« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

2011年9月30日 (金)

マジック1

いよいよ9月最終日。マジックナンバーは「1」。ホークスのことではなくて、私の職場復帰までの秒読み。今日で休職団体専従職員の2年間が終わり、明日からは会社員に戻る。長かったといえば長かった、あっという間といえば…いや、短くはなかった。たぶん、自分にとっても悪くない経験をした2年間だった、と思う。支えてくださった皆様、ご指導くださった皆様、ありがとうございました。

と。

そんな最終日に最後の労懇。結局、書類整理などをする時間がないまま、この日を終えた。ま、10月になってから片付けをしてはいけないって決まりはないし。

1317486086301.jpg

最後の最後、焼き肉で打ち上げ。解放感っていうか、満足感というか。飲んだ飲んだ。おいしゅうございました。

|

2011年9月29日 (木)

自主練習

今月も残り2日。部屋の片づけでもしようと思っていたのだが、職場復帰が10月1日に決まった。しかも、助走なしの朝刊デスク。

そんなわけで、午後6時まで現在の書記局にいた後、夜は紙面づくり現場の見学。デーゲームでウエスタンの試合に出た後、ナイトゲームで1軍の試合に出る感じ。一日って、意外と長いものですな。

未明帰宅。ビート号で通勤しているので、いつもの店への寄り道はまた今度。体が朝型になっているので、日付を大きくまたいで働くのに慣れることができるかなあ。仕事内容には不安はないけど、体のことが心配。

|

2011年9月28日 (水)

臨時大会

労連会議2日目を欠席して、朝から帰広。今度は午後から我が方の臨時大会。ここで新役員が選出され、晴れて私の退任が決まる。節目の時だ。

普段、新幹線の中では本を読んだり、映画を観たり、文章を打ったりすることが多いのだけど、今日は少しだけ本を読んだ後、爆睡。4時間乗っているうちの2時間ぐらいは寝ていたと思う。かなり疲れが取れた。

午後4時、臨時大会スタート。滞りなく終了。その後、次期役員に機関紙の作り方を教えたり、引き継ぎをしたり。気がつくと午前様。

ふにゃふにゃ。お疲れさまでした、オレ。

|

2011年9月27日 (火)

無理な新橋かけないわ♪

朝から東京出張。JRで通学している上の娘が「JRに乗るんだったら、一緒に行こうよ」と言う。娘はいつも駅まで妻に送ってもらっており、一緒に乗っていけば交通費を少し減らすこともできる。

私が乗る便は、広島駅を午前8時37分発のぞみ。娘が乗るのは宮内串戸6時34分発の在来。広島駅まで20分ちょっとで着くから、ちと早い気もするが、ギリギリになって慌てるよりマシだろう。

そんなわけで。午前5時台起床。「お腹が空いたら、お、おにぎりを食べるんだな」とできるよう、妻におにぎりをつくってもらった。午前7時前のJRって早朝だと思ってたけど、通勤の人がたくさん乗ってくるのね。意外と満員電車。

にしても「一緒に行こう」と誘ってきた娘は、電車の中で特に何かを話すでもなく。ま、いっか、娘が普段どういう環境で通学しているのか知るのも悪くない。

1317484117866.jpg

1317484128362.jpg

昼過ぎ、東京着。イケメン隊長としては、まずはどこかで麺を食べなければならない。お茶の水をふらふらしていたら、行列ができている豚骨ラーメン店を発見。「博多天神」という名前が不思議。500円で替え玉1回無料。味は「まあまあ」と書いておこう。

夕方まで労連会議。役員が代わって初めての会合。知っている人も何人か、知らない人も多数。懇親会で2時間ほど飲んだ後、新橋でT先輩と待ち合わせ。

1317484133034.jpg

サラリーマンの街って、雑多な感じが落ち着くなあ。広島でいうと横川みたい。「とんつく」という看板が何を出す店か分からなかったが、豚のつくねのことだった。鶏より濃厚な感じがうまうま。

1317484137754.jpg

田舎と東京で違うのは、立ち飲み文化。こちらにくると1坪か2坪ぐらいの敷地で、立ち飲み屋があちこちにある。店構えから、甘く考えていたが、出す物はうまい。しかも安い。次に東京に来る時は、最初から新橋の立ち食い寿司店を目指そうかしら。

結構いい感じに飲んだ。ホテルの最寄り駅は水道橋。適当に乗り換えていたら、御徒町に着いていた。ありゃ、どっかで間違えたわ、こりゃ。御徒なことが起きましたとさ。

ホテルに戻り、布団もかぶらずに爆睡。飲み過ぎたというより、午前5時台に起きたのが理由だと思う。いや、結構飲んだことは飲んだけども。

|

2011年9月26日 (月)

チーム武雄と太陽光村

やりたいけれど、どうやればいいか分からない。他人の役に立ちたいけれど、自分から一歩が踏み出せない。そういうことはあると思う。恐らく、今、日本中のあらゆるところで多くの人が思っているであろう「震災復興のボランティアに参加したい」。私もどうすればいいか全く分からなかったが、岩手日報の仲間の尽力により、現地を訪れ、ほんの少しだけお手伝いをすることができた。

広島からでも東北は遠い。それよりさらに400キロも西、佐賀県武雄市がボランティアを募ったところ、100人が応募。先日「チーム武雄」第一陣が陸前高田に向かったという。

素晴らしい。佐賀新聞ほかの情報によると、バスの移動時間は24時間。疲れた体での作業は大変だったことだろう。けれど、そこまでしても「何かをしたい」気持ちが市民の中にある。市民の気持ちを迅速に形として提案する。樋渡・武雄市長の姿勢には心から敬意を表したい。

高校3年間を過ごした武雄市は、実家こそないものの、私にとっては故郷の街。樋渡市長の風貌は、私より10歳ぐらい上に見えるけど、高校は1学年下。面識はないものの「東大を受ける賢い人」の存在は知っていた。だって、当時、佐賀県全体で東大に合格する人は一ケタの時代。有名人くさ。

市長のブログを読んでいて面白い発想だなと思ったのは「太陽光村」構想。同市若木町に、太陽光発電所と住宅地を造成するという。発電パネルは屋根の上ではなく、エリアを設けて設置するらしい。

「地面にパネルなんか並べて、土地がもったいない」という人は若木を知らないからそういうことを言う。よく物の例えに使う「草木も生えない」の逆、「草木しか生えない」というと言い過ぎだけど、自然豊かな町、それが若木。自然があって、最先端の技術の住居がある。最も古くて最も新しい。あと必要なのは仕事かな。それが一番問題だけど。誰か、作家センセイを誘って住んでもらい、情報発信してもらったらどうかしら。

と。

持ち上げてばかりでは私らしくない。

市長の話は良きにつけ悪しきにつけ、いろんな話が入ってくる。まあ、前例を変えようとすれば反対が起きるのは必然で、そのことは当然といえば当然。だけど、議員に対する批判を実名でブログに書くのはかなり違和感がある。

