« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

2012年1月31日 (火)

ライブ告知

あっと言う間に1月も最終日。早いねえ。

仕事は夜勤、朝刊経済面デスク。電力各社の決算が出そろい、その他業界も第3四半期決算、人事などニュース満載。動きがあると、わくわくしてくる。

1328110532188.jpg

会社のバンド部のチラシが完成した。12日、中区立町の楽座で定例ライブ。年に1回、一応音楽をやっていることを思い出す場。毎年、ライブが終わるたび、「もっと練習しよう」と思うんだけど、思うだけ。今年も直前に1回だけ練習をする予定。

仕事後、いつもの店へ。

【自転車走行記録】パシフィック号:3478.3キロ

|

ザ・タイガース

先日、NHKの番組で沢田研二がタイガース時代の曲を歌っていた。トッポとシローはいないけれど、サリー、タロー、そして再結成へ向け、活動を再開したピーも出演。録画して観ていたら妻が「へぇ~、こんな人たちが好きだったん?」と尋ねる。そうだ、好きだよと答えると、ここから質問責めがスタート。

「さだまさしとタイガースはどっちが好き?」
さだまさしはカラオケでたまに歌うけど、ヒットシングル以外の曲はよく知らない。トークは好き。

「安全地帯とタイガースは?」
安全地帯は特にどうとも思わない。

「モダンチョキチョキズとタイガースは?」
モダチョキは別格。好きなミュージシャンというジャンルを超越してる。

「松山千春とタイガースは?」
それはさすがにチーさま。

「米米クラブとタイガースは?」
即答、米米クラブ。

「チェッカーズとタイガースは?」
チェッカーズもカラオケで歌うけど、高校時代の流行歌だから。

…ってな具合。といっても、タイガースの全盛期って全く知らないんだよね。中学生のころ、ピー抜き、シロー入りで再結成した時のシングル「色つきの女でいてくれよ」がCMソングでヒットした時に「へぇ~、ジュリーってこんな人たちとバンドやってたんだあ」と知ったぐらい。

かつては、昔のバンドの曲を聴こうと思ったら中古レコード店を巡り、過去のアルバムを探すぐらいしかなかったけど、今のネット時代、動画がいくらでも出てくる。CDも廉価版が再販売されたりするし、いい時代だねえ。

|

2012年1月30日 (月)

食堂の不思議

今日は雪も降っていないし(奥は降っているけど)自転車通勤再開。

1328023686355.jpg

そういえば、昨夜食堂で食べたのはカツカレー(390円)。通常のカレーが320円。つまり、カツ代は70円。あらためて考えてみると、これは安い。以前から思っていたのだが、食堂の値段の設定はかなり不思議。定食は320円(おかず、ご飯、味噌汁、小鉢、サラダという名の刻みキャベツ)なのに、うどん+おにぎりの麺定食が350円。ラーメンは単品で400円。

1328023692233.jpg

仕事は夜勤、朝刊内政面デスク。自転車で汗をかいて、着替えてさっぱりしてから仕事。うむ、汗をかくと気持ちいいね、やっぱ。まだまだ寒い日が続くけど、体重を落とすには冬に動く方がいいらしいし、雪や雨の日以外は極力、自転車を使うようにしよう。

1328023693936.jpg

仕事後、いつもの店へ。秘伝のチャーシューの作り方を聞いちゃった。目からウロコがぼろぼろ落ちたよ。今度、休日にでも試してみようっと。え? 詳しい作り方を書け? それはちょ~っとで~きない相談ね♪(by中森明菜)

【自転車走行記録】パシフィック号:3460.2キロ

|

レッドのテレビ

うちの妻は何度訂正しても「LED」のことを「レッド」と呼ぶ。「白熱球は電気代が掛かるからレッドにしようよ」と言われると「何でリビングの電球を赤にすんねん」と思ってしまう。

アルファベットの頭文字を並べたものは、ローマ字読み風に読むのか、一文字ずつ読むのか分からないことが多い。さらに、読み間違えられると、聞いている方も理解できない。スポーツ面のデスクをしているころ、面担が「バーホンダはどうします?」と尋ねてきた。ポカンとしていたら「F1ですよ!」と言う。あ、BARホンダのことね。それ、ビーエーアールって読むんですよ。

そういえば高校生のころ、同級生とレコード会社の話をしていて盛んに「東芝エミ」と言うのが分からなかった。どうやら東芝EMIのことらしい。テレビやラジオでは「イーエムアイ」と呼んでいたが、彼によると「どっちでもいい」そうだ。でも、正式な会社名は「東芝イーエムアイ株式会社」って書いてあるんだけどね。

このパターンでいくと。「AKB48」は「アクビ(アクブ?)フォーティーエイト」ということかな。そりゃ、48時間も寝ずにいたらアクビも出るだろうて。

…それだけ。忘れる前に書いておきたかったので。

|

2012年1月29日 (日)

フリブル君と命名

フリードが納車になった。私は見ずに出社したので知らなかったのだが、納車とはただ車がやってくるのではなく、販売店のトップから担当販売員、メカニックの方々が総出で並び、花束を渡され、「おめでとうございます」とあいさつされ、「家族の皆さんで写真を撮りましょう」と言われる式典だったのだそうだ。

私は数年落ちの中古を買い続けていて、新車を買ったのは生涯2度目。前回の時は別のメーカーだったけど、仕事が終わった後の夜、販売店の人が自宅まで乗って来て「それじゃ」と置いていった。友人に聞くと、納車の時には小傷がないか、オプションがちゃんと付いているか確認するため、日中にディーラーでやるのが基本だそうだ。ま、そんな細かいことはいいじゃん。

夜、用事があって自宅に電話をすると、下の娘が出て「フリブル君が来たよ」と言う。最初、何のことかと思ったが、どうやらフリードのブルーなので「フリブル君」と名付けたらしい。

物に名前を付けるのは、オトメっぽいというか、大のオトナがやるのは気恥ずかしいが、私も若いころ、やったことがある。冬にいつも着ていたお気に入りのカーディガンを「マイケル」と呼んでいた。黒とオレンジの縞があり、当時人気だったマンガ「What's Michael?」のトラネコっぽかったから。特に深い意味はなく、たまたまそうやって呼んでみたら女性の友だちが笑ってくれたので、そのまま定着してしまったわけ。

高校の吹奏楽部で、木管パートが使っていたメトロノームの1台は「ジェームス」と呼ばれていた。ジェームス小野田っぽい貫禄はなかったので、何かのアニメの登場人物が元だと思う。このメトロノームが壊れた後、新しく来たやつは「ジェームスジュニア」と呼ばれていた。あれから四半世紀が経つが、今ももしこの伝統が引き継がれていたら、14世ぐらいにはなってるかもしれないね。

と。

今日の仕事は夜勤、内政外報デスク…のつもりで出社した。訳あって、山口・備後向け朝刊一面の面担に変更。本日は鞆の住民協最終会合、中国山口駅伝、岩国市長選開票、天満屋の重友選手が大阪国際女子マラソンで優勝と中国地方関連の記事が満載。

全国ニュースで埋まっている場合、どこの地域に行く新聞も一面の記事、見出し、写真は同じことがあるが、今日は特別、フルラインナップ。広島向け一面と並行し、他方面向けの紙面を制作する。記事は書き分けてもらい、写真は違う物を出してもらい、見出しとレイアウトはもちろん別。

いやあ、久々に面担らしい仕事をしたけど、こりゃ楽しいねえ。締め切りが近づくほど、気持ちがわくわくしてくる。記者組版の操作から離れていたけど、私まだまだ使えるじゃん。自己満足。

気分が高揚、充実した一日の気分。仕事後、直帰。自宅駐車場にはフリブル君が停まっていた。あらためて、明るい時にちゃんと見とこっと。

|

2012年1月28日 (土)

