑張ってみます。S660を横目にビートの魅力を再発見していきます。20万キロオーバーしましたが元気です。3月は佐賀の竜門ダム近辺で仕事をしており有田、伊万里を荒らしまわってました。確かこの付近で学生時代を過ごされたのではなかったですか?
リアスクリーンのガラス化、不明な点がありましたらご教示ください、よろしくお願いします。

投稿: westop | 2015年7月14日 (火) 20時45分

>westopさん
うっわー、嬉しいですねえ、ご無沙汰しております。うちのビート号の脳がとろけそうとき、救っていただき、本当にありがとうございました。
有田は今も両親が、伊万里には妹が住んでいます。龍門ダム…もう、庭ですよ、わが家の庭(笑)
マーチカブリオレ用のリアガラスとは、良い物も
手に入れられましたね。ガラスの曲面具合を考えると、マツダロードスターよりマーチなんですけど、何しろ球数が少ないのです。
私の手元には今も2セット分のロードスターのリアガラスと、ビートのリアスクリーンがあります。時間をつくって、また裁縫をしようとまさに思っていたところ。私でよければ、何なりと相談してください。テント用のスティッチャーは最高です。
他の方のサイトを見ていると、強力接着剤を使う手もあるようですね。裁縫の経験がなくとも、westopさんの技術を使えばきっと、うまくいくと思います。
いやあ、もう、懐かしくて、驚きで、嬉しくて、今夜は思い出の日になりそうです♪
また、お気軽にご連絡ください。

投稿: かげさん | 2015年7月14日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« お迎え&寄り道 | トップページ | ラーメンとはさみ »