「表現の自由」って、言いたいことを何でも言うのと同義に間違えられやすいけど、そういうことじゃないんでね。それに、私の抱く違和感の大きな部分はたぶん「大人げない」と感じること。私が直に取材した政治家は多くはないけど、魅力ある人ってのは懐の深さを感じさせる。飲みの席でも、絶対に対立陣営のことを悪く言ったりしない。そういうのって案外、大切なのではないかと思ったり。

今日の日記も。

28日の臨時大会へ向け、最後の準備。午後8時過ぎ退社。

1317093961356.jpg

早く帰るつもりが、ふらふらっとラーメン店へ。だってだって、お腹空いたんだもん。うま濃辛麺850円。麻婆豆腐っぽいと思ったら、本当に絹ごし豆腐が入っていた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月25日 (日)

運動会その2

今日は下の娘の小学校の運動会。中学校、小学校、幼稚園と2週間おきに運動会がやってくる。秋のイベント目白押し。今日は晴天に恵まれてよかった。

1317087851271.jpg

テント内の場所取りがあまりよくなかったのか、弁当の時間、日が入ってきた。背中が暑いよお。

午後一番の種目は、保護者の綱引き。非力ながら参加した。学校行事があるたび、妻から「今度の○○は出れる?」と尋ねられるので、えらく熱心だなあと思っていたら。今のPTAはポイント制になっていて、運動会出場なら何点、PTA新聞作りに参加したら何点、と加算されていくそうだ。10点だかを超えたら「クリア」。ゲーム世代を喜ばせるためか、はたまた、こういうことでもしないと無関心な人が多いのか。

その割に、綱引きのチーム分けは適当。うちの娘は赤組だったけれど、小学4年生の保護者は全員が白組だそうな。得点種目じゃないにしても、親のやる気がそがれるし、子も応援に熱が入るまい。ポイント制よりも、先にできることがある気がしますよ。

1317087866193.jpg

来年入学予定の未就学児の徒競走には30人弱が参加していた。少子高齢化が進む団地だけど、それなりの人数はいるんだなあ。ただ、ほぼ3分の2が男子だったのはなぜだろう。女子の不参加が多かったのかしら。

久しぶりに自転車に乗った。オデッセイ号で家族と荷物を学校まで運び、車を置きに帰宅。歩いて学校に向かってもよかったのだけど、急にパシフィック18号が懐かしくなった。1週間後にはいよいよ職場復帰。自転車通勤を再開しようかな。

夕方からごっつり昼寝。朝まで寝そうな勢いで爆睡。ひところ、夜でも昼寝してもうなされていたが、最近はよく眠れる。いいことだ。悩みの種をまいてくれる人、頼むからもう私に構わんとってください。

|

プロ野球Data&Liveとかビューンとか

久々にiPhone&iPadアプリの話でも。関係ないけど「とか」って、ブログを書くまであまり使わない言葉だった。先日、労連委員長が「ウォッカ」のことを「ウオトカ」と呼んでいて「魚とか」と聞きまつがい。「ウオトカ」の方が原音に近いのだそうだ。

まずは「プロ野球Data&Live」(シーズンパス1,800円)。記録マニアというものは、翌日の新聞が待てない。試合が終わるとすぐに順位表やら個人成績が気になる。ただの数字の羅列を眺めるだけで、酒が何杯でも飲める。ご飯のおかずにはならん。

そんなマニア心をくすぐるアプリ。開幕当初はかなり期待していた。試合中は一球ごとの速報があり、試合後には記録が即座に確認できる。まさに私が求めるものだった。

ところがどっこい。一球速報は更新が遅く、全く使いものにならない。それなら順位や個人成績はというと、こちらも更新がデタラメ。

1317102845777.jpg

「9月25日終了時点」と書いてあるが、規定打席に到達した内川の名前がない。掲載されている記録は2日前か3日前のまま。更新が多少遅いだけなら我慢もするが、日付だけを更新するなんて、バグを通り越して詐欺じゃん。ホークスの優勝マジックも全然減らないし。

1317085777512.jpg

このアプリが「クソゲー」に値するのは、作った人から、プロ野球に対する愛が全く感じられないこともある。その理由の一つが球団の並び順。通常、前年順位を使うか、もしくは可能であれば直近の順位に従うはずだ。

ところがこのアプリは、セが「巨人、ヤクルト、横浜、中日、阪神、広島」、パが「日本ハム、楽天、ロッテ、西武、オリックス、ソフトバンク」。何でカープとホークスが一番最後なんだよ。ホークスは昨年のリーグ覇者だぞ。

この順番に法則を見つけるとすれば「北から順番」。私が知る限り、プロ野球の紙面で、球団の並びをこうする場面は一度だってない。しなければならない必然性もない。特定の球団を無理矢理、先頭に並べたいだけなのかも。

こんなものを平気で世に出す会社が作るアプリは買ってはいけない。バグ情報は読みたくないから売らないで。百円やるからどっか行ってくれ。既に1,800円払ってるけど。

……

お次は、iPadで重宝している「ビューン」(アプリは無料。月額更新450円)。数十冊の雑誌、日刊紙の一部、もしくはビューン専用紙面を読み放題できるアプリ。読み込みに時間が掛かるなど難点はあるが、時間に余裕がある自宅のWi-Fi環境で更新しておけば、新幹線の中などでゆっくり読める。

23日(祝)は朝から東京行きだった。2日前の21日、移動中に読むためにまとめて更新しておこうと開くと、バージョンアップ情報があったのでアプリも更新した。すると、何度タップしても「30日間450円で継続できます」「購入処理中です」の文字が出るばかり。紙面を読む画面に進めない。アプリを一度削除し、再インストールしても同じ。

21日夜、問い合わせメールを送った。どうせ「原因を調査中です」などの決まり文句が送られてきて、東京行きの前に修正は無理だろう。そう思って諦めていた。

翌22日朝。予想に反してすぐに返信が来た。必要な情報をさらに返信。午後7時過ぎ、原因と課金システム不具合修正の連絡が来た。「祝日と土日は対応しない」旨、サイトに記されていたので週明けを覚悟していたが、すぐに対応してくれるとは。

今回の不具合とは別の質問もいくつか書いておいたが、はぐらかすことなく、腑に落ちる回答をくれた。このアプリに関しては毀誉褒貶あるけれど、こういう対応をしてくれると応援しようかという気になってくる。

もう少し使いやすくなって、端折るページが減ったなら、月2,000円以上払ってでも読みたい。よろしく。

|

2011年9月24日 (土)

シルバーさん

シルバーウイークって、何度聞いても耳になじまないなあ。見出しにする場合も文字数が多いし。ゴールデンウイークにおける「黄金週間」「GW」みたいに簡単な省略方法が確定すれば、もっと使いやすいのに。

一昔前、オリンピックを「五輪」と略したり、文字数を短くして見出しに取りやすくすることは、新たな言葉を定着させるために必須だったと思うけど、昨今、さほどこの点が重要視されていないように感じるのは、メディアにおける相対的な新聞の地位低下によるものだろう。切ないね。「M-1」は新聞的だけど「キングオブコント」は新聞的じゃない。

