« 鬼デスク | トップページ | ヒロシマ新聞アプリ公開 »

2011年11月17日 (木)

キリバン

普段の生活の中で、小さな幸せを感じる一つが、キリバン。ぴったりゼロが並んだり、同じ数字が並んだりすると嬉しくなる。キリバン直前からワクワクするのはなぜだろう。本日のキリバンはこちら。

1321632634786.jpg

私の愛車(パシフィック18号)にサイクルメーターを付けてから3333.3キロに到達した。こんな日はきっといいことあるさ。うん、そうに違いない。

というわけで。日本シリーズでホークスが2連敗の後、3連勝。第2戦が終わった時は「こんなことなら、今年もCSで終わっておけばよかった」などと泣き言を言ってごめんなさい。福岡に戻って来て、地元で日本一の胴上げ。今年3度目の胴上げをよろしくお願いします。

今日の朝刊、第4戦の見出しは「先手粘投 タカ笑い」「拙攻拙守 泣きの竜」。Mしま君の作。ホークスの見出しに「タカ笑い」って付けるのはこれまで、あまり好きではなかった。なんか、安直な感じがして。けど、「タカ笑い」と「泣きの竜」の対比がピッタリ。こういうハマり方をするといいよね。

見出し屋というのは空想を広げるもので「泣きの竜」からほかのことを考え始める。南海以来のホークスファンが大挙したら「レフトスタンド緑一色」になるなあとか「国士無双」は使えないかとか。チェンが完璧な投球をしたら完チェンずっぽしとか。そっち系ばっかかよ。

空想はあくまで空想でしかなく、ほとんど、いや全く仕事で役立つことはない。あ、強いて挙げれば、頭の体操。

仕事は夜勤、朝刊経済面デスク。頭を柔らかくしても活用しようがない。

1321632641541.jpg

仕事後、いつもの店へ。

|

« 鬼デスク | トップページ | ヒロシマ新聞アプリ公開 »

日々の日記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事