« 闘魂こめて…ない | トップページ | ひろしま国際平和マラソン »

2012年11月 2日 (金)

食い気とやる気

仕事は夜勤、朝刊内政面デスク。

久しぶりに社員食堂で夕飯を食べた。メニューは「スパゲティ カルボナーラ」。私が食券を買った後、茹で始めたのは間違いない。カウンター越しに見てたから。私が食堂で麺類(パスタ含む)を食べることが多い最大の理由は「できたてだから。温かいから」。つまり、麺ではないメニューの場合(以下略)

1352041434893.jpg

写真だと、それなりにおいしそうに見えるかもしれない。が。しかし。けれども。いわんや。なかんずく。…後半、取り乱して関係のない表現が入っとります。

冷たい。麺はかろうじて生ぬるい。上に乗ってる温泉卵はかなり冷たい。クリーム冷たい。具材はベーコンとタマネギなんだけど、これも冷たい。しかもタマネギには火が通っていない。鼻にツーンときて、涙が出てしまったよ。どういう作り方をすればこうなるのかしら。想像してみると、パスタを茹でて皿に上げ、その上から冷たい牛乳、冷蔵庫から出したままのベーコン、タマネギを皿の上でかき回し、その上に冷たい温泉卵を乗せた感じ。

昨今、ヒット漫画の影響もあり「ずぼら飯」という言葉をよく耳にするようになった。ずぼら飯、大歓迎。けどね、ずぼら飯って、表現を変えれば「最少の時間で、最大のうまさ」なわけですよ。掛けた手間を最大限生かす。面倒なことは嫌だけど、おいしい物を食べようという努力がそこにはある。「費用対効果」っていうけど、食べ物では「手間対効果」。私が仕事から帰って作る酒のアテで重視するのは「時間対効果」。いろいろあるけど、「効果」あっての手抜きだからねえ。

まあ、つまり。格別においしい物を食べさせてくれとはいわないけれど、最低限のレベルというか、食材にお金を掛けられなくても、もてなしの心が伝わる料理があるというか。こういうのを食べさせられると、気持ちが凹んで仕事のやる気にも悪影響が出るんだよなあ。

仕事後、即寝。明日はいよいよ、ひろしま国際平和マラソン本番。

|

« 闘魂こめて…ない | トップページ | ひろしま国際平和マラソン »

日々の日記」カテゴリの記事