1317077305882.jpg

そんな銀週間(←やっぱり、かなりの違和感)。東京ドームで野球観戦…なわけではなく。ドーム横を通って会議会場へ。東京に来るたび、東京ドームを見るけど、中に入ったのはかれこれ15年以上前。ファイターズがまだ東京にいて、ホークスの秋山監督がまだバリバリ現役だったころ。左翼席で観ていて、自分の頭を越えて看板にぶつかる一発を見た時はたまげたなあ。

そんな「絵になる男」秋山さん。監督になってから、何となく地味なイメージがあるのはなぜだろう。選手時代の実績は申し分なく、監督としてもリーグ連覇を果たそうとしているのに。ま、監督は派手さは不要だし。監督更迭の理由に「客を呼べない」なんて言ってるフロントはおかしい。某友好紙の球団を見ていてそう思う。

1317077312988.jpg

昨日はラーメン二郎。今日は労連委員長ご推薦、あっさり系「雅ノ屋」。煮干しと鶏ガラのダブルスープ。トッピングの煮干し粉末がスープによく合う。広島でも魚介系スープはじわりと浸透しつつあるけど、魚は日本人の舌にハマるのかもね。

今回選んだのは醤油ラーメン。麺は太麺。店側の自慢の品は塩ラーメンだそうで、麺は細麺。次回は細麺の塩、大盛りを頼もうっと。

1317077314911.jpg

新幹線の便の都合があり、会議終了の1時間ほど前に退席。JR御茶ノ水駅に向かう。御茶ノ水と聞けば「博士」を思い出し、水道橋といえば「博士」を思い出す。神田を通れば、やっぱり「博士」……って、神田博士って誰だよ。

午後10時前、帰宅。ドアトゥードアで東京から約5時間。速くなったとはいえ、陸路の移動には限界がありますなあ。ルンルン♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月23日 (金)

今さら二郎

午前5時台起き。睡眠4時間だと眠いね、むにゅむにゅ。

午前6時過ぎのバスでJR最寄り駅へ、午前7時20分発のぞみで東京へ。のぞみ回数券を持っているので、窓口で座席を確保する。窓際を希望したら「残りは5席、すべて3人掛けの真ん中」とのこと。ありゃま。

窓際を確保したいのは、景色を見たいからではなく、iPhoneを充電したいから。N700系だけなのかよく知らないけど、のぞみの指定席、自由席は窓側にコンセントが一つある。車両の最前列、グリーン席は一席ごと。

出掛ける時には充電満タンにしていても、メールを送受信したり、乗り換え検索アプリで最新情報を見たりすると、充電マークがどんどん減る。特に新大阪ー東京間はWi-Fiが使えるので、ついついネットを使ってしまう。

iPhone&iPadはかなり便利なツールだけど(+pomeraさえあればパソコンを持ち歩く必要がほぼない)、充電池だけは課題ですな。先週の北部方面イケメンツアーでも、途中で何度も切れそうになった。

結局、指定席を確保したけれど、窓際が空いていた自由席へ。たまたま、広島発を選んでおいて助かった。

1316841188720.jpg

昼前、東京着。会議時間より、ちょいと早めに到着する便を選んだ理由はこれ。ラーメン二郎を食す。大盛りコッテリ極太麺。イケメンツーリストとしては食べないわけにはいかないでしょう。

1316841195300.jpg

祝日でも開いている池袋東口店を選択。ラーメン(700円)にニンニク、アブラ(豚の背脂)。初心者なので野菜マシやマシマシは遠慮。

1316841196525.jpg

極太麺がスープを吸い過ぎないよう、麺が野菜の上になるように交ぜて、と。うむ、こってりスープは私の好み。

1316841198204.jpg

ぷっふぁ~、食べた食べた。満腹感と同時に、征服感にも似た満足感。この感じがジロリアンと呼ばれるコアなファンを生むのかな。

にしても。わんこそばとかラーメン二郎とか、胃袋をいじめてばかり。若くないし、基礎代謝も落ちてるから、も少し体をいたわる食べ物を選んだ方がいいんだろうなあ。でも食べたい。

本郷に移動して、本来の目的地へ。「MIC=日本マスコミ文化情報労組会議」の地方代表者会議。地方にある似たような組織同士でも、その活動内容や結びつき具合は全く違う。いろいろと勉強になった。

午後9時前、ホテルチェックイン。今日は早めに就寝。ベッド上でiPhone使ってデーゲームの結果をチェック。ホークス勝利、マジック対象チーム敗戦。うふふっ。寝ている時も、ゲップがニンニク臭。恐るべし二郎パワー。

【内川・首位打者への道】
打率.332
133安打まで「12」
残り試合「18」
最終規定打席まで「54」
ホークス優勝マジック「10」
(9月23日試合終了現在)

|

2011年9月22日 (木)

スカイラブを知ってるかい

人工衛星がどこに落ちるのか、ちょっとした騒動になっている。私が小学高学年のころだったか、スカイラブ騒動があった。子どものころで記憶も定かではないのだけれど「人工衛星が日本に落ちるかも」という情報だと私は理解していた。

ネットで「スカイラブ」を検索してみた(真偽にやや難あり)。スカイラブ計画とは、アメリカが初めて建設した宇宙ステーションで、1973~79年まで地球軌道を周回。9人の宇宙飛行士が滞在したらしい。大気圏突入は1979年7月11日。オーストラリアに落ちた。

勝手に記憶の中で人工衛星だと思っていたけど、もっとデカい物のようだ。10歳のかげさん少年は「地球軌道を回る物=人工衛星」だと決めつけていたのだろう。

最近、数日前の記憶も怪しくなっていく中、30年以上前の「スカイラブ」の記憶の引き出しは今もガタつかずに開けることができる。こういう自分の体験を思うと、子どもにはゆとり教育より、詰め込み教育の方が将来のためになるのではないかと感じる。

数百匹のポケモンの名前を覚えるように、ゲーム感覚で元素記号表を覚えさせたりとか。ピチュー→ピカチュウ→ライチュウのごとく、メタン→エタン→プロパンを覚えさせるとか。

今日の話も。

夕方から頭の中がラーメンで一杯になった。陽気にしようか、こってり天下一品にしようか、あれこれ悩んだ結果。


1316838529895.jpg


つばめの中華そば(600円)。おでんの卵(100円)をトッピング。

明日は朝から東京へ。

|

オイル交換と最近の燃費

ビート号の最近の燃費(8~9月分)。

8月7日
給油量19.25L、走行距離324.0km、燃費16.83km/L(141円/L)

8月31日
給油量20.13L、走行距離328.6km、燃費16.32km/L(135円/L)

9月20日
給油量20.47L、走行距離341.9km、燃費16.70km/L(134円/L)

---------------

17km/L超えを続けていた6~7月から一転、16km/L台が続く。ま、昨年は15km/L台に落ち込んでいたから、それと比較すればまだいいのかも。

ビート号のお手入れもう一つ。9月13日、オイル交換をした。elf EXCELLIUM SPK SM 5W40(3L、4,580円)。

1316829425047.jpg

1316829431336.jpg

ついでに添加剤SOD-1とやらを入れてみた(2,980円)。公式サイトによるとSOD-1はエステルをベースとして製造された化学合成オイル添加剤。循環系統付着物の還元と性状アップを目的とした予防整備製品、だそうだ。燃費向上、パワーアップ、排気ガス低減の効果があると書いてある。その通りなら、良いことだらけ。

