« 夜空見てお団子食べる日 | トップページ | 干支ひと回りのご愛顧に感謝 »

2011年9月13日 (火)

内川は首位打者になれるか

9月13日の試合前現在(つまり9月11日終了現在)、パ・リーグの首位打者はライオンズの栗山で.319。最終的な規定打席は144試合×3.1=446打席で、既にクリアしている。チームとして首位を走っているホークスで現時点規定打席に達しているのは本多、松田、川崎の3選手。全日程終了時点での規定打席も既にクリアしている。けど、優勝(しそうな)チームから3人というのは、いかにも寂しい。ホークスの残り試合は27。休んだり出たりしていた選手の成績をみると、

内 川 .336 352打席(残り94打席、残り全試合出場で1試合平均3.49必要)
小久保 .266 348打席(残り98打席、3.63必要)
長谷川 .275 346打席(残り100打席、3.71必要)
松 中 .309 302打席(残り144打席、5.34必要)
カブレラ.237 299打席(残り147打席、5.45必要)
多 村 .234 291打席(残り155打席、5.75必要)

松中、カブレラ、多村はフルイニング出場はまれで、残り全試合に出場且つ1試合平均5打席以上立つことはほぼ不可能。この時点で規定打席に達する可能性があるのは内川、小久保、長谷川の3人。「規定打席到達=レギュラーメンバー」みたいなものだから、6人ぐらいはレギュラーと呼べる選手が欲しい。

この中で注目は内川。首位打者獲得は可能なのか。まずは規定打席に達しての首位打者パターンを考えよう。3番打者がフル出場なら1試合平均4.2打席程度になると思うが、ここでは計算をしやすくするため、スタメンフル出場で1試合当たり4打席ずつ立つと仮定する。

現時点(117試合消化)での規定打席は363打席。まだ11打席足りない。1試合出場するたび規定打席に0.9打席ずつ近づいていくので、必要試合は13試合。ちょうど130試合目で到達する。私の子ども時代の試合数なら最終戦に急に現れて首位打者誕生! ザ・ベストテン的にいうと「今週の1位は…初登場の内川さん!9万9999点~~」。このまま試合中止がなければ、9月27日にいきなり内川が首位打者に登場するので、スポーツ面担当者は読み物の掲載が必要だな、と頭の片隅に置いていただくとありがたい。

ただ、130試合目に打撃10傑のトップに躍り出ても、最終的に規定打席に達するためには残り27試合中24試合のフル出場が必要。休めるのは3試合だけ。リーグ優勝を決めた後(優勝することに決めた)、ビールかけもそこそこに翌日、1軍半の選手がズラリとスタメンに並ぶ中、打席数稼ぎに「1番内川」が登場する可能性も。規定打席まで到達するにはかなり無理がいる。

別のパターンの首位打者もある。日本プロ野球の1軍では前例がないが「認定首位打者」というやつ。「規定打席に満たない場合に不足分の打席を凡打として加算し算出された打率が規定打席到達者の打率1位の値を上回れば、規定打席未到達でも首位打者と認定する」という野球規則。こっちのパターンも考えてみよう。

まず、規定打席に達した選手の打率1位を.320と仮定する。目標打率が分かれば、足りない分を凡打と仮定して逆算するために、内川に必要な安打数が導かれる。

現在の内川の成績は327打数110安打(352打席)。規定打席に必要な打席数は94。内川の現在までの四死球+犠飛+犠打が打席数に占める割合は約7%。今後もこの比率通りに四死球、犠飛、犠打を記録するとすれば7打席分。つまり94打席−7打席=87が、今後の打率計算のために加算される打数。余談だけど、内川って四死球が少ないよね。打率.336で出塁率.364。ちなみに松中は打率.309、出塁率.382。松中最強伝説の独り言はこちら→

話を戻して、と。

現在の打数327に87打数を足すと、414打数。最終的に133安打を打てば、足りない打数分を凡打したと計算しても打率.321となり、仮定した規定打席到達者1位.320を上回る。

現在の内川の安打数は110。あと23本を積めばいい。残り27試合で1試合平均0.85本。1試合1本ずつのペースなら、4試合を休んでも「日本初の認定首位打者」を達成する。規定打席到達を考えるとポストシーズンへ向けた休養が取れず厳しく感じるが、「1試合1安打以下でも認定首位打者」となると、ハードルはぐっと下がりそうだ。

…と。ちょうどこれを書いている時、内川が12号本塁打を放った。これで、今日のノルマは達成。

まとめ。
仮定に基づいた「内川認定首位打者」誕生(しやすい)パターン。
・規定打席到達選手の打率トップが.320以下
・今後、四死球+犠飛+犠打の合計が7打席
・今後追加される打数が87未満
・残り27試合で23安打以上
・4試合分を欠場

「認定首位打者」って一般的に馴染みが薄いから面白いけど(私は記録マニアなもので。小学生時代の愛読書は、カルビーの懸賞でもらった「野球ルールブック」)、本当は最後までバリバリ打って、勝利に貢献してもらいたい。

私の予想は、打率3割2分後半、ギリギリ3割3分で規定打席に達してのセ・パ両リーグ首位打者、と書いておく。鬼さん、笑って笑って大爆笑してもいいですよ。来年の話じゃないですけど。

|

« 夜空見てお団子食べる日 | トップページ | 干支ひと回りのご愛顧に感謝 »

スポーツ」カテゴリの記事

独り言至極」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/41672282

この記事へのトラックバック一覧です: 内川は首位打者になれるか:

« 夜空見てお団子食べる日 | トップページ | 干支ひと回りのご愛顧に感謝 »