« ちっこい方が納車 | トップページ | フリブル君と命名 »

2012年1月28日 (土)

モックンみたいな記者見たいな

本日、休日。今月からTBS系で始まったドラマ「運命の人」の1、2話を見た。世間でどれぐらい知られているのか分からないが、沖縄返還をめぐる機密を大手紙記者がすっぱ抜き、その情報の入手手段が問題とされた外務省機密漏洩事件、俗にいう西山事件をモチーフとしている。山崎豊子の同名小説が原作。

新聞社が出てくるドラマ、映画はできる限り見るんで、これもたぶん最終話まで見ると思う。けど。私が知っている事件の概要と何か違うんだよなあ。いや、かなり違う。そりゃ、取材先の受付に真木よう子がいたら、たいていの記者(♂)はクラっときますがな。しかも「密かに情を通じ」ることなく、漢モックンは真木よう子のハートを鷲掴み。その上にある柔らかい部分も鷲掴み…するのかどうか(しません)。

フィクションとうたってあるので、事実(と自分が思っていたこと)と違ってもあれこれ言うまい。NHKの大河ドラマだって、清盛の出自をいくつかある説の中から一つだけ取り上げているのだから。モテモテ新聞記者の恋愛ドラマだと思うことにする。

もう一つの見どころは、1970~80年代を動かしていた政治家と周囲の人を演じる俳優たち。カクエイさんは笑かしてくれるし、フクダさんは雰囲気出てるけどちっこい。オオヒラさんは少し違う。いやあ、一番驚くのは、後にプロ野球オーナーになる人物をモデルにしたと思われる役の大森南朋。カッコよすぎて、葉巻やパイプは似合いそうにない。

夕方、ディーラーへ。納車があす日曜日に決まったけど、私は仕事で行くことができないので、今日のうちに事務的なことを済ませておくことにした。

1327856283329.jpg

作業の人が、バックモニターのリアカメラ設置の作業中。

今回もビートに続き、希望ナンバーを申請した。家族全員の誕生日を合わせた数字。ちょうど、私が大学時代に使っていた電話番号と同じなので覚えやすい。「1122」とか「4649」とかゾロ目とか、私の趣味じゃないもんで。他人が見たらなぜその数字を選んだか分からない、けど、自分は覚えやすい。これ大切。なぜなら、歳を重ねて物忘れが激しくなったから。

|

« ちっこい方が納車 | トップページ | フリブル君と命名 »

日々の日記」カテゴリの記事