信じる者は救われる。オイル交換して運転すると、何だかエンジンがスムーズに回っている気がする。低速時に安定感が増した気がする。「気がする」だけで、何の根拠もない。燃費向上に効果があるのかどうか、次の給油時を楽しみにしておこう。

|

2011年9月21日 (水)

シルバーど真ん中の平日

シルバーウイークとやらのど真ん中。3日休んで、3日働いて、3日休み…だそうな。平日にしか連絡が取れない人がいるので、あれこれ。

1316838867353.jpg

トイレにおいてある四字熟語カレンダー。「雲集霧散(うんしゅうむさん)」と書いてある。集まっては消えていく意。類義語として「離合集散」。「雲散霧消(うんさんむしょう)=跡形もなく消える意」と似た語感だけど、意味はやや違う。

イインチョが「かもめの玉子」早食いに挑戦。

ホークスの話。ついに内川が規定打席に到達。.336で首位打者に登場した。このところ当たりが止まっているけど、そのうち固め打ちするでしょう。

それより、小久保さん、松中さんのいないスタメンは寂しい。ポストシーズンが心配。リーグ優勝の方は心配無用。あとは交流戦も含めたスーパー完全優勝ですな。妥当バファローズ。

【内川・首位打者への道】133安打まで「12」。残り試合「20」。最終規定打席まで「58」。
ホークス優勝マジックは「13」。(9月21日試合終了現在)

|

2011年9月20日 (火)

いよいよ内川が首位打者へ

6日ぶりの出社。久しぶりだなあ。いや、まあ、ずっと遊んでいたわけではないけれど、ブログをたどったら、旅行を満喫している人にしか見えん。

久しぶりだったので、ついいつもと感覚が違う。ケータイを持って出るのを忘れた。たまに忘れると、何か急な用事があったりしないかとドキドキする。滅多なことで緊急なことはないし、もしそういうことがあれば職場に電話がくると思うのだけど、落ち着かない。依存体質になってしまったのねん。

ホークスはサヨナラ負けを喫したけれども。内川は1安打も打てなかったけれども。21日の試合で内川が5打席立てば、ついに首位打者に登場。もしそうなれば私の予測よりもかなり早い達成でしたな。順当ならば、23日のイーグルス戦終了後か。

20日終了現在の内川の打率,339、栗山(L).321。2分近い打率の差があるから、このまま簡単に首位打者になれるのではないかと思う人もいるかもしれないけれど。内川の打席数383、打数357、安打121。シーズン終了時点での規定打席にはなお63打席足りない。仮に「認定首位打者」を目指し、足りない打席分をそのまま打数に当てはめて打率を計算すると。420打数121安打で打率は.288。意外と平凡。

さらにいうと。四死球&犠打犠飛の数が伸びておらず、今のペースでいくと、当初計画の133安打を達成しても、想定打率の.320に届かない。このままだと、2安打プラスの135安打への上方修正が必要。

あれこれ計算をした結論は「最終戦まで全試合に出場して、毎日1安打ずつ打ちなさい」。ハードル、上がってますよ。ま、昨年までの個人成績オンリーではなく、チームとしての目標があるからハリは出るでしょうけどね。

【内川・首位打者への道】133安打まで「12」。残り試合「20」。規定打席到達まで「1」。ホークス優勝マジックは「14」。(9月20日試合終了現在)

|

2011年9月19日 (月)

わんこリベンジ

盛岡でのすべての日程が終わり、あとは無事に帰るだけ。けれどもけれど。前回のリベンジを果たさずに盛岡を離れるわけにはいかないのであーる。


1316429161716.jpg


わんこそばの「東家」。前回は二日酔い&朝食を食べた後の午前中の挑戦という条件とはいえ、食べたのが53杯。店の人によると「男性の平均は45~50杯」とのことだが、複数の経験者の証言では100杯超の人ばかり。リベンジせねばなるまい。


1316429166922.jpg


というわけで、121杯。コツは同じペースで食べること…いや、飲み込むことのようだ。噛まない、時間を空けない。いかに長時間、満腹中枢を黙らせておくか。そこが勝負とみた。


1316429172848.jpg


所得倍増計画ならぬ、わんこ倍増計画を無事完了。何ともいえぬ達成感ですな。


1316429182639.jpg


午後3時過ぎ、さようなら盛岡。また会いましょう盛岡。はやて、のぞみを乗り継ぎ広島へ。この日記は午後8時前、のぞみの中で暇つぶしがてら書いている。


1316447842213.jpg


15日から今日までの5日間、私の相棒としてお付き合いしてくれた乗車券クン。特急券クンは降りる度に脱落していくが、乗車券クンだけは常に私のそばにいた。そばを食べる時も。さようなら、乗車券クン、こんにちは、わが自宅。

日付変更線を超える前に帰宅。

|

2011年9月18日 (日)

現地を歩く

朝から、岩手県内でも津波の被害が大きかった陸前高田、大船渡へ。物見遊山のようにぞろぞろ歩くと現地の人に迷惑ではないかと思ったが、案内してくれた地元紙の方は「ありのままを見て、ありのままを伝えてくれることが現地にためになる」と言った。

ただ、ブログでありのままを伝えるのは、はばかられる。今回現場で見たこと、聞いたことを詳しく書く場として、ここはふさわしくない気がする。写真はいつか相応の場で。

盛岡から陸前高田、大船渡までバスで片道2時間以上。ボランティアに参加した時もバスで往復した。現地に泊まり、朝からすぐに作業に入れたら時間的にも楽だが、宿泊者の受け入れは難しいらしい。

夜、盛岡中心部から車で30分、つなぎ温泉へ。宿泊したところは、つい7月まで被災者を受け入れており、ほかに泊まっているのは警察関係者ぐらいだったという。経営的にも大変だったと思うけど、ここの大浴場に入れば、その時だけでもリラックスした気持ちになれたかもしれない。

私はNHK朝の連ドラを観る習慣がないのでよく知らないのだけど、この旅館は「どんど晴れ」の撮影に使われたようだ。大杉漣が風呂に入っているシーンの写真が廊下に張ってあった。

1316427645849.jpg

昼に食べたバニラ&ワサビソフトクリーム(250円)。甘さとピリっとした辛さが絶妙に合う。ワサビクリームオンリータイプを食べた人によると「ピリピリするだけだった」とのこと。ま、普段の食事でもワサビだけをおかずにしたりしないからね。

【内川・首位打者への道】133安打まで「12」。残り試合「22」。規定打席到達まで「2」。今日は3安打の固め打ち。もはや首位打者は確定的といっておきましょうかねえ。
ホークス優勝マジックは「15」。(9月18日試合終了現在)

|

2011年9月17日 (土)

マジック(手品ではない)

このタイトル、以前も書いたことある気がするけど気にしない、気にしない。歴史は繰り返す。

弘前から盛岡へ移動。新青森までは普通列車でも40分程度なのだけど。


1316425443449.jpg


「つがる」に乗ってみたくてね。わざわざ普通列車をスルーして乗車。到着時刻は、つがるの方が遅い。

1316269680393.jpg


昼過ぎ、盛岡着。雨の中、じゃじゃ麺を食べるために行列に参加してみたり。


1316269701678.jpg


注文してみたり、


1316269736344.jpg


かき混ぜたり。


1316269767243.jpg


ホント、これはかなりよろしい。

卵を割って、ちーたん、ちーたん、ちーたんたん!

