« いざ決戦! | トップページ | 祝日本一! »

2011年11月20日 (日)

日本一…はこちらだった!

ホークス、ドラゴンズともに3勝で迎えたコナミ日本シリーズ第7戦。最後の最後にこういう試合になるとはね。予想していた人もいるだろうし、「まさか」の思いを抱いた人も多いかも。

落合監督はオレ流を貫き、フロントへの意趣返しとも思えるような投手起用。対する秋山監督は、さすがライオンズ黄金期を支えた選手のことだけはあり、選手のプライド、意気に感じる思いを大切にしてきた。「野手出身の強打者は名監督になれない」なんてことが当然のようにいわれてきた時代があったが、そんなことはことはないことを証明した。

思うことは色々ある。けれど今、あれこれ書くのはよそう。確実にいえるのは、今回のシリーズは歴史に残る7試合だったということだ。「野球は8-7が一番面白い」と思っていた人も、1点が遠い投手戦の面白さを再認識したことだろう。サッカーのことを思えば、まだ点数が入った方だし。

ホークスの皆さま、1年間ありがとう。まずは感謝の言葉を。感謝の気持ちを胸に、来年はさらに応援に熱を入れることを誓います。

……

と。

この日記は試合開始2時間前に書き、予約投稿しております。ただ応援するだけなのに、胸がドキドキして、落ち着かないのでこんな駄文を書いて過ごしてみたというわけ。

公開されたころには、願いが届いていますように。

|

« いざ決戦! | トップページ | 祝日本一! »

独り言至極」カテゴリの記事