« 最後のオフ日 | トップページ | 仕事納め…られません »

2012年12月28日 (金)

競馬で◯◯

今年のニュースで驚きだったのは、競馬で上げた利益に対する課税。その額もさることながら、ギャンブルをしない人には「そんなに儲けることができるのか」という疑問が沸くことだろう。私のギャンブル経験から言うと、ギャンブルで勝つことはできる。負ける勝負には手を出さない、自分のロマンを捨て、勝つことに徹することができるならば。つい、手を出してしまうんだけどね。

記録が全部残っていないんだけど、ここ4年間の私の競馬の記録。

2009年

回収率158% 参加レース29 的中レース7 的中率24%

2010年

(記録紛失)回収率90%台だったと思う。つまり、ちょっとだけ元本割れ

2011年

回収率28% 参加レース11 的中レース2 的中率18%

2012年

回収率116% 参加レース96 的中レース22 的中率23%

-------

数字の羅列でよく分からないだろうけども。この4年間を通算すると、ちょっと浮いてるぐらい。ギャンブルで大切なのは的中率ではなく、回収率。すべてのレースを当てようと手広く買いすぎると的中しても浮きが少ないし、かといって大振りしすぎると外れ馬券が山となる。

私の目安は「的中率25%、当たったときは4倍以上」。4回に1回当たって、当たったときに4倍になればチャラ。言うたら、単勝4倍の1点買いを続け、4回に1回当たれば浮き。こう考えると、ギャンブルで浮くのはそう難しいことではなさそうでしょ? 仮に万馬券でも10点買いなら10倍、20点買いなら5倍。だったら、レースによっては万馬券狙いの20点買いより、5倍の1点買いの方が確率がいい。ギャンブルとは結局、確率論なのだ。

それと、何度も言ってるけど、ギャンブルはプラマイゼロで御の字。予想して楽しませてもらってるんだもん。負けたときは流して、勝ったときは何かに使う。

さあ、来年も「競馬で○○」シリーズ、続けよっかな~

|

« 最後のオフ日 | トップページ | 仕事納め…られません »

日々の日記」カテゴリの記事