モックンみたいな記者見たいな

本日、休日。今月からTBS系で始まったドラマ「運命の人」の1、2話を見た。世間でどれぐらい知られているのか分からないが、沖縄返還をめぐる機密を大手紙記者がすっぱ抜き、その情報の入手手段が問題とされた外務省機密漏洩事件、俗にいう西山事件をモチーフとしている。山崎豊子の同名小説が原作。

新聞社が出てくるドラマ、映画はできる限り見るんで、これもたぶん最終話まで見ると思う。けど。私が知っている事件の概要と何か違うんだよなあ。いや、かなり違う。そりゃ、取材先の受付に真木よう子がいたら、たいていの記者(♂)はクラっときますがな。しかも「密かに情を通じ」ることなく、漢モックンは真木よう子のハートを鷲掴み。その上にある柔らかい部分も鷲掴み…するのかどうか(しません)。

フィクションとうたってあるので、事実(と自分が思っていたこと)と違ってもあれこれ言うまい。NHKの大河ドラマだって、清盛の出自をいくつかある説の中から一つだけ取り上げているのだから。モテモテ新聞記者の恋愛ドラマだと思うことにする。

もう一つの見どころは、1970~80年代を動かしていた政治家と周囲の人を演じる俳優たち。カクエイさんは笑かしてくれるし、フクダさんは雰囲気出てるけどちっこい。オオヒラさんは少し違う。いやあ、一番驚くのは、後にプロ野球オーナーになる人物をモデルにしたと思われる役の大森南朋。カッコよすぎて、葉巻やパイプは似合いそうにない。

夕方、ディーラーへ。納車があす日曜日に決まったけど、私は仕事で行くことができないので、今日のうちに事務的なことを済ませておくことにした。

1327856283329.jpg

作業の人が、バックモニターのリアカメラ設置の作業中。

今回もビートに続き、希望ナンバーを申請した。家族全員の誕生日を合わせた数字。ちょうど、私が大学時代に使っていた電話番号と同じなので覚えやすい。「1122」とか「4649」とかゾロ目とか、私の趣味じゃないもんで。他人が見たらなぜその数字を選んだか分からない、けど、自分は覚えやすい。これ大切。なぜなら、歳を重ねて物忘れが激しくなったから。

|

2012年1月27日 (金)

ちっこい方が納車

注文していた車がディーラーに届いたようだ。納車する前に入金してほしいという電話があった。週末に納車式をしたい、週内の扱いで手続きをしてほしいとのこと。つまり「今すぐ」。

ネットバンクだと振込手数料が無料になるので、自宅に居ながらできるはずなのだけど、肝心のネットバンクの口座にお金を入れていなかった。出社前、郵便局でお金を下ろし、コンビニ設置の銀行で自分の口座に入金し、自宅に帰ってネットで振込。いずれも手数料は不要だったけど、あちこち動き回るぐらいなら、手数料を払って一括振込した方が楽だったかなあなんて思ったり。

ともかく。これで、ほぼ手続き終了。あとはディーラーに行くだけ。

1327854045138.jpg

そういえば。一足先に、ちっこいフリードが納車された。自分ちにある車のミニカーは必ず手に入れる人ってどれぐらいいるのかしら。

仕事は夜勤、朝刊内政面デスク。3日間、たったの3日間だけど、東京に行っていたので、なんとなく流れがしっくりこない感じ。2年間の休職から戻った時は何とも思わなかったのにね。不思議。

仕事後、いつもの店へ。いつもの店に行くのも1週間ぶりぐらいか。いつもに増して盛況。あれこれ語って夜明け前。

|

2012年1月26日 (木)

浅草観光ツアー

東京観光ツアーも3日目、ついに最終日(だ、か、ら、違いますって)。

1327682626163.jpg

なるほど、ここがお笑いの聖地、浅草ロック座ですか。

1327682632205.jpg

へぇ~、ここがエロスの電動…じゃなくて殿堂、浅草演芸ホールですか(枕が違います)。

んで。

1327682634167.jpg

麺の入っていないお好み焼きを食べる、と。東京がナンボのもんじゃ。

1327682635887.jpg

1327682637482.jpg

1327682639077.jpg

東京支社の先輩の手ほどきを受けながら。焼くのは先輩と後輩。私は座りしままに食う。家康か。

1327682640901.jpg

雷門の写真も。ひょっとしたら、ここに来たのは18歳の時以来かも。かれこれ四半世紀が過ぎてしまった。当時はあったタレントショップの影もなく。

本気で観光していると思われたら困るので言い訳しておくと、会場が浅草寺の前。会議後、もんじゃでも食べようと店を探しながら、ちょっと写真を撮っただけなんですよ。

1327682642553.jpg

午後、早々に帰宅。東京は晴れていたけど、京都の手前、(米原辺り?)はご覧の雪。

帰宅後、バタンキュ~。夕飯も食べず、翌朝までぐっすり眠ってしまったのであった。意図せず休肝日。

あ、そうそう。会議にはちゃんと…すこし遅れて出席したことを記しておく。

|

2012年1月25日 (水)

ぷちぷち同窓会in赤坂

同窓会上京ツアー2日目(違います)。今夜会ったのは、大学の吹奏楽団でクラリネットを吹いていた友人。卒業後、1回も会っていないから20年以上ぶり。会うきっかけは、これもまたfacebook。東京に来ているなら顔を見るだけでも、という話になった。

それぞれ別件で飲んだ後、連絡をもらったのは午後11時ごろ。既にかなり酔っていて、しかも、私がいる場所はかなり遠いらしい。「ホテルは後楽園」と伝えていたので近くまで来てもらっていたのに、私は浅草にいた。東京の地理がよく分からないので、地下鉄で15分ぐらいかと思っていた。終電まであまり時間がない。正確な文言は覚えていないけど「今、会わんかったらもう一生会えんかもしれんじゃろぉー」というようなことを彼女が言った。私も言った…気がする。

ほぼ中間地点まで地下鉄で移動。帰宅の列車を待つ人の列を縫って、ホームでケータイを耳に当てながらお互いを探す2人。う~む、映画のワンシーンみたい。映画と違うのは美男美女ではなく、チッコイおっさんということだ。

「20年ぶりに同級生に連絡をして『会おう』と言う」。文字にしてみても、本当にドキドキもので(前回、高校の同級生と会った時もそうだった)、こんなことができるなんてちょっと前まで思いもしなかった。ずっと会っていなくても、facebookで友だちになっていると「会おうよ」と言う垣根が低くなるのは間違いない。

会ってしまえば、垣根なんて何もない。学生時代でさえ、こんなに語り合ったことはなかったのではないかと思うぐらい、あれやこれやしゃべった。飲んだ。しゃべった。飲んだ。音楽関係の仕事をしていて、私が敬愛する曾我泰久さん(やっちん)と一緒になることもあるそうな。いいな、いいな、男でもやっちんファンっているんだよ、夏のアコースティックツアーで広島に来た時は観に行ったら男は私1人だったよ、なんてことを子どものようにはしゃいでしゃべっていた。

楽しい時間は、あっと言う間に過ぎていく。東京っていいな。あ、でも、東京に住んでいたら「今しか会えない」って気持ちが沸かないかもね。

さて。時間軸は戻って。

1327681276209.jpg

昼前、後楽園から浅草に移動。何か、大きな塔が立ってる。これが噂のムサシタワーですか。

1327681281415.jpg

会場の建物の別フロアで、ミズタニ自転車のフェアをやっていた。ミズタニ自転車には行ったこともないし、買い物をしたこともないのだけど、ミニベロ&折り畳み自転車好きにはよく知られたBD-1取扱店。フェアにはきっと、BD-1関連の品が安売りされているに違いない。嬉しくなって入ってみた。

サドルバッグや輪行バッグなど、定価の半額以下。特に、オーストリッチの「ちび輪バッグ」が目に留まった。私が持っている物より新しい品のようで、携行する時は小さく、生地の質も上質。近くにいた店員さんらしき人が「これはお得ですよ」と声を掛けるので、私も購入しようと思った。