本日、盛岡で会議。


1316425483855.jpg


さんさ踊りを初めてみた。初めて踊った。これは楽しい。ちゃんと練習してみたくなったよ。

プロ野球は結果しか知らないですけど、まあ、あれですわな(うふっ。余裕の笑みで)

ホークスが優勝したらリーグ連覇なんですけど、昨年は日本シリーズに出ていないので、何となく影が薄い感じ。最後まで気を抜かず、やっちまいましょう。

【内川・首位打者への道】133安打まで「15」。残り試合「22」。規定打席到達まで「4」。
ホークス優勝マジック「17」がついに点灯。(9月17日試合終了現在)

|

2011年9月16日 (金)

ごらんあれが…といえば

函館で見たい場所といえば、五稜郭。その五稜郭そばに「あじさい」本店があるらしい。市電で五稜郭に向かう。


1316223627716.jpg


今回の目的は「イケメン」。ご当地麺類を食べ歩くツアー。あじさいは千歳空港でも食べたけど、やはり本店に来ないとね。基本の「塩」をいただく。刺激の強い食べ物に慣れてしまった私には、少しばかり物足りなかったかも。


1316223637869.jpg


高所恐怖症のくせに、街を一望できる場所には行ってみたい。五稜郭タワーから下を見る。きれいだなあ。ただ、ガラスの近くまで行くと足が震えてしまうので、離れ気味に急いでシャッターを切っていたのはヒミツ。


1316223654350.jpg


1316223668809.jpg


「ラッキーピエロ」という有名なハンバーガー店があるそうだ。さっきラーメンを食べたばかりだけど、試しておかなければ。店内には「まいう~」な人の写真が張ってある。

JR函館駅付近まで戻り、朝市辺りから函館山までを散策。地ビールでも飲もうかと思ったら、本社から電話。本社でできること、こちらからでもできることを判断し、あれこれお願い。

ベンチに座り、pomeraを取り出し、パチパチと文書をつくる。書き上げたらiPhoneを使って送信。何だか、すっごい仕事のできる人みたい。自分の状況に少し酔ってみる。


1316223682449.jpg


今夜は弘前まで移動。初めて青函トンネルを通った。竜飛岬の下。トンネルの距離は50キロ以上。延々と続く暗がりを体験すると、その長さにあらためて感心する。

函館ー青森は約2時間。まずはここで、


1316223690667.jpg

1316223696519.jpg


「味の札幌 大西」に行き、青森のソウルフード「味噌カレー牛乳ラーメン」をいただく。ジャンクなようで、マイルドで。ついついスープも飲み干してしまう。ケータイでホットペッパーのページをブックマークしておくと100円引きになるので、訪店の際はお忘れなく。

在来線で約40分、弘前まで移動。キャリーバッグが便利なのは、満員電車で空席がなくても座る場所が確保できること。このために、いつもガラガラ引っ張っているといっても過言ではない。

午後9時半、弘前到着。駅を降りてすぐ、東の横のホテルにチェックイン。今夜は三味線を聞きながら地酒を一杯やりたい。店を調べ、電話で問い合わせたり、歩き回ったり。居酒屋前まで行くと三味線のBGMが流れているのだが、演奏は午後9時が最終や、週末だけだった。


1316223702503.jpg


かなり静かな駅前通り。結局、地酒のワンカップを買い、ホテルで独り飲み。こんな夜も悪くないよ…悪くないと思いたい。

【内川・首位打者への道】133安打まで「16」。残り試合「23」。規定打席到達まで「5」。
ハムとの直接対決初戦に勝って、いよいよマジック点灯まで「1」。こんな大事な首位攻防戦なのに「佑ちゃん、SB打線に脱帽」ってな見出しなんだよなあ。罪つくりなスターですこと。(9月16日試合終了現在)

|

2011年9月15日 (木)

はるばる来たぜ…といえば

さあ、お出掛け、お出掛けルンルンル~ン♪

今日から北へ向けて「イケメン」ツアー。またの名を麺類食べ歩き隊。独りだけど。17~19日、盛岡で同業者労組の会合がある。次の週は東京出張、その次の週も東京と予定が詰まっている。休日のまとめ取りしたいんだけどなあ。それなら、盛岡入り前の2日間に休日を取り、初めての地を訪れようと思ったわけ。

広島ー千歳間はJALのみ。株主優待券も格安航空会社もない。調べてみたら神戸からのスカイマークが直前予約でも16,800円。新神戸まで新幹線を使い、地下鉄、ポートライナーを乗り継いでも早いし安い。「球場のネーミングライツに効果はあるのか」という議論があるが、GS神戸の3文字略称が「スカイ」だったから、飛行機に乗らない私でもスカイマークの名は知っていたし、今回乗ろうとも思った。


1316106099285.jpg


神戸空港はもちろん、ポートライナーに乗るのも初めて。席を探して歩いているうち、一番前の席になった。電車でGO! 路面電車でGO!GO!な気分。


1316106115062.jpg


神戸空港の建設の時って、反対運動が起きた気がする。伊丹と関空があれば足りるだろうという理由。実際に神戸空港に来てみると、便数は予想より少ないし、その気持ちも分かる。ただ、伊丹だったら広島から新幹線を乗り継いでまで行くメリットが薄い。今回、神戸空港の便利さを知った。


1316106124857.jpg


初の北海道上陸。まず食べるのは「あじさい」のラーメン。うまうま。塩ラーメンという食べ物は奥が深いよ。塩味を引き立てるために、どんな出汁を使うか。時間があれば、函館の本店でも食べてみたい。

今回の旅の計画を立てていて判明したのが、自分の時間距離感覚がデタラメで、北海道の広さを舐めていたこと。朝から広島を出て、神戸から千歳に入り、ちょいと札幌散策して、夕方に函館に行って五稜郭に寄った後、夜景でも見るか、と当初思っていた。

時刻表を調べたら。南千歳ー函館が特急で3時間以上。え? 空港から函館に直行しても、夜なんですけど。在来特急で3時間って、九州なら隣の県か、隣の隣の県まで着くよね。

ついでにいうと。函館から青森が特急で約2時間、青森から弘前が在来約40分。いやあ、トンネルで島と島が繋がってるから、函館ー青森は下関ー小倉よりちょっと遠いぐらいかと思ってたし、青森ー弘前は広島市内の隣区ぐらいかと思ってた。甘いなあ。

新幹線の感覚に慣れると、時間距離感覚が狂う。新青森ー盛岡が1時間、小倉ー広島も1時間。完全に通勤圏内。ところがどっこい、わが家から会社まで、バスと広電を乗り継ぐと小一時間。200キロ強と20キロ弱が同じ時間だと考えると、在来線で時間が掛かるのも分からなくはない。以上、言い訳。

