« 思い出めぐり | トップページ | IS01でAndroid2.2 »

2012年9月 5日 (水)

プロ野球選手会とは

日本プロ野球選手会が、WBCへ参加することを表明した。不参加決議を撤回、3連覇への道を自ら閉ざすことは避けられた。

この「日本プロ野球選手会」。社団法人としての顔と、労働組合としての顔がある。社団法人の理事長はドラゴンズの井端弘和選手、労組会長がタイガースの新井貴浩選手。記事中には「新井貴浩会長」と表記されているので、労組としての決定だということが分かる。

連合や全労連、全労協などのナショナルセンターには属していない中立労組。私たちが所属してる日本新聞労連も、同じようにナショナルセンターに所属していない中立労組。いや、まあ、プロ野球選手会と「同じような」活動をしているわけではないけど。

今回のニュースを聞いて、野球界全体のことを考えながらWBC不参加を決議したり、それを撤回したりした選手会の行動を「労組活動」だと思って受け止めている人は少ない、いや、ほとんどいないかもしれないと思う。

労組をネガティブに捉えている人は「会社の金をぶんどってくることばかり考えている団体」と思うかもしれないけれど、そればかりではない。業界全体の底上げを考えたり、ファンのこと(新聞なら読者のこと)を考えて、様々な活動を行っている。経営者の皆さん、労組を煙たがらず、その存在を認めてくださいな。

1346950834569.jpg

仕事は朝刊経済面デスク。仕事後、いつもの店へ。昨日、面担のH君に長男が生まれたということで、祝いの宴。おめでとさん。

|

« 思い出めぐり | トップページ | IS01でAndroid2.2 »

スポーツ」カテゴリの記事

日々の日記」カテゴリの記事