探してみても、レジらしきものがない。入り口の人に尋ねると「会計は奥です…けど、一般の人には販売してませんよ。自転車店のみです」。ガガーーン! ミズタニ自転車って、卸業者だったのねん。買えないと思うと、余計に欲しくなってきたよ。

そんなこんな。会議にはちゃんと出席した、ということだけは記しておく。

|

2012年1月24日 (火)

ぷち同窓会inお江戸

アラームが鳴る前に目が覚めた。睡眠時間がない、寝過ごさないようにしなければ、と強く思っていると、人は自然と起きるものだ。逆に、時間に余裕があると思っている時の方が要注意。あとは、お酒。飲まない方が目覚めがよい、残念ながら。

東京では昨夜、雪が降ったらしい。4センチの積雪といえば大したことないように思うが、交通は大きく乱れていた。今日は朝から上京で、今のところは新幹線の運休などはないようだけど、ちと心配。

1327478444148.jpg

わが家のフェラーリスパイダー…ではなくて、ホンダビートの上にもうっすらと雪。寒いけど、あんまり厚着して行くのはよそう。たぶん、耐えられる。

山陽沿いはおおむね晴れ、乗っていた新幹線はほぼ順調。ただ、一部の区間で降雪があったり、日本海方面の乗り継ぎ特急の遅れを待ったり、数分間の遅れ。ま、これぐらいなら許容範囲内。

1327478451262.jpg

昼はラーメン二郎の池袋東口店。アブラ、カラメなどない方が私には合うみたい。量的には三田本店より少ないようで、これもこの方が私にはいい。ただ、豚は三田の方がおいしかった。足を延ばす機会があれば、ほかの店にも行ってみたいな。

午後から労連中執。秋年末の総括、春闘の方針案、その他、地連・各単組報告など。

会議後、ホテルにチェックインした後、銀座へ。いいなあ、この響き。もう一度書こう、「銀座へ」。ザギンでシーメー。業界人か。

今日集まってくれたのは、高校の同級生8人。忙しい中、本当にありがとう。一人が「会える時に会っとかんと、死ぬまで会わんかもしれんし」と言った。縁起でもない言葉かもしれないが、私も同じことを考えていた。昨年、思いがけず同級生の一人を失い、東日本大震災という大惨事があった。それ以降、常に「命」を考えている自分がいる。

東京には、高校の同級生は40人ぐらいいるそうだ。学年200人ちょっとだったから、約2割。佐賀の田舎の高校から、こんなにたくさんの仲間が東京に出て活躍していると思うと不思議な感じ。昔からいわれている「佐賀んもんは勤勉」というのを実践しているんだね。ちなみに、広島には私一人だけ。東京以外は、関西か福岡が多いんだろうなあ。

ほかの友人は「東京に来たらいつでもいいから連絡しろよ。帰る直前でも、1時間あれば駅でご飯でも食べられるやろうもん」と言ってくれた。嬉しかねえ。子どものころ、父親たちが卒業後何十年も経って同窓会をしているのを不思議に思っていたが、その気持ちが分かるようになった。年を経たからこそ、同窓会が楽しくなる。

1327478453229.jpg

日付変わって就寝。

|

2012年1月23日 (月)

大失念

大事なことを忘れて出社した。それも、かなり時間が経ってから気がついた。妻のケータイに電話をする。運転中らしく、息子が出た。仕方がないので伝言ゲームを頼んだ。

「お誕生日おめでとう! …って伝えといて」

そうなのである。今日は妻の20何回目だか、30何回目だか忘れたけど、誕生日。いや、まあ、完全に失念していたわけではなくて、前夜、仕事なので一緒にお祝いできなくてすまないねえ、という話はしていた。朝起きて(昼起きて)、一言伝えるのを忘れていたのだ。幸い、電話の向こうの妻は不機嫌そうでもない。ま、いっか。

1327396968485.jpg

仕事は夜勤、朝刊経済面デスク。

明日は朝から東京。いつもの店に寄らず、直帰。腹ペコなので、軽く食べて、リラックスのビールを一杯ほど飲んで、すぐ寝よう。そう思いながら帰ったら。

丑三つ時だというのに、リビングの電灯がついている。また妻がこたつで寝ているのかな? と思ったら。上の娘が起きていた。明日、学校でディベートの大会があるらしく、パソコンで調べた資料をプリントアウトしてほしい、ということだった。ここ数週間、少しずつ資料をプリントアウトしてやったが、今夜がまさに最終日。笑顔ですぐにやってやりたいけど。

私の朝までの持ち時間は4時間、ギリギリ引っ張っても5時間しかない。風呂に入って、一品作って、一杯だけ飲めば、睡眠時間は3時間ぐらいか。「プリントアウトしてほしいい物があれば前日までに出すように」伝えていたはずなのに、まさか、出発日の未明に言うてくるとは。「宿題をギリギリまでやらない」のは誰に似たのだ! …私だ。

1327396973814.jpg

というわけで。今夜のアテは、柔らか厚揚げの麺つゆ煮。何かを煮ようとする時、面倒くさいときは麺つゆを使えばよろし。グッチ裕三さんがテレビでやっていた。

そんなこんな。明け方就寝。

|

2012年1月22日 (日)

ひろしま男子駅伝

年にいくつかある「会社ほぼ総出風」イベントの一つ、ひろしま男子駅伝。ここ数年、携わった記憶がないなあと思ったら。過去2年、休職してたんだったわ。あはは。

昨年は下の娘のピアノの発表会と重なり、しかも、会場が駅伝コースの宮島街道沿いで、交通規制の中、行き帰りは大変だった。生で駅伝選手を応援したり、近所の人たちが出した臨時店で買い物するのは楽しかったけど。

そして今年。まるであの時と全く同じ。交通規制区間外の道路をすり抜け、ピアノ教室の駐車場へ。妻と娘が受け付けに行っている間、選手の通過を待つ。第3区、一般区間。手元にテレビがないので、どこがくるか全く分からない。

と。

1327396759730.jpg

なんと、佐賀県チームは4位でやってきた。その前の3位には鹿児島、5位には広島。わが家ゆかりの3県すべてが入賞圏内での通過。事前の「持ちタイム」では、佐賀はかなり下位だったんだけどね。この後、4区へたすきをつなぐ時、佐賀がトップだったことを後の速報で知る。

1327396763878.jpg

通過の後は、店出しエリアへ。寒い中、立っていたら、こういう温かい物がとてもおいしく感じる。

1327396767388.jpg

お腹を満たしたら、今度は発表会会場へ。自分で作曲し、編曲し、それを披露する会。中学生になると、大河ドラマのテーマ曲にでも使えそうな立派な出来。うちの娘はというと。在宅の時は何度も聴いていたので、もはや知っている曲となった。練習の時を考えれば、なかなか良い出来だったんじゃないの?

