« さあ開幕 | トップページ | 新たなスタート »

2012年3月31日 (土)

トシちゃんと野村さん

体調も少しずつよくなってきた。左頬下の腫れも引いてきたし(まだ少し痛い)、熱っぽさもない。ただ、やたらと手の指先がさかむけするし、口内炎もできてしまった。完調まであと一歩。

仕事は朝から、夕刊硬派デスク。土曜日は出勤時にちょうどよい時間の直通バスがない。その代わり、道路の混雑状況は緩やか。久しぶりに、朝からビート号で出社。

1333284067853.jpg

昼食は、朝出の日の定番「台湾」。今日はニンニクの茎チャーハン。単品ドラドラ。

帰宅すると妻が「昨日、野村宏伸が出るテレビ番組があったから録画しといたよ」。野村宏伸? 私のために? 野村義男さんが出るなら見たいけど、と言うと「あ。そうかもしれない」との返事。なんだかよく分からないが、せっかく録画してくれた番組があるなら見てみよう。

録画されていた番組は「教師びんびん物語」で共演したトシちゃんと野村宏伸が10年ぶりに再会するという内容だった。恐らく、妻の脳内変換で「トシちゃん」→「たのきんトリオ」→「野村某」→「夫の好きな野村義男」→「録画しとこう」~となったのだろう。そそっかしいんだよなあ。以前「ホークスの試合を録画しといて」とメールしたら、「ホークス」→「IT系企業が親会社のチーム」→「楽天」と勝手に脳内変換して、イーグルスの試合を録画してたこともあったし。

そんな番組だったけれども。見てみたら、まあまあ面白かった。あのドラマが大人気になった1988年といえば、私が大学2年の時。出身高校の吹奏楽部が演奏会のポップスステージで、主題歌「抱きしめてTONIGHT」を演奏することになり、OBとして(笑っちゃうけど一応客演)出てドラムを叩いたことがあったっけ。めちゃくちゃ好き放題に叩き、仲間からの評判は悪かったけど、観客の皆さんからの反応は好意的だった。ギリギリ10代から20代に入るころ。若かったあのころ、何も怖くなかった。

1333284072657.jpg

帰宅途中のスーパーで葉ワサビを購入。調理の仕方。葉ワサビをボールに入れる。熱湯直前(90度ぐらい?)の湯をかける。冷たい水で冷やす。絞って水気を切る。2センチぐらいの大きさに切り、容器に移す。醤油、三杯酢など好みの出汁を入れる(私は三杯酢にしてみた)。冷蔵庫で1時間ぐらい冷やす。

以上、葉ワサビの包み袋に書いてあった手順通り。うむ、これはうまいや。わが故郷佐賀県は七山産。ご飯にもお酒にも合いそう。

|

« さあ開幕 | トップページ | 新たなスタート »

日々の日記」カテゴリの記事