南千歳ー函館は、シカと列車が衝突してダイヤが乱れた。函館に着いたのは午後9時前。


1316106129653.jpg


まだ午後9時前だけど(さっきも書いた)、8つあるホームに列車は一両も入っていない。函館駅はいわゆる盲腸駅で、通過する列車はなく、すべてが終着、すべてが始発。ひっきりなしに列車が出入りしているのかと思っていたが、逆だったらしい。

イインチョから「函館に行ったら絶対夜景見てくださいよ」とアドバイスを受けた。駅からホテルまで歩き、部屋に入ったら午後9時15分。夜景が見られる函館山のロープウェーの最終は午後9時50分。荷物を置くのもそこそこに、ロープウェー乗り場に走る。走る走る。まさか、旅先で坂道ダッシュすることになるとは。


1316106133122.jpg


そんな苦労をして、10分間だけ見た夜景がこちら。北海道のくびれがはっきり見える(後で聞いたら北海道のくびれじゃなかったらしい)。美しい。長崎とも神戸とも違う独特の風景。無理して来た甲斐があった。いやまあ、片道3分のロープウェーの料金が往復1160円だったのは、ちと誤算だったけど。

【内川・首位打者への道】133安打まで「17」。残り試合「24」。規定打席到達まで「6」。5打席立てる日が続いたので、意外と早く首位打者に登場できそうですな。投高打低の今年、最後まで3割4分台を確保できたら本当にすごいと思う。(9月15日試合終了現在)

|

2011年9月14日 (水)

母校訪問

印刷に出した書類に致命的(かもしれない)ミスを発見した。こいつはヤバい、すぐに来てもらおうか。いや、自ら足を運んだ方が早かろう。千田町の印刷会社へ自転車を走らせる。

千田町。そこは青春の思い出の地。18歳から22歳までの4年間通った母校があった町。いや、私は3月生まれだから、通ったのは18歳から21歳まで。いやいや、大学4年の後期はゼミの日とソフトボールする時以外は通ってないから、3年半。いやいやいや、1~2年の時だって毎日ちゃんと通っていたわけじゃないから…(以下略)


1316080799135.jpg


統合移転が完了し、わが母校は東千田公園と呼ばれるようになった。久しぶりに中に入ってみる。正門からまっすぐ奥の理学部棟までは、初代学長にちなみ「森戸道路」と呼ばれる。


1316080814062.jpg


今は道路とその両端の並木だけが残っているが、ここを歩くと右側にあった学生会館、教育学部棟、左にあった体育館、総合科学部棟などなど、頭の中に浮かんでくる。


1316080824978.jpg


官房長官は自動車部の出身だそうだ(学部名ではない)。今は駐車場となっている辺りかその手前、廃車となったような車が積み上げてあった。その辺りに自動車部の部室があったように思う。


1316080841892.jpg


法学部&経済学部(もっと以前の政経学部)の正門付近。合格発表を見た時「この街で4年間を過ごすのかあ」と思った。まさか、あれから四半世紀を過ぎた今、広島に居を構えて住んでいるとはねえ。感慨深い。

行きつけの雀荘、中華店、喫茶店、理髪店、コンビニ、レンタルビデオ店…すべてなくなってしまった。考えてみたら、勉学に関わる行きつけの店がないなあ。正門近くに古書店があったけど、行きつけってほど行ってないし。思い出をたどると、いかに勉強をしない学生だったかが分かる。

言い訳みたいになるけど、判例集などを読むのは好きだったよ。この1年、労働法関係のケーススタディ集を堂々と業務の時間に読むことができ、為になったし面白かった。

さて、明日から休日+出張。たくさんの初体験をしてきまっせ。わくわく。

……

「内川は首位打者になれるか」を書き始めたら、ずっと追わなければいけない気がしてきた。とりあえずの速報。試合は残念な結果だったけど、こういう明るい話題があると気も紛れるね。

【内川・首位打者への道】133安打まで「19」。残り試合「25」。規定打席到達まで「8」(9月14日試合終了現在)

|

2011年9月13日 (火)

干支ひと回りのご愛顧に感謝

ウェブ日記を書き始めたのが1999年9月15日。2日後に満12年を迎える。12年といえば干支ひと回り分、思えば遠くへ来たもんだ。あの年は九州にやって来たホークスが初めて優勝した年。たまたま事前にチケットを取っていた試合で優勝を決めてくれた。日記を振り返ると、かなり浮かれまくっている。当時のアクセス数は一日30~50ぐらい、友人・知人がほとんどだったと思う。

10年ひと昔、12年ひと昔。個人的なことをダラダラ書くだけなので、面識のない人が読むようなブログではないと思うのだけど、あれこれ検索に引っ掛かるようで、最近は一日に3ケタを超える人がアクセスしてくれている。数千、数万アクセスの人気ブログには遠く及ばず、っていうか、アクセス数を増やそうという努力もしていないし。そんな状況で100人単位の人が見ていると思うと、本当にありがたいし、気合を入れてダラダラ書こうと意欲が沸くってもんだ(え? 困るって?)。

アクセス解析を見ると、Googleでこのブログがトップページに表示されるワードがたくさんある。「iphone ティンカーベル」「iphone 最近使用した」はトップページの最上段(なぜだ?)。このほか、ビートもの、iMac改造もの、動画エンコードものがトップページ表示で「ホンダ ビート 純正リアスクリーン」「ビート ウェザーストリップ 交換」「ビート用 カーステ」「iMac 電源ユニット」「macmini 開腹」「dsi LL 動画 作成」などの検索ワードが並ぶ。「福岡 ビートオフ会」ってのもトップページに出るんだけど、福岡までオフ会に行ったことないなあ。このほか、ゼニ関係では「ろうきん借り換え」「小銭貯金」が多い。

iPhoneアプリに関しては正直、役に立つ情報は提供できていないと思う。申し訳ない。ビートのリアスクリーンあれこれ、ビートにDIN規格カーステ設置などは、それなりに参考になるかもしれない。特に、リアスクリーンのガラス化は工夫して何度か縫い直したし、自分でも出来栄えには満足している。時々、問い合わせのメールも来る。欲しい方がいれば、数個分の材料はあるのでお分けしてもよろしいですよ。ただし、高価にて。嘘です、適価にて。

そんなこんなのブログ。「アクセス数は気にしない」と書きながら、何度も「気にしない」を連発するってのは、気にしている一番の証拠なんですけどね。書きながらちょっとだけ心配したのが、iMacやビートの情報を得ようと検索して、このエントリがヒットしてしまわないかということ。「愛車ビート号」のまとめはこちら⇒、「iMacな日々」はこちら⇒をご覧くださいませ。

さて、今日の日記も。

午前中、ビート号のオイル交換へ。少しずつ阪九フェリー…半休を取ったりしている最後の9月。自分で自分を褒めてやる必要はないけど、休めなかった分を消化してもいいと思う。