1327396769555.jpg

再び駅伝会場の写真。選手が通過した後も、折り返して戻ってくるまで、宮島街道は交通規制中。せっかくなので、車道の真ん中で車のないところをパシャリ。題して「道との遭遇」。

1327396772758.jpg

夜は娘の希望で回転寿司…の持ち帰り。普段飲むアルコールはビール、焼酎の順なんだけど、寿司には日本酒が合うだろうと、先日買った「越乃寒梅」を引っ張りだした。常温でそのまま。これが予想以上によく合う。うまいわあ。魚には日本酒だね。量はほどほどに。

|

2012年1月21日 (土)

きづなのず

年末だか、年始早々だかに結成された「新党きづな」。通常、「絆」と書くと「きずな」とふりがなを打つわけで「きづな」は間違いやすい。新党なのに、なかなか名前は浸透しない(うまいこと言ったつもり)。

と。ここでは、その新党のことを茶化したいのではなく。ふりがなの話。文字にしたら「ず」と「づ」の違いは一目瞭然だが、これを言葉で伝えようとすると、意外と面倒くさい。「すにテンテン」「つにテンテン」は場合によっては聞き間違いを誘発する。そこで、私がいる業界ではどういう風に伝えるかというと。

「ず」は「すずめの『す』の濁点」、「つ」は「つばめの『つ』の濁点」と言うのである。ま、よくある「からすの『か』」みたいなやつですな。これを応用した嘉門達夫のギャグが「樹木希林の『き』」。どれやねんって。

1327334299927.jpg

仕事は夜勤、朝刊内政面デスク。仕事後、直帰。

1327334305849.jpg

寝かせたまま飲んでいなかった故郷の酒、その名も「有田」。43度の麦焼酎。冷凍庫に入れて飲む酒だそうで、冷凍食品が減るまでずっと常温で寝かせたままだった。これ、うめーわ。けど、43度というと、普段飲んでいる発泡酒のアルコール度数の10倍以上。うまくて度数が高いということは。酔う。かなり酔う。けど、いい酒は翌日に悪い残り方はしないっていうしね。

1327334307275.jpg

アテは豚耳と白ネギの炒め物。うまうま。

|

2012年1月20日 (金)

豪華2本立て

仕事は朝から、夕刊硬派デスク。たまの朝出の日は、夕方から何しよっかな~と考えるとわくわくしてくる。今日、まずはこちら。

1327161368849.jpg

冷めん家で腹ごしらえ。軽く泡の立つ飲み物も。今は午後6時には外が暗いから、背徳感がなくていいね。これが夏場だと、明るいうちからこんなことをして…という自分の心の葛藤と闘わなくちゃいかん。ま、だからといって飲まないってことにはならないけど。

お腹を満たした後は映画館へ。今年初の映画。昨年は16本しか劇場で観なかった。せめて月2本以上、年間で25本ぐらいは観ないと映画好きとは呼べない。

っというわけで、今日は八丁座で自分流2本立て。1本目は「山本五十六」、2本目は「宇宙人ポール」。この順番は非常によろしい。八丁座の座席は、回を重ねるごとに癖になる。このゆったり感は何ともいえない。それに、あれこれ技を駆使すれば2本観ても2,000円。駆使しなくても夕方からの2本立ては1,200円(18時台以降料金)+1,000円(はしご割引。サロンシネマ&シネツインも可)で2,200円。実にリーズナブル、楽しいひととき。

感想はそのうち、あちらのブログで。あ、そうそう、あちらのブログはしばらくほったらかしにしていたけど、年末年始にかけて、秋ごろからの分を追加した。お暇で興味のある方はどうぞ。

最終バスで帰宅。まだ新年会シーズンなのか、バスは立っている人もいるほど一杯。この調子なら、廃止の心配をする必要はなさそうだ。

|

2012年1月19日 (木)

これでいいのだ!

仕事休み。昨日から不機嫌続行中。

ノンアルコールビールが切れたので、量販店へ。日曜日など、ノンアルビールを飲みながらの昼食は楽しい。いつも酔っぱらってばかりいるわけではないのだ。

ちょっと前までの正月気分は既に終わり、店内には節分用の豆が売ってある。豆と一緒に並んでいるがこれ。

1327159853506.jpg

鬼の面。これ、どうみてもバカボンのパパをモチーフにしたとしか思えない。どこかに「赤塚不二夫」という名がないか探したけど見つからない。facebookに「権利関係はだいじょぶ?」と書いておいたら、山形出身の新聞労連委員長が「赤塚不二夫の鬼の面と言えば、我が故郷の豆菓子メーカー『でん六』である」とコメントしてくれた。

「でん六」という名を知らないので検索してみる。すると、公式サイトがヒットし、赤塚不二夫が描いた過去の鬼の面ギャラリーがあった。へぇ~、これはおもしろい。こういうきっかけをくれるなんて、facebookもおもしろいツールだねえ。

|

2012年1月18日 (水)

モバイル用エネループ

先日、こういうものを買った。

1327158537211.jpg

SANYOのリチウムイオンバッテリKBC-L54D。3,616円。USB出力付きで、iPhone&iPad対応を公式にうたっている。ACアダプタでの充電は7時間、5.0V/500mAの出力だと5時間使える。

新幹線の出張時(のぞみの場合)は、座席横で充電ができるが、バスなどの移動だとバッテリ切れの恐れが出てくる。初めて行く土地などでは、GPS地図機能がかなり便利なのだけど、iPhoneの電池の食いが早い。ずっとつけっぱなしにしてバッテリが終わってしまうと、地図を見れないどころか、メール連絡もできなくなってしまう。会社に出る時にiPhoneを忘れても特に困らないが、外に出ている時のバッテリ切れは、一人で無人島に流されたがごとく、情報が遮断されたような気持ちになる。

松江出張の時、初めて持って行った。こいつはなかなかよろしい。iPhone&iPadのバッテリ切れを心配しないでいいと思うだけで、心の余裕ができる。ポメラでも活躍しているeneloop。これから、付き合いがどんどん深くなりそうだ。

仕事は夜勤、朝刊経済面デスク。

1327158545953.jpg

食堂で食べた塩ラーメン。意外とイケる。冷やしラーメンと塩はマル。トンコツと醤油の日はなるべくならパス。これは自分用のメモなんで、決して食堂をけなすのが目的ではないと強く訴えておきたい。夕飯でがっかりすると、仕事への意欲も失いそうになりますからなあ。忘れないように。

いつもより1時間早く退社。いいなあ、仕事後の一杯が早めにスタートできるのは。

|

2012年1月17日 (火)

自転車に乗って。

広島の百貨店通り(と呼ぶかどうか知らないけど)の一つ、天満屋八丁堀店が閉店する。売りつくしセールなるものがあり、妻が先日寄ってきた。着るブランケットみたいなものがほしいと頼んだら、買ってきたのはこちら。

1326902189588.jpg

羽毛のこんなやつ。袖まである方がいいかとも思ったが、袖がもこもこしていたら、作業をしたり、ビールを飲む時に邪魔になる。羽毛は軽いし温かい。なかなか重宝している。けど、定価4,000円ちょっとの物が売りつくしセールで3,500円って、実はそんなに安くないのでは。

1326902193675.jpg

もう一つ買ってきたのが、もこもこスリッパ。私の自室はこたつがなく、机と椅子なので、これは意外といいかも。暖房器具は今のところ、蓄熱ヒーターのみ。時間にもよるけど、室温は13~17度ぐらい。我慢できなくはないが、パジャマにぺらぺらスリッパだと、ちと寒い。

仕事は夜勤、朝刊内政面デスク。昼はちょっと温かく、雨も降っていなかったので久々に自転車で出勤。ひょっとしたら今年初めて。Tシャツにウインドブレーカーしか着ていなくても、自転車をこぐとじっとり汗をかく。難点は、会社に着いた後。着替えのYシャツは持っているが、動いていない時は寒い。以前みたいに、スーツとカーディガンを会社に置いといた方がいいかな。

仕事後、いつもの店へ。

【自転車走行記録】パシフィック号:3442.3キロ

|

2012年1月16日 (月)

給与が元本割れ

財形貯蓄という制度がある。勤労者財産形成促進法なる法律によるもので、勤め先と取扱金融機関の契約に基づき、給与から天引きされ、金融機関に預け入れられる。住宅財形や年金財形には利子非課税制度があり、合計550万円までが非課税となっている。

私が勤めている会社では、財形貯蓄の額に応じて融資を受けられることになっている。正確には「なっていた」。私は既にマイホームを建てたが、リフォームで要り用の時に融資を受けられるということだったので、2年前から住宅財形貯蓄を再開していた。

先月だったか、契約している金融機関から融資業務を一切やめるというアナウンスがあった。そうなると、財形貯蓄のメリットは利子の非課税のみ。といっても、すずめの涙程度の利子しかつかず、しかも近い将来、住宅購入費を再び払うような予定はない。運用益目当てなら、他の金融商品はたくさんある。

