« 干支ひと回りのご愛顧に感謝 | トップページ | はるばる来たぜ…といえば »

2011年9月14日 (水)

母校訪問

印刷に出した書類に致命的(かもしれない)ミスを発見した。こいつはヤバい、すぐに来てもらおうか。いや、自ら足を運んだ方が早かろう。千田町の印刷会社へ自転車を走らせる。

千田町。そこは青春の思い出の地。18歳から22歳までの4年間通った母校があった町。いや、私は3月生まれだから、通ったのは18歳から21歳まで。いやいや、大学4年の後期はゼミの日とソフトボールする時以外は通ってないから、3年半。いやいやいや、1~2年の時だって毎日ちゃんと通っていたわけじゃないから…(以下略)


1316080799135.jpg


統合移転が完了し、わが母校は東千田公園と呼ばれるようになった。久しぶりに中に入ってみる。正門からまっすぐ奥の理学部棟までは、初代学長にちなみ「森戸道路」と呼ばれる。


1316080814062.jpg


今は道路とその両端の並木だけが残っているが、ここを歩くと右側にあった学生会館、教育学部棟、左にあった体育館、総合科学部棟などなど、頭の中に浮かんでくる。


1316080824978.jpg


官房長官は自動車部の出身だそうだ(学部名ではない)。今は駐車場となっている辺りかその手前、廃車となったような車が積み上げてあった。その辺りに自動車部の部室があったように思う。


1316080841892.jpg


法学部&経済学部(もっと以前の政経学部)の正門付近。合格発表を見た時「この街で4年間を過ごすのかあ」と思った。まさか、あれから四半世紀を過ぎた今、広島に居を構えて住んでいるとはねえ。感慨深い。

行きつけの雀荘、中華店、喫茶店、理髪店、コンビニ、レンタルビデオ店…すべてなくなってしまった。考えてみたら、勉学に関わる行きつけの店がないなあ。正門近くに古書店があったけど、行きつけってほど行ってないし。思い出をたどると、いかに勉強をしない学生だったかが分かる。

言い訳みたいになるけど、判例集などを読むのは好きだったよ。この1年、労働法関係のケーススタディ集を堂々と業務の時間に読むことができ、為になったし面白かった。

さて、明日から休日+出張。たくさんの初体験をしてきまっせ。わくわく。

……

「内川は首位打者になれるか」を書き始めたら、ずっと追わなければいけない気がしてきた。とりあえずの速報。試合は残念な結果だったけど、こういう明るい話題があると気も紛れるね。

【内川・首位打者への道】133安打まで「19」。残り試合「25」。規定打席到達まで「8」(9月14日試合終了現在)

|

« 干支ひと回りのご愛顧に感謝 | トップページ | はるばる来たぜ…といえば »

日々の日記」カテゴリの記事