仕事は他単組へ送る文書を作ったり、送ったり。社内用文書を作ったり、渡したり。外部へ文書を送ったり、送ったり。

【内川・首位打者への道】133安打まで「21」。残り試合「26」。規定打席到達まで「9」(9月13日試合終了現在)

|

内川は首位打者になれるか

9月13日の試合前現在(つまり9月11日終了現在)、パ・リーグの首位打者はライオンズの栗山で.319。最終的な規定打席は144試合×3.1=446打席で、既にクリアしている。チームとして首位を走っているホークスで現時点規定打席に達しているのは本多、松田、川崎の3選手。全日程終了時点での規定打席も既にクリアしている。けど、優勝(しそうな)チームから3人というのは、いかにも寂しい。ホークスの残り試合は27。休んだり出たりしていた選手の成績をみると、

内 川 .336 352打席(残り94打席、残り全試合出場で1試合平均3.49必要)
小久保 .266 348打席(残り98打席、3.63必要)
長谷川 .275 346打席(残り100打席、3.71必要)
松 中 .309 302打席(残り144打席、5.34必要)
カブレラ.237 299打席(残り147打席、5.45必要)
多 村 .234 291打席(残り155打席、5.75必要)

松中、カブレラ、多村はフルイニング出場はまれで、残り全試合に出場且つ1試合平均5打席以上立つことはほぼ不可能。この時点で規定打席に達する可能性があるのは内川、小久保、長谷川の3人。「規定打席到達=レギュラーメンバー」みたいなものだから、6人ぐらいはレギュラーと呼べる選手が欲しい。

この中で注目は内川。首位打者獲得は可能なのか。まずは規定打席に達しての首位打者パターンを考えよう。3番打者がフル出場なら1試合平均4.2打席程度になると思うが、ここでは計算をしやすくするため、スタメンフル出場で1試合当たり4打席ずつ立つと仮定する。

現時点(117試合消化)での規定打席は363打席。まだ11打席足りない。1試合出場するたび規定打席に0.9打席ずつ近づいていくので、必要試合は13試合。ちょうど130試合目で到達する。私の子ども時代の試合数なら最終戦に急に現れて首位打者誕生! ザ・ベストテン的にいうと「今週の1位は…初登場の内川さん!9万9999点~~」。このまま試合中止がなければ、9月27日にいきなり内川が首位打者に登場するので、スポーツ面担当者は読み物の掲載が必要だな、と頭の片隅に置いていただくとありがたい。

ただ、130試合目に打撃10傑のトップに躍り出ても、最終的に規定打席に達するためには残り27試合中24試合のフル出場が必要。休めるのは3試合だけ。リーグ優勝を決めた後(優勝することに決めた)、ビールかけもそこそこに翌日、1軍半の選手がズラリとスタメンに並ぶ中、打席数稼ぎに「1番内川」が登場する可能性も。規定打席まで到達するにはかなり無理がいる。

別のパターンの首位打者もある。日本プロ野球の1軍では前例がないが「認定首位打者」というやつ。「規定打席に満たない場合に不足分の打席を凡打として加算し算出された打率が規定打席到達者の打率1位の値を上回れば、規定打席未到達でも首位打者と認定する」という野球規則。こっちのパターンも考えてみよう。

まず、規定打席に達した選手の打率1位を.320と仮定する。目標打率が分かれば、足りない分を凡打と仮定して逆算するために、内川に必要な安打数が導かれる。

現在の内川の成績は327打数110安打(352打席)。規定打席に必要な打席数は94。内川の現在までの四死球+犠飛+犠打が打席数に占める割合は約7%。今後もこの比率通りに四死球、犠飛、犠打を記録するとすれば7打席分。つまり94打席−7打席=87が、今後の打率計算のために加算される打数。余談だけど、内川って四死球が少ないよね。打率.336で出塁率.364。ちなみに松中は打率.309、出塁率.382。松中最強伝説の独り言はこちら→

話を戻して、と。

現在の打数327に87打数を足すと、414打数。最終的に133安打を打てば、足りない打数分を凡打したと計算しても打率.321となり、仮定した規定打席到達者1位.320を上回る。

現在の内川の安打数は110。あと23本を積めばいい。残り27試合で1試合平均0.85本。1試合1本ずつのペースなら、4試合を休んでも「日本初の認定首位打者」を達成する。規定打席到達を考えるとポストシーズンへ向けた休養が取れず厳しく感じるが、「1試合1安打以下でも認定首位打者」となると、ハードルはぐっと下がりそうだ。

…と。ちょうどこれを書いている時、内川が12号本塁打を放った。これで、今日のノルマは達成。

まとめ。
仮定に基づいた「内川認定首位打者」誕生(しやすい)パターン。
・規定打席到達選手の打率トップが.320以下
・今後、四死球+犠飛+犠打の合計が7打席
・今後追加される打数が87未満
・残り27試合で23安打以上
・4試合分を欠場

「認定首位打者」って一般的に馴染みが薄いから面白いけど(私は記録マニアなもので。小学生時代の愛読書は、カルビーの懸賞でもらった「野球ルールブック」)、本当は最後までバリバリ打って、勝利に貢献してもらいたい。

私の予想は、打率3割2分後半、ギリギリ3割3分で規定打席に達してのセ・パ両リーグ首位打者、と書いておく。鬼さん、笑って笑って大爆笑してもいいですよ。来年の話じゃないですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年9月12日 (月)

夜空見てお団子食べる日

午前4時ごろ尿意で目が覚めた。眼鏡を取らずにトイレへ歩く。近眼はひどいが、自宅にいる時は眼鏡をかけないこともある。寝ぼけ眼で外を見たら、大きな丸い明るい物が、隣家の屋根の上に輝いている。何じゃこりゃ? 目を細めると、どうやらお月様らしい。こりゃまた大きく、明るいお月様もあるもんだなあ。そんなことを思いながら、ベッドに戻り二度寝。

朝、会社に向かうビート号でラジオを聴いていると、今日は旧暦の8月15日、中秋の名月だそうな。なるほど、それであれだけ見事に明るかったわけか。時代劇などで悪い奴が「月夜の夜ばかりじゃねぇと思いねぇ」みたいなセリフを言うたび「月夜の日だって、夜はそんなに明るくあるまい」と思っていたけど、全然違うもんだね。特に、街灯のない時代、そりゃ満月が輝けば、そりゃ明るかったろうて。

朝から税理士事務所のセンセイに来ていただき、日々の帳簿の付け方の練習。どれだけ丁寧に帳簿を付けても、現金が合わなければ経理は0点。その特効薬は一つ。現金を扱わない。手間が掛からないシステム構築を目指そう。

昼前、製本業者へ。先週末、自前で印刷した文書50冊を綴じてもらう。事前に聞いていた額より、1冊当たりの値段はさらに安かった。以前からこんなに安価だったのか、それとも競争で値下がりしたのか。「自費出版するとン百万円」という話を聞いたことがあるけれど、著作権をここが持っている絶版本は、オルフィスを使って印刷し、製本業者を活用したらいいんじゃなかろうか。販売するようなクオリティにはならないけれど、広く読んでもらうには十分堪えうるレベルだと思う。次のプロジェクトはこれだね。