自分にとっては全くメリットがなくなったので、財形貯蓄をやめることにした。解約すれば、これまで非課税だった利子に20%の源泉分離課税が掛かるが仕方がない。どうせ、利子なんてないようなものだ。所定の手続きを済ますと、給与振込口座に全額が入金された。

ところが。「全額」と思ったのは間違いだった。解約手数料+振込手数料の合計が4ケタ。利子は数百円しかなかったから、完全に元本割れ。金融機関は自分の都合でサービス内容を変更しておきながら解約手数料を取り、さらに、給与から天引きした金を給与口座に振り込む時に840円の手数料を取るとは。それが「決まり」だとしても、腑に落ちん。フォーマットから金融機関に問い合わせをした。特に問い詰めようというのではなく、どういう考えなのかを知りたかっただけだ。

問い合わせを送ると「2営業日以内」に返答をするという定型文が送られてきた。ところが。2営業日どころか、3日経っても、4日経っても返事がこない。1週間後、職場に電話が掛かってきた。問い合わせフォーマットには自宅の電話番号を記入し、金融機関からはメールで返信をする、と連絡が来ているにもかかわらず。この時点で少し「イラッ」とした。

電話の向こうの人は、一度会って話したいと言う。私にとって良い話をしてくれるのかと問うと、答えは「いいえ」。だったら会う理由がないではないかと言うと「明日にでも会って話をしたい」。なぜ金融機関が手数料を取るのか、延々と説教されても仕方ないではないか。それなら、私に話そうと思った内容を明日までにメールで送ってくださいと言うと「メールが可能かどうか社内で検討しないと…」。何ですかあなた。文字に書けないようなことを会って私に話すつもりですか。はっは~ん、私を言いくるめて、その後に質問しても「え? そんなこと言ってませんよ。文書の証拠でも残ってるんですか」と逃げるつもりだな。そうはさせないぞ。

返事が1週間も遅れた理由は「社内で協議していた」、返答をメールで送ってほしいという注文にも「社内で協議したい」。いや、そんなに警戒しなくてもいいんですよ、ただのイチサラリーマンの素朴な疑問なんで。法的にどうなっているのか、金融機関のサービス変更に起因する解約であっても預金者に手数料を負担させる理由は何なのか、いつもの通りに返事してくれたらいいんですから。さっぱり意味が分からん。ひょっとして私、悪質なクレーマーだと思われてる?(その後、2日経っても何の連絡もなし。どうなってんだか)

1326901323656.jpg

仕事は夜勤、朝刊経済面デスク。久しぶりにいつもの店へ。

1326901329204.jpg

こんな料理がお勧めです。

|

2012年1月15日 (日)

幸せを射よ

上の娘は中学校で弓道部に入っている。年始の成人式のニュース話題などで見ていると、着物を来た新成人が矢を射る行事などがある。いいねえ、ああいうの。うちの娘もそうなるかな。

そんな弓道の認定試験とかいうものが今日、朝から開かれていたらしい。いったん昼に戻って来た妻が「ちゃんと的に当てていたよ」と興奮気味に話す。私にはどれぐらいすごいことなのかよく分からないが、元弓道部員の妻が言うのだ、すごいことなのだろう。

さて。本日のメーンイベント。出社前、ぶつけた車をディーラーに見せる。妻は散歩を嫌う犬みたいに「いやいや」をしている。っつっても、ちゃんと見せないわけにはいかないだろう、私も一緒に行くよというと渋々、腰を上げた。

昨夜、ぶつけた時は暗くてよく分からなかったが、ちょっとバンパーをこすっただけでなく、バンパー自体がずれている。う~む、部分塗装で済めばいいが、バンパー交換となると、それなりに値段はいきますなあ。

結局。「なるべく高額にならないように」直してもらうことに。いやホント、ディーラーさんには申し訳ない。

仕事は夜勤、朝刊一面硬派補助。正規面担ではないので、あれこれ他人のゲラ(新聞になる前の大刷り)を読んで茶々を入れたり。

1326646194334.jpg

夕飯は弁当を買いに出たのだけど、ふらふら~っと中華店に引き寄せられた。麺ものが続いていたし、炒飯気分でもあったのだけど、口から出た注文の言葉は「ちゃんぽんください」。だって、店頭の見本がおいしそうだったんだもん。

そんなこんな深夜まで仕事。

あ、そうそう。娘が受けた弓道の試験は無事、1級に合格だったそうな。これがどれぐらいすごいことなのかもよく分からないけど、おめでとさん。中学生は「級」までで「段」を受けるのは高校生からなのだとか。ということは、全国の中学生で一番ということじゃないですか。すごいぞ、わが娘。

|

2012年1月14日 (土)

松江2日目&事故

松江2日目。ホテルが朝食なしプランだったので、前日から何を食べようかなあと思案していたのだけど。結局、ぎりぎりまでベッドの上でごろごろ。寝る前にコンビニのミートソーススパを食べたからか、胃がもたれてるわ。

会議は昼で終了。

1326645091408.jpg

昼食は一畑百貨店の中の「一福」へ。飯石町の一福には何度か行ったことがあったっけ。なかなかおいしい店だった。出雲そばは割子が一番おいしいと思うのだけど、寒い季節でもあるし、一緒に行った同僚たちは温かいそばを選択していた。まあ、それもよかろう。通ぶって食べたくもないメニューを選ぶ必要はアルマーニ。

さて。帰りもバスで3時間半。顔にタオルを乗せ、うつらうつらしていたら夢を見ていた。自宅のベッドで寝ている夢。急にベッドが揺れ「うわっ、地震だ!」と思っている。しばらく待てば鎮まるだろうと我慢するが、下からの突き上げが続く。うわっ、揺れる、揺れる、どうしよう…っと考えたとこで目が覚めた。そりゃあーた、バスの中で寝てたら揺れるし、下からの突き上げもあるでしょうよ。

バスの中で観ようかといくつかの映像を持って行っていたが結局、一本も観ず。バスの中はiPadもIS01も置くテーブルがないんだよね。観る間、手に持ちっぱなし。これは難しい。新幹線みたいに、小さなテーブルがあれば助かるのだけど。

広島に戻って冷めん家へ。これを食べると元気を取り戻せる。そばにつけ麺に、メンクイツアー。

JR横川駅まで徒歩。その間、妻には最寄り駅まで迎えに来てとメールした。ところが。妻は駅に来る途中(正確には駅に来た後)、接触事故を起こしていた。幸い、お互いにけがはなかったらしい。ただ、車が自分の物ではなく、ディーラーの代車。「ちょっとの傷だからそのままでいいや」というわけにはいかない。新車が納車される前に、別の出費が必要になってきたぞ。イタタタタ…

|

2012年1月13日 (金)

松江へ

朝から松江へ。会議は午後2時からだが、ぎりぎりに着くと昼食がゆっくりとれない。いつものように、上の娘と一緒に午前6時台のJRに乗り、西広島駅からバスセンターまで徒歩タイム。今日は一段と冷え込む。何か温かい物を食べたいなあ。

1326627870925.jpg

…ということで。なか卯に寄り道し、鶏塩うどん。う~む、温まるわ。

午前8時すぎのバスに乗車。外の景色を見たり、目をつぶってうとうとしたり。

1326627876012.jpg

広島市内と廿日市市は積もるほどの雪はなかったが、県境まで来ると屋根が白くなっている。ただ、雪の量をみると、さほどでもないのかな。大雪の時は雪かきしたものが、まさに山のように積んであるから。

