« 合宿2日目&爆睡 | トップページ | 鬼が爆笑 »

2012年10月15日 (月)

特任教授

iPS細胞を使った世界初の手術を行ったと発表し、虚偽が判明したM氏。報道に関するマスコミへの批判はしっかり受け止めるとして。今回のことで興味深かったのが、大学における肩書き。彼の現在の肩書きは「東京大学医学部付属病院特任研究員」だそうな。

「特任~」というのは割とハードルが低いそうで、M氏は博士号を取得する以前、非常勤の「東京大学先端科学技術センター特任教授」という肩書きを持っていたことがある。とあるラジオ番組によると、そのころ、市川市の家賃の安いアパートに住んでいて、大家さんに「東大教授になりました」と報告していたとか。確かに「東京大学(先端科学技術センター特任)教授」からカッコの部分を省いたら東大教授。省きすぎやろ。

今日のNHKの検証番組で、あれこれM氏のことを語る人たちが出てきていたのだけど、コメントをしている人たちの多くが「特任教授」「特任研究員」だったのが気になった。そういえば、政治番組によく出ているアノ人も、特任教授だよなあ。

地元の大学で、ちょっとしたマスコミ学のような講座があり、社内の同僚が順番に1コマずつ講義したりしている。講義というより、講演に近い内容のようだけど、肩書きがないわけにはいかないので、講義の前に大学から特任教授だか(正確には忘れたけど「●△教授」だった)の委嘱を受けるそうだ。冗談で「選挙に出たらプロフィールに『○○大教授』って書くことができるぞ」なんてことを言って笑ったことがあった。M氏の場合、こういうケースとは違うだろうけど、果たして本当の意味での研究者だったのかしら。一ついえるのは、権威主義は相当なもので、どういう研究をするかより、名の知れた大学に関わっていたいということがよく分かる。虚偽発表も、その延長線にあったのかもね。

仕事は夜勤、ちょっと久しぶりの面担、解説面&硬派補助。仕事後、いつもの店へ。

このところ、ちゃんと日課化している「ほぼ1時間走」。本日も出社前に。

|

« 合宿2日目&爆睡 | トップページ | 鬼が爆笑 »

日々の日記」カテゴリの記事