午後9時前、退社。少しずつ早帰りシフト。風呂に入ろうと思ったら、上の娘が入っていた。今日は運動会の振替休日。友だちと一緒にカラオケに行ったそうな。中学生の運動会の打ち上げにカラオケねえ。パパから言わせると、そんな中学生活は羨ましいぞ。

何せ、高校の近くの空き地にトレーラー型のカラオケボックスが初めて登場したのは、大学生になってからだったもん。中学生でカラオケを歌える場所など、そうそうなかった。テニスのコーチの自宅にあったでっかいカセットを差すやつ(8トラっていうんだっけ)を使い「北の宿から」とか「津軽海峡冬景色」を歌ったことはあるけれど。一番、若者向けの曲は「順子」だった。

早寝の習慣がついたらしい。日付変わって早々に就寝。これが早起きの習慣につながらないのがおもしろいところ。…って、おもしろくないわ。

|

2011年9月11日 (日)

放電なあ

午前7時前、目が覚めた。

     時間もあるし、もう少し寝よう。

午前10時過ぎ、空腹で目が覚めた。

      何か食べよう。

昼過ぎ、時間もあるし、もう少し寝よう。

午後3時過ぎ、空腹で目が覚めた。

         何か食べよう。

夕方、風呂も入ったし、もう少し寝よう。

夜、「ご飯よ」って言われたので起きよう。

………

……

今日は何して過ごしたっけ…。ちょいとビート号用の工作をしようと思っていたんだけど、何にもしなかったなあ。

夕飯中、上の娘が思い出したように言った。

「今朝のテレビでやってた運勢、パパは一番だったよ」

あはは。今日は平穏でいい一日でしたわい。以前、ごろごろ過ごして昼過ぎに朝刊の運勢を見たら「早起きは三文の得」って書いてあって苦笑いしたのを思い出した。運勢を執筆している人は「朝刊を見る人だから、きっと早起きしてるだろ」ぐらいに思って書いたのかもしれないけど、そうとも限らないんでね。

|

2011年9月10日 (土)

運動会

昨夜は本当にいい気になって飲んだ。千鳥だったもんで、帰りの電車でころんちゃんに「大丈夫ですか」なんて、いたわってもらったり。けど、日付変更線を越えてないから、一晩眠れば大丈夫…

…ではなかった。妻から「いっつも、こういう日の前日に酔っ払って帰るよね」と朝から小言。いや、いっつもこういう日の前日に酔ってはないと思うけど。「、こういう日の前日に」を省くのが正解。いや、それはさすがに言い過ぎ。

「こういう日」とは、上の娘の運動会。実はすっかり勘違いしていて、今日は息子の運動会だと思っていた。幼稚園までは近いし、午前中ですぐ終わるし、まあ大丈夫だろうと。上の娘の中学校は車で小一時間、それに午後までみっちりあって、あれやこれやで夕方になる。車に乗って、妻が運転し始めるまで気づかなかった。「なぜ息子は体操着を着ずにランニングシャツなのだろう」と不思議に思っていたぐらい。勘違いというか、やっぱり酔っ払いか。

0910bento

運動会といえば、お弁当。中学生のお弁当といえば揚げ物。子どものころ、炊き込みご飯のおにぎりが苦手だったなあ。今はおいしいと思うけど。

0910undo

娘が出場した「5人で棒持って走って回って戻って来る」競技。どこにいるのか分からないまま、娘たちの組は走り終わったようだ。こういう時、撮影命の妻がいると助かる。帰宅後、なかなかうまく走っている様子を確認した。

そんなこんなの土曜日。早めに寝ようっと。

|

2011年9月 9日 (金)

虫の知らせ

今日は午前中に半休を取った。やるべき仕事がいい感じに進んでいるし、休めなかった分を少しずつ消化しようかなと。朝から自宅でゆっくりし(結局、ケータイに何本か電話が入ってきたけど)、昼前に家を出た。

電車の中で「大丈夫ですか」のメール受信。何事か分からないと返信すると、本社で異臭騒ぎとのこと。大事には至らなかったようだけど、近隣の皆様、ご迷惑をお掛けしました。

夜、元祖平成吹奏楽団のパーカッション(+ホルン)の仲間と一杯。今や広島吹奏楽界ではメジャーな存在となった「元祖」。norueクンが団長を務めている。オリジナルメンバーではないけれど、私も結成初期、第1回春の演奏会から4、5回だったか、コンクールも3回ぐらいだったか、出演した。大失敗もやらかした。「緊張する時、あの時のかげさんのことを思ったらガンバれるんです」だそうな。あはは、ヘタレ奏者だったけど、役に立ってないわけではないのね。

娘が生まれて団を離れ、復帰しようと思ったら島根へ転勤となり、あれやこれやで元祖を離れて13年。今でもこうやって飲みに誘ってくれるなんて、嬉しいねえ、ホント。べらべらしゃべる、しゃべる、飲む、飲む…

終電で帰宅。自分としてはかなりまともな状態のつもりだったのだけど、あらためて思い返すとかなり酔っていた気がする。まあいいじゃん、楽しかったんだもん、自分が。

|

2011年9月 8日 (木)

自炊とその逆

役を降りる前に、整理すべきことをなるべく終えておきたい。その一つが発行物をどうするか。活動の原点として、発行物を減らすことは停滞に繋がる。一方で、外部に発注している発行物の経費を考えると、決して安い額ではない。日々の機関紙発行の経費は、紙の見直し、題字印刷の見直し等、かなり圧縮することができた。今回やるのは、年に1回発行の縮刷版。

今年度、リソグラフを更新したので、両面印刷が簡単になった。これまで印刷、製本とも外注していたが、今回は印刷をすべてリソさんで済ませ、製本だけを外注することにした。その作業をしたのが今日。

0908riso

大量印刷で困るのが紙詰まり。定期的に詰まらないといけないシステムなのか、詰まる詰まる。ガシガシ詰まる。数カ月間使ったことで、紙詰まりの傾向と対策がおぼろげながら見えてきた。そんな時には必ず、新たな紙詰まりの傾向が出てくる。しばしリソさんと格闘。

数時間掛け、どうにか印刷終了。折れないように箱詰めし、週明けに製本業者に持ち込む。これだけのことで、数十万円の出費が節約できる。「リソさん」と呼んでいるが、正確にはリソグラフではなく「ORPHIS X7200」というコピー、スキャナの複合機。 いやまあ、正確なリソグラフの定義も曖昧なのだけども。

リソさんを最大限に活用すれば、過去の文書の自炊もできるし(昨年度の議案書を試しにやってみた)、まとめ文書の印刷も簡単。どんどん活用すればいいと思う。

今日は早めに切り上げようと思っていたのに。その他の文書の校正をしていたら、あるわ、あわる変換ミス。「老妻発生状況(労災発生状況)」とか「在職脂肪互助会(在職死亡互助会)」とか、力が抜けそうな間違い。そもそも、「老妻」なんて言葉、一度も使ったことないのに、なぜにその言葉を選びましたか、PCクン。

結局、ごぜん様さま