1326627878049.jpg

松江に着き、松江城付近を散策。霧雨が冷たい。

1326627879148.jpg

かつて、松江でよく食べていた神代そば。県庁付近の道路拡張の関係で、松江城の北側に移転したようだ。この店になってから初訪店。ちょっと期待が高まる。

1326627880401.jpg

何か、店の雰囲気が変わった。あれこれ「ゴタク」が書いてある。これ、地元の店というか、完全に観光客向けの店になったのかな。いつものように割子そばを注文すると、店員さんに食べ方を説明された。なるほどねえ。

午後、会議。夕方から懇親会。脚が長くて数が多い海の生物を食す。無口になるかと思いきや、あちこちで議論の輪。逆に、脚が長くて数が多い海の生物を残すはめに。当日は飲んでいたから何とも思わなかったけど、あらためて思い返すともったいないことをした。

1326627882415.jpg

二次会でさらに飲み、駅前のストリートミュージシャンに絡む。自作曲を無理矢理披露してもらい、ええ気分になって就寝。

|

2012年1月12日 (木)

バスに苦言

朝出2日目。今日はJR+徒歩だったが、昨日は直通バスで行った。よく見ると、乗合バスの座席の形状や広さは、列ごとに違っていてほとんど同じものがない。乗り口のすぐ前の席は、1人掛けには大きいが、2人掛けるほどの広さはない。ゆったり座れるかなと思い、この席を選んだ。

バス停を経るに従い、車内は混雑していく。そのうち、運転手さんが「座席に荷物を置いている人は膝の上に抱えるか、下に置いてください」などとアナウンスをする。確かに、私は横に荷物を置いていたが、ここは人が座れる広さはない。人が座れるかどうかはともかく、言われるまま膝に乗せた。

すると、近くにいたおじさんが「ここ、座っていいか」とやってきた。(この広さで)座れるならどうぞと勧めると、ぐいぐいと体をこちらに押しつけてくる。イタタタ…こっちの奥にはシートはないんだよ。たまらず席を立たせてもらい、つり革を持った。

おじさんは再び同じ席に戻ると、当たり前のように1人でその席に座った。ね、そこに大人2人は座れないでしょ? バス会社さんも、2人が座れない形状であることを分かるようにすればいいのに。

仕事は夕刊硬派デスク。昨日の脱走犯はまだ捕まらず。県内の学校は集団登校、警察は身柄確保に全力を注ぐ。早く捕まってほしい(…と、これを更新している時には、13日に捕まったことが分かっている)。

仕事後、家政婦ではないミタ君と一緒に冷めん家へ。ちょいと茹で時間が長かったかな。バスで帰宅。

|

2012年1月11日 (水)

大脱走

夕刊の作業がひと段落し、飛び込んできたのが「広島刑務所から脱走」のニュース。最初は何がどうしたのだか、どういう人物なのかよく分からない。どうやら、広島刑務所の塀が改修中らしく、足場が組まれていたようだ。逃げたのは、銃刀法違反などの凶悪犯罪を犯した中国人だった。

刑務所がある吉島は、学生時代に3年ちょっと住んでいた、なじみ深い街。当時、深夜から朝までバイトをしていたコンビニは、出所した人が最初に寄る場所だった。夜が明けてすぐ、こざっぱりした頭髪で、店内をきょろきょろ眺めた後、タバコとライターを買い、「駅はどっち?」と尋ねる人が定期的にやってくる。最初はピンとこなかったが、そのうちにどういう人か分かるようになった。

早朝のコンビニは客が少ない。出てきたばかりの人も、広島駅行きのバスが来るまでやることがない。ある時には、バスを待つ間、殺人を犯したという人の身の上話を聞かせてもらった。出たばかりの人はみんな、柔和な表情をしていた。

脱走した受刑者はそうはいくまい。殺気立って何をするかも分からない。日本人の多くの感覚だと「脱走してもまた捕まるなら逃げても仕方がない」となるかもしれないが、今回の脱走犯は「捕まってもまた逃げればいいから逃げよう」と考えているのかもしれない。

後日の情報だと、受刑者は吉島を出た後、南観音の民家に入った後、食事をしたり、服を盗んだようだ。私が大学4年の時、吉島から引っ越した先が南観音。まるで私と同じ土地勘を持っているかのようだ。

早く捕まればいいのに、と思っていたら。夕方、妻から電話。上の娘の中学校が生徒を待機させ、保護者が必ず迎えに行かないといけないという。JRで通学しているのだから最寄り駅まで迎えに行けばいいじゃないかと言ったのだが、学校が許さないらしい。妻は下の娘の習い事などがあると言うので、私が行くことにした。

といっても、迎えにいく手段はJR。会社の最寄り駅から学校の最寄り駅まで40分、娘を連れて自宅まで1時間。往復2時間弱の小旅行。いやあ、娘は毎日、こういう通学をしてるんだね。我が子ながらよくやっていると思うよ、うん。

自宅に着いてからも、深夜に空からヘリの音。もうどこか遠くに逃げているのだろうか。

|

2012年1月10日 (火)

sleepとsheep

ごろごろ。仕事休み。ビート号関連の工作をしようと思っていたけど、寒いと動くのが億劫になる。ちょっとだけ準備をし「また今度にしよう」と自分に言って終了。こりゃ、春までモノにならんぞ。

夕方、娘を迎えに駅へ。だらだらと一日が過ぎていく。

昼間にだらだらし過ぎたものだから、夜はなかなか寝つけない。こんなとき「羊を数えればいいよ」と教えてもらったのは中学生のころだったっけ。けど、なぜ、羊を数えるのだろうか。

眠れなくて暇なので、ベッドの上でその理由を考えてみた。「羊」という時点で日本古来の風習ではなく、欧米からやってきたっぽい。ということは、sleepとsheepの音が似ていることに秘密がありそうだ。マザーグースの歌にも、この手の韻がよく出てくるもんなあ。そうだ、そうに違いない。

「寝つけない」といえば、英語で「I can't go to sleep」。実生活で一度もこの言葉を発する機会はないが、この一文はよく覚えている。中学校の英語の暗唱に出てきたやつ。喉が渇いて眠れない母のために、娘が水を汲みに出掛ける。北斗七星の柄杓に関する物語だったと思う。なので「I can't go to sleep」という言葉を思い浮かべるとき、私の心の声は、しゃがれた女性の声でつぶやくことになっている。

さて。眠れない今夜。これから何を考えようか。想像力というか妄想力が旺盛な私、「柵を跳び越える羊」を数えようとすると、周囲の描写まで考えてしまう。牧場の広さはどれぐらいなのだろう。羊の向こうの広大な牧場には、牛もいるかな。…ってなことを考えているうち、頭の中は「北の国から」になってしまい、田中邦衛が口をひん曲げて「ほたるぅ」と呼び掛けるシーンが出てくる。っていうか、元ネタより物マネの方が印象強いんだけど。

…てなことを考えていたら、いつまで経っても眠れん。よし、もっと純粋に羊を数えよう。まず、エクセルで横5列、下無限の表を頭に描く。最上列から順番に羊を表の中に並べていく。羊が1匹、羊が2匹、羊が3匹…

…翌朝。20匹程度までしか数えた記憶がない。すぐに寝入ったようだ。

|

2012年1月 9日 (月)

正麺食べる

昨夜というか今日の未明…というか、ほとんど早朝(いつやねん!)。仕事から帰って食べたのがこちら。

1326325018034.jpg

ネギ&油揚げたっぷり鍋。いつ食べてもウマいなあ。以前は鶏皮を使うことが多かったけど、今日は鶏のモモ&ムネ切り落とし。モモ肉だけでもいいんだけど、ちょうどいい量が売ってなかったので。

仕事は夜勤、朝刊一面硬補。デスクの日より、少しだけゆっくりめに出社。出かける準備をしていると、娘が「あれ? 今日はいつもより遅いね」。そうなんのよ、たまにはこういう日もあるのだよと答えると「じゃ、帰りもいつもより遅い?」。うーん、それはちと違うかな。朝刊作業の締め切り時間は一緒なので。

