« 母校訪問 | トップページ | ごらんあれが…といえば »

2011年9月15日 (木)

はるばる来たぜ…といえば

さあ、お出掛け、お出掛けルンルンル~ン♪

今日から北へ向けて「イケメン」ツアー。またの名を麺類食べ歩き隊。独りだけど。17~19日、盛岡で同業者労組の会合がある。次の週は東京出張、その次の週も東京と予定が詰まっている。休日のまとめ取りしたいんだけどなあ。それなら、盛岡入り前の2日間に休日を取り、初めての地を訪れようと思ったわけ。

広島ー千歳間はJALのみ。株主優待券も格安航空会社もない。調べてみたら神戸からのスカイマークが直前予約でも16,800円。新神戸まで新幹線を使い、地下鉄、ポートライナーを乗り継いでも早いし安い。「球場のネーミングライツに効果はあるのか」という議論があるが、GS神戸の3文字略称が「スカイ」だったから、飛行機に乗らない私でもスカイマークの名は知っていたし、今回乗ろうとも思った。


1316106099285.jpg


神戸空港はもちろん、ポートライナーに乗るのも初めて。席を探して歩いているうち、一番前の席になった。電車でGO! 路面電車でGO!GO!な気分。


1316106115062.jpg


神戸空港の建設の時って、反対運動が起きた気がする。伊丹と関空があれば足りるだろうという理由。実際に神戸空港に来てみると、便数は予想より少ないし、その気持ちも分かる。ただ、伊丹だったら広島から新幹線を乗り継いでまで行くメリットが薄い。今回、神戸空港の便利さを知った。


1316106124857.jpg


初の北海道上陸。まず食べるのは「あじさい」のラーメン。うまうま。塩ラーメンという食べ物は奥が深いよ。塩味を引き立てるために、どんな出汁を使うか。時間があれば、函館の本店でも食べてみたい。

今回の旅の計画を立てていて判明したのが、自分の時間距離感覚がデタラメで、北海道の広さを舐めていたこと。朝から広島を出て、神戸から千歳に入り、ちょいと札幌散策して、夕方に函館に行って五稜郭に寄った後、夜景でも見るか、と当初思っていた。

時刻表を調べたら。南千歳ー函館が特急で3時間以上。え? 空港から函館に直行しても、夜なんですけど。在来特急で3時間って、九州なら隣の県か、隣の隣の県まで着くよね。

ついでにいうと。函館から青森が特急で約2時間、青森から弘前が在来約40分。いやあ、トンネルで島と島が繋がってるから、函館ー青森は下関ー小倉よりちょっと遠いぐらいかと思ってたし、青森ー弘前は広島市内の隣区ぐらいかと思ってた。甘いなあ。

新幹線の感覚に慣れると、時間距離感覚が狂う。新青森ー盛岡が1時間、小倉ー広島も1時間。完全に通勤圏内。ところがどっこい、わが家から会社まで、バスと広電を乗り継ぐと小一時間。200キロ強と20キロ弱が同じ時間だと考えると、在来線で時間が掛かるのも分からなくはない。以上、言い訳。

南千歳ー函館は、シカと列車が衝突してダイヤが乱れた。函館に着いたのは午後9時前。


1316106129653.jpg


まだ午後9時前だけど(さっきも書いた)、8つあるホームに列車は一両も入っていない。函館駅はいわゆる盲腸駅で、通過する列車はなく、すべてが終着、すべてが始発。ひっきりなしに列車が出入りしているのかと思っていたが、逆だったらしい。

イインチョから「函館に行ったら絶対夜景見てくださいよ」とアドバイスを受けた。駅からホテルまで歩き、部屋に入ったら午後9時15分。夜景が見られる函館山のロープウェーの最終は午後9時50分。荷物を置くのもそこそこに、ロープウェー乗り場に走る。走る走る。まさか、旅先で坂道ダッシュすることになるとは。


1316106133122.jpg


そんな苦労をして、10分間だけ見た夜景がこちら。北海道のくびれがはっきり見える(後で聞いたら北海道のくびれじゃなかったらしい)。美しい。長崎とも神戸とも違う独特の風景。無理して来た甲斐があった。いやまあ、片道3分のロープウェーの料金が往復1160円だったのは、ちと誤算だったけど。

【内川・首位打者への道】133安打まで「17」。残り試合「24」。規定打席到達まで「6」。5打席立てる日が続いたので、意外と早く首位打者に登場できそうですな。投高打低の今年、最後まで3割4分台を確保できたら本当にすごいと思う。(9月15日試合終了現在)

|

« 母校訪問 | トップページ | ごらんあれが…といえば »

日々の日記」カテゴリの記事