« 日本一…はこちらだった! | トップページ | 一夜明けて »

2011年11月20日 (日)

祝日本一!

ホークスの日本一決定は第7戦に持ち越し。

1321891078556.jpg

今日は昨日より1時間ほど遅く球場到着した。午後6時ともなると既に真っ暗。11月にプロ野球のナイトゲームができるのは、ドーム球場のおかげ。

1321891084569.jpg

勝利を確信しつつあった七回。応援歌が流れてきたら、もう何か、まだ試合中なのに感極まってしまい…。

1321891087473.jpg

というわけで。日本一ダ! ホークスの胴上げを目の前で初めて見たのは、12年前のリーグ優勝。ウサギ年は私にとって、縁があるのかもしれない。次は12年後か24年後か60年後か。

試合終了が午後10時すぎ。11時ごろまでセレモニーが続いた。一緒に観戦した妹は、優勝を見届けるやいなやアズスーナズ、最終バスに乗るために球場を出た。中州で一杯、とも思ったが、時間が遅いし一人客。団体さんが大騒ぎしている横でしんみりなるのもイヤだしなあ。

1321891089168.jpg

1321891091553.jpg

結局、宿泊場所近くの屋台で、優勝特番のテレビを見ながら一杯。大阪から来たホークスファンの人たちとハイタッチ。いえ~い! もつ煮込み、餃子などをつつきながら、焼酎の水割り、ロックを少々。うまうま。締めラーメンもグー。

今夜の宿は高級カプセルホテル。カプセルに「高級」って不思議な組み合わせだよなあ。高級B級グルメみたい。部屋はカプセル状ではなく、3畳一間の小さな下宿風。蜂の巣状より、こっちの方が落ち着くわ。この点がカプセルとしては「高級」ということなのだろう。

ビジネスホテルより優れているのは、風呂が広い。サウナがある。露天風呂もある。それに、大きな休憩室があり、リクライニングシートに寝転がったり、畳の間も。共用スペースだが、これはこれで楽しい。

風呂から上がったのは午前2時前。広間のテレビからは、ビールかけや選手たちのインタビューの模様を流す地元テレビの特番。一人でビールを飲みながら見ていると、ノンアルコールビールを持った人が近づいてきた。いい気分になっていたので「カンパーイ!」と言いながら缶を前に出すと、あちらかも「カンパーーイ!」の発声。テレビを見ながら、ホークスを語り合う時間が始まるかと思いきや。

「あのぉ、実はドラゴンズファンなんです」

と。あ、すいません。聞くと、出身地は愛知だけど今は関東に住んでおり、この試合のために遠征してきたのだという。

ただ、プロ野球ファンにもいろんな人がいる。贔屓チームが勝つことがすべてと考えている人もいれば、相手チームの選手の良さなどを冷静に分析する人もいる。目の前の彼は後者だった。ホークスが優勝した日の夜、初めて会ったドラゴンズファンの人と一緒に、1時間ほど特番を見ながら、両軍の選手について語り合った。不思議だけれど、楽しいひととき。ありがとうございました。

番組が終了したら、いつの間にやら午前3時すぎ。そろそろ寝よう。あ、そうそう、ビジネスホテルではなくカプセルを選んだのは、チェックアウト時間が遅いから。明日の仕事は時間に余裕があるので、少しでも長く寝ていたい。

……

さて。無事に終わったからよかったものの。

日本シリーズ進出前から第6、7戦のチケットは確保していた。ところが、第7戦がある今日は、朝から下の娘の小学校の発表会。どううしようか、あれこれ悩んだ。発表会を無視して福岡滞在する案は、妻の許しが出ず。かといって、土曜日も日曜日も広島と福岡を往復したら、交通費もそれなりにかかってしまう。

第6戦の後、娘の発表会を見るために、日曜日の早朝帰宅。妻はどういう反応をするのかなあ。許しが出なければ、今日の午後は自宅に幽閉。出てきた言葉は、

「第6戦を観て、今日行かないわけにはいかないでしょう。応援しといで。昨日もパパがテレビに映らないかなあって、みんなで応援してたよ」

との言葉。ありがたや、ありがたや。日本一の胴上げを球場で観ることができたのは、妻のおかげであります。愛してるわぁ~ん。なんじゃそりゃ。

|

« 日本一…はこちらだった! | トップページ | 一夜明けて »

スポーツ」カテゴリの記事

日々の日記」カテゴリの記事