« 昼夜逆転 | トップページ | 小銭貯金の参考に »

2011年12月11日 (日)

林飯

昨日はつい、早めに目が覚めた。今日は休日、逆にしっかり早起きをしようと思っていたのに。気がつくと、正午を大きく回った時間。競馬新聞を買って帰っていたのに、予想する時間なし。ま、いっか。参加しなかったら、勝ちもしなければ、負けもしないわけだから。

妻から買い物を頼まれた。注文は「ハヤシライスを作るのだけど、パッケージに『ハヤシ』と書いていないやつを買って来て」。う~む、禅問答じゃないんだから、もう少しヒントはないかしら。

ハヤシといえばデミグラスソース。「デミグラスソース?」と尋ねると「違う。ビーフシチューみたいなやつ」。う~む、ビーフシチューのルウを買ったら、それはまさにビーフシチュー。ハヤシではない。

もやもや気分で店に向かう。小さめの箱で、パッケージは赤いらしい。ハヤシではないけどハヤシに使う。あれこれ探した挙げ句、それらしいものを見つけた。

ハッシュドビーフ。

これでよいかと電話をすると「正解」。難しいものだなあ。

せっかくなので、大辞ハヤシ…じゃなくて、大辞林で調べたそれぞれの意味を載せてみる。

「ハヤシライス」…(hashed beef with riceからか)牛肉の薄切りとタマネギなどの野菜をいため、ブラウンソースで煮込んで、飯の上にかけた洋風料理
「デミグラスソース」→ドミグラスソース…肉・野菜を煮込み、ブラウンソース、フォンなどを加えて煮つめた茶色のソース。シチューなどに用いる
「ハッシュドビーフ」…牛肉の細切りとタマネギなどを炒め、ドミグラスソースなどで煮込んだ料理

ハヤシの語源がハッシュドビーフ、そのハッシュドビーフを作るのに使うのがデミグラスソースってわけですな。こうやって書き並べてみると、あぁそうだった気がする、と思うけど、忘れてしまっていることって多いね。備忘録として残しておこう。雑学系クイズで「ハヤシライスの語源は」という問題が出たら、この日記を思い出してください。

|

« 昼夜逆転 | トップページ | 小銭貯金の参考に »

日々の日記」カテゴリの記事