« 台風いっか | トップページ | 辞めた首相の名前は?「それは、カンさ」 »

2011年9月 4日 (日)

プチ出勤

午前中は自宅でゆっくり。午後、些細なことで不愉快な思いをする。イライラするなあ、もう。そうだ、ちょっとだけやることがあったから仕事へ行こう。

私は今、労働組合の仕事をしている。会社との協定上、来月から元の職場に戻ることが決まっている。つまりこの時期は、有終の美というか、飛つ鳥なんとやらというか、着地を失敗しないようまとめに入っているわけ。いうなれば現体制はレイムダック状態で、現役員に噛み付いたって仕方ないと思うのだけど、世の中には色んな人がいる。

色んな人のうちの一人が、組合活動を「活発にするために」ありがたいアドバイスをくださる。その人の主張を大まかにまとめるとこんな感じ。

---------------------

・非正規労働者を全員正規雇用し、相対的に全体の賃金が下がるのは仕方がない。平等をめざそう。
・だけど、自分は特別な存在だから、一般組合員以上の役職手当をもらうのが相当。
・組合活動は組合員一人ひとりの議論が大切だから、すべての情報を明らかにして活発な議論をしよう。
・だけど、自分が関わる案件については、政策的配慮で組合員に明かす必要はない。
・継続性が大切だから、以前から続いていることは同じように続けよう。
・だけど、自分は特別な存在だから、前例にとらわれずに自分の意見が通るまで主張し続ける。

---------------------

一見、相反することを言っているものの、そこを乗り越えたところに次の展開が見えてくるのでしょうな。私みたいな素人考えだと、ご都合主義のようにしか感じられないのですけど、それは修業が足りないからかしら。

あ、そうそう。「活発に議論を尽くす」ことと「自分の主張を場をわきまえず繰り返す」のって、私は全く別だと思いますよ。「似て非なるもの」でさえない。

|

« 台風いっか | トップページ | 辞めた首相の名前は?「それは、カンさ」 »

日々の日記」カテゴリの記事