« 偏頭痛 | トップページ | 日本一…はこちらだった! »

2011年11月19日 (土)

いざ決戦!

午後から福岡へ。

元祖長浜屋で奇妙な体験。品はラーメンだけしかなく、入店順に出て来るはずなのに、後から入って来た家族連れに先に出た。その後もかなり待たされる。「早い、安い、味はそれなり」が売り(?)じゃないのかい。

1321774916636.jpg

ようやく目の前にラーメンが来た。一口目を食べた直後、視界に何かがよぎった。食べ終わった器を下げようとした店員さんが誤って割り箸を飛ばし、私のラーメンの中に突き刺さったのだ。「すいません、すぐに作り直します」の言葉はいいのだけれど、飛ばした割り箸は片づけましょうよ。

1321774924069.jpg

2回目に出て来たのがこちら。ネギの量が増えている。お詫びのつもりなのかしら。普通の飲食店なら当たり前の「もてなしの心」が微塵も感じられないことがこの店の特徴なので、あれこれ言うつもりはないけれど、何かさあ、巷間いわれている通り、以前と比べてアレな感じになってきたよね。今度から「家1号」を贔屓店にしようかしら。

と。

ラーメンを食べに博多まで来た…わけではもちろんない。

1321774925849.jpg

1321774927218.jpg

いざ、決戦。緑鮮やかなここを見ると、気持ちが高揚してくる。

試合結果は置いといて、と。シーズン中は満員になっても、途中で帰る人がいる。さすがは土曜日の日本シリーズ、試合後の人波がいつも以上。最初、唐人町から地下鉄に乗ろうかと思ったが、しばらく歩くことにした。大濠公園まで歩き、ちょうどバスが来たので乗車。天神北で降り、徒歩で長浜へ。腹を満たした後は特に予定もないので、キャナルそばまで徒歩。結構、歩いたわ。

1321774929101.jpg

宿泊はサウナ&カプセルホテル。皆で同じ色の服を着て、番号付きの札を腕に巻かされて、蜂の巣のようなとこに寝かされて。何かの罰を受けているかのような気持ちになる。「立って半畳、寝て一畳」なんて言葉があるが、ここでは立ち上がることもできない。

カプセルは数回目だが、何とも落ち着かないし、よく眠れない。すべての人がそうだと思っていたら、とある友人は仕事で息詰まると、家を出てカプセルホテルに行っていたそうだ。人はたくさんいるのに無機質な雰囲気、狭くて誰も入って来ない自分だけのスペース。これが奇妙に落ち着くのだという。そんなものなのかしら。

というわけで、も一度、日本シリーズの話に戻って。第6戦を終えてホークス、ドラゴンズ3勝3敗のタイ。ホークスはホームゲームをいずれも1-2で落とし、ホークスは逆にナゴヤドームで3勝。世にも奇妙な外弁慶。ところが最後には…ってな結果をお待ちしております。

|

« 偏頭痛 | トップページ | 日本一…はこちらだった! »

スポーツ」カテゴリの記事

日々の日記」カテゴリの記事