仕事後、直帰。今夜は少し、炭水化物気分。マルちゃんの正麺(「せいめん」と読むらしい)という最近出た商品があったので買って帰った。乾燥麺だけれど生麺本来の味が楽しめるそうな。そんな都合のいいことがあるかいな。試してみよう。

1326325024646.jpg

うわっ! うまっ! 生麺の味とはまた違うんだけど、麺の噛みごたえがかなりいい。今回は豚骨だったので、次は醤油も買ってみようかな。これで5袋入り368円は安いと思う。

…と。ネットで正麺の評判がどうなのか検索してみたら。ステルスマーケティング疑惑のスレッドがヒットした。あはは。私はそういうものとは全く関係ありませんので。ウマいものはウマい、そうでないものはそうでないとはっきり書きますよ。

|

2012年1月 8日 (日)

クロワッさん

最近、ちょっとお気に入りのコンビニ弁当。コンビニ弁当というと、味が濃い、添加物が多い、みたいなイメージを持つ人もいるが、私が行くコンビニは、店内で弁当を作っている。値段も量も手ごろ。健康に悪そうな感じはしない。

弁当だけでなく、パンも焼いている。店に入ると、おいしそうな香りが漂ってくる。普段は弁当1個を買うことが多いが、今日はおにぎり(ハムと野菜が挟んであり、握りたてで温かい)、ピザ風パン、クロワッサン2個を選択。クロワッサンを買ったのは、仕事が佳境に入る深夜、小腹が空いた時に食べようと思ったから。スナック菓子より、パンの方が体に良さそうだし。

特に期待もしていなかったクロワッサン。食べてみたら、めっちゃウマい。あまりパンを食べない私だけど、このパンはいい。も一度書く。めっちゃウマい。

1326099942110.jpg

あまりに嬉しかったので、仕事を終えた未明、帰宅前にも一度寄った。クロワッサンは1個32円だが、10個入りは290円で、さらに現在は250円に割引中だとか。迷わず10個購入。店員さんに「このクロワッサンおいしいですね」と声を掛けた。「ありがとうございます」という予想した返事ではなく、返ってきた言葉は「よくお客さんに言われます」だった。そうだろうなあ、これはおいしいもん。

このコンビニ、競馬新聞を扱っていないし、雑誌コーナーも狭い。そもそも店舗自体が狭いので、菓子類その他、あるゆるジャンルの品ぞろえが薄い。けれど、弁当とパンがあれば大丈夫。これからも応援しますよ。

|

2012年1月 7日 (土)

行列嫌い

仕事は今日から3夜勤。カレンダーを見てみると、世の中は今日から3連休。人が休む時に働き、働いている時に休む。これは意外と悪くない。

仕事は夜勤、朝刊内政面デスク。

間仕切りカウンターでおなじみ、ラーメンの一蘭が広島にできて3週間。いつ通っても行列ができているが、そろそろ落ち着いたころだろう。そう思い、仕事後の丑三つ時、店の前まで向かってみた。

店は商店街の中にあり、その他の店は未明にはすべて閉まっている。ところが、近づいていくと、わいわいがやがや、人の話し声がする。まさか。店の前まで行くと、昼間と変わらぬ行列。すっごいなあ。

今日は3連休の初日。成人式で帰省している人もいるのかも。流川で同窓会を楽しんだ後、「最後にラーメンでも食べるか。最近、一蘭ができたんじゃ」みたいな流れになったのかしら。広島の人は飽きっぽい気質だといわれているが、なかなかどうして。

けど、開店最初は大行列ができていたのに、数カ月にはガラガラで1年以内で閉店、みたいな店もあったもんなあ。次は平日の仕事後にでも寄ってみることにする。

そんなわけで、空腹のまま帰宅。軽くつまみを作り、焼酎で一杯。年末年始に録画したままのテレビを見たり。早朝までだらだら。ま、こういうのもいいよね♪

|

好きなアスリートは松中さん

ホークスの松中選手が、ライオンズからFAで獲得した帆足投手の人的補償のプロテクト28人から外れたそうな。年末にこの話が漏れて来たとき、まさかそのままいくとは思わなかったけれど。

「うちの宝」である選手で「生え抜きとして2000安打を目指して欲しい」とフロントは言ったというが、大切な宝を宝箱の外に放り出すのはなぜかしら。「戦略上の苦渋の決断」というのも意味が分からない。この判断の理由を考えてみると、

1)ライオンズは2億円の大砲を取りに行かないだろうと予想した
2)ライオンズと既に話ができていて、取りにこないことを知っている
3)「うちの宝」と言いつつ、本心では放出したい

こんなところか。

もし、松中さんが移籍するようなことがあったら、今シーズンは応援の仕方を少し考え直そうかと思う。

松中選手の公式ブログで、今回のことに言及したエントリ(2011年12月31日付)はこちら→

冷静に書き連ねているところが切ないねえ。

|

2012年1月 6日 (金)

同期会

今日は仕事は休みだけど、あれこれあって出社。一つめは労組の執行委&中央委。二つめ、これが本日のメーンイベント、同期会。

入社した時には同期は20人近くいたが、別の道を歩む人もいて少しずつ減った。何人いるんだっけ? 15人ぐらい?

同期会は入社1年目から定期的に開いている。同期といったって、そんなにベタベタと付き合うわけではない。「たぶん行ける」という人たちが全く集まらず、10人前のちゃんこ料理を3人で食べたこともあった。支払いもえらいことになったもんだ。

年を経るに従い、人は同期会とか同窓会などをしたくなるものらしい。今回は仕事などで来れなかった3人を除いて集合。人のことをごちゃごちゃいいながら、自分たちの人生を肴に乾杯。

1325954140712.jpg

1軒目は焼き肉。ここはかなりリーズナブルだった。そこそこの肉の量、ご飯、味噌汁、キムチ、生ビール2杯が付いて2,000円。少々の肉の追加と、焼酎のボトルを2本入れたが、1人3,500円。また来ようっと。

2軒目はショットバー。ここで日付変更線が気になる。最終のバスで帰ろうかとも思ったが、まあ、滅多にない機会だし、日付オーバー。

ここで帰ろうかと思わなくもなかったが、やっぱり、せっかくの機会だし、という思いが浮かぶ。「1時間ぐらい、いつもの店に寄るか」と行ったら。時間感覚を失ってしまう。気持ちが一度リセットされて、そこから再び
語りスタート。気が着くと…朝? ま、そういうこともあるわいな。

|

2012年1月 5日 (木)

チャンピオンブルー

寒い。めっきり自転車に乗らなくなってしまった。防寒着として活用しているのが、2011ホークス日本一記念に買ったウインドブレーカー。ペラペラの薄い生地だが、歩いている時でもしっかりと風をさえぎってくれる。これだと厚着をしなくて済むので、暑い広電車内でも不快ではない。いい選択だ。

1325953376416.jpg

景気がなかなか上向かない中、コンビニは次から次へとできていく。その代わり、同じぐらいのペースで閉める店もあるけれど。この店は敷地がめちゃめちゃ広い。ただ、面している道路が狭く、大型トラックは通らない。駐車場スペースは無駄に広いが、置ける台数はさほど多くない。

仕事は夜勤、朝刊内政デスク。

1325953382289.jpg

今日はいつもより、ちょっと高い弁当。

仕事後、いつもの店へ。独り飲み。同年代の3人が順番で店番をしている今日このごろ。こちらは、いつ、誰からの誘いも受けるので「一緒に行きましょうよ」と声を掛けてくださいな。

|

2012年1月 4日 (水)

サンマの蒲焼きを語る

朝から雪が降っている。寒いですのお。

今日は代車交換の日。最初にやって来たのは、ゼスト(スパークの方?)。「軽だと家族5人が乗れないよう」と泣きついたら、年末年始はフリードハイブリッドを出してくれた。そして、今日からはこれ。

1325781803140.jpg

フィットシャトル。この1カ月、オデッセイが壊れてから3台目。代車生活は地に足が着かない感じもするけれど、いろんな車をあれこれ乗れるのは面白い。このまま、ずっと納車されないのもいいなあ、なんて思ったり。ディーラーさんは代車を出しっぱなしで面倒でしょうけど。

仕事は夜勤、朝刊経済面デスク。1月4日組(5日付)の経済面は、企業トップのコメント、東京証券取引所の大発会、今年の展望などのラインナップが定番となっている。まだ、経済活動はスタートしていないからね。自分の気持ちは一気にトップギアのつもりでも、もうしばらくは年末年始モードの出稿が続きそう。

仕事後、直帰。スーパーでサンマの蒲焼きを買ってみた。サンマの蒲焼きに初めて出合ったのは、小学校高学年か、中学に入ったばかりのころか。缶詰めだった。ボーイスカウトのキャンプの時、あと一品として持って行った。

食べてみたら、嘘のようにウマい。ウナギの蒲焼きが好物だった私にとって(名探偵コナンの元太君かよっ)、百円玉で買える蒲焼きは夢のような食べ物だった。あまりのおいしさに、夕飯をサンマの蒲焼きの缶詰めにしてくれ、と母に頼んだことがあったほどだ。

その後もサンマの蒲焼きとツナ缶(最近はカツオ缶も)は、家族持ちとなってからも常備食として定番となっている。さすがに、初めて食べた時から30年近くが過ぎ、この食べ物が夢のようにおいしい物ではないことぐらい知っているけど。

そんな時。缶詰めに入っていない、トレイに乗ったサンマの蒲焼きをスーパーで見掛けた。私にとって「サンマの蒲焼き=缶詰め」だっただけに、ちょっとしいた衝撃。見た目は缶詰めよりウナギっぽい。普段、あまり見掛けないのは、サンマは塩焼きの方がおいしいからだろう。けど、パッケージに書いてある「鰻屋さんが焼いた」というキャッチコピーにコロっときた。う~む、きっと秘伝のタレで焼いてあるに違いない、缶詰めより格段においしいに違いない。

1325781810203.jpg

そんなわけで。未明に帰宅後、残りご飯と一緒に温めて食べた。うん、そんなに夢みたいにおいしい食べ物ではないね。けど、身が厚い部分は中の方がふわりとしていて、あぁ、蒲焼きだなあと思う。缶詰めより、うまい。

けど。初めて缶詰めを食べた時ほどの感動はない。野外でテントを張り、薪を集め、火起こしなどに疲れ、飯盒で炊き立てのご飯に乗せて食べた時とは、全く状況が違うもんなあ。代替品ってのは、本物と全く違うからいいのであって、近づくほどにアラが出る。カニカマがカニではなく、カマボコであるからこそ、その存在感が大きいように。

…何をサンマの蒲焼きでこんなに語ってんでしょうか。おほほ。

|

2012年1月 3日 (火)

復帰

今回、初めてフリードハイブリッドで帰省した(代車だけど)。ガソリンタンクは42L、広島ー有田の往復は800キロ弱。燃費が20km/Lを超えれば、無給油で往復できるかなと期待していた。結果は18km/L。オデッセイの10~11km/L(高速時)に比べれば格段に良いけれど、ハイブリッドにしては、ちと物足りない。ディーラーに低燃費走行のコツがあるのか尋ねたら、エンジンが慣らしの段階なので、走っているうちに良くなるのでは、とのこと。

今回、初めて体験したのがクルーズコントロール機能。快適装備の少ない車に乗り慣れていたので、この機能がかなり一般的になっていることさえ知らなかった。20年以上前の学生時代、当時は「オートドライブ」と呼ばれたクラウンに乗っている人がすっごいハイソな人に思えたっけ。

高速道でも混雑が多いこの国。あまり期待していなかったが、なかなか使い勝手がいい。坂道で、たまに予想しない時にスロットルが開くのは気持ちが悪いけど、ほぼ思った通りに吹かしてくれる。ただ、速度を保つことを優先させているから、燃費向上には寄与しないかもしれない。これから最適な使い方を探っていこうっと。

さあ、職場復帰。仕事は夜勤、朝刊内政面デスク。まだ紙面編成は正月バージョン。内政と外報を合わせて2枚。ま、内政関連の生ニュースはあまりなかったので、ちょうどいいぐらい。

職場は割と通常モードだったけど、食堂が休みだったり、社内の他フロアはまだまだ正月。

夕飯は最近のお気に入り、コンビニ手作り弁当258円。仕事後、職場に残り、ちょっとした飲み会。以前は頻繁にこういうことをやっていたなあ。私は好きな時間なんだけど、義務的に「飲まされている」と感じる人もいるのかも。難しい世の中ですわな。

|

2012年1月 2日 (月)

さらばさが

実家で過ごした休日も、今日で終わり。空は青空、窓際に座ると日差しが暖かい。心配していた雪は降らなかったし、明るいうちに広島に戻ろう。

…と。

道路情報を見ると、有田ー広島間では、鳥栖周辺、山口周辺で冬用タイヤ規制と通行止め。え? 弱ったなあ、ただでさえこの時期は太宰府から博多付近は大渋滞。高速も通れず、かといって下道も渋滞地獄。下手すると、明日の仕事までに戻れないかもしれん。マイカーは自分のペースで走れるし、荷物も積めるから楽だけど、こういうことがあると一気にデメリットだけがクローズアップされる。

行けるとこまで高速使うか、最初から下道を行くか。鳥栖・太宰府を避け、唐津経由で抜ける手もあるかなあ。

あれこれ悩んでいたら、天は我に味方した。通行区間のすべてで交通規制&冬タイヤ規制が解除。ラッキ~! 車はきっと多いままだけど、とりあえず、高速道を走れるだけでもありがたい。午後2時半、実家出発。さようなら佐賀、さようなら両親&妹よ。

九州は断続的に数キロ単位で渋滞。幸いだったのは、全く動かなくなる状態にまでは至らなかったこと。夕方、お腹が空いた時は、のろのろ運転の中、母が作ってくれたおにぎりをつまみ、なるべく混雑をしそうにないPAを選んで休憩。

普段なら2時間前後で九州を突破するが、今日は3時間で直方PA。ま、ここから先は渋滞もなさそうだし、暗くなったし、お腹も空いたし。休憩しましょ。

1325690409127.jpg

というわけで。九州に別れを告げる最後のラーメン。本日はSA&PAのほぼ全品が2割引の日。PAに併設されたコンビニでも2割引なので、嬉しくなって無駄遣いしてしまいそうになる。このラーメンは通常450円、今日は360円。今時、300円台で食べられるラーメンはなかなかアルマーニ。

腹を満たした後、順調に走行。次は山口県の佐波川SAで休憩。ここは寿司店が入っている。以前から寄ってみたいと思っていたが、営業時間が終わっていたり、食事の時間じゃなかったり、これまで行けずにいた。妻と子たちが「海鮮丼食べた~い」というので、長めの休憩。

2時間前にラーメンを食べた私。お腹はあまり空いていない。さりとて、何も食べずに待つのも切ない。ということで。

1325690414846.jpg

サザエの壺焼き。通常1個100円のところ、今日は80円。2個でも160円。うむ、これなら鯛焼きやたこ焼きをつまむより安い。くいっと、アレを飲めないのは仕方がないね。こういう店がSA&PAに増えると「つい」と考える人が出かねないので、アルコール解禁は留まるべきだと思う。

そんなこんな。午後10時前、自宅到着。家に着くと、半日前まで実家にいたのが嘘のよう。明日からは仕事。元気にやっていきまっしょい♪

|

2012年1月 1日 (日)

正月

ゆっくりめに起床。

1325688835691.jpg

午後から親戚回り。

今年の目標。親の小言はちゃんと聞こう。

………

 ………

  ………正月早々、守れなかった。親孝行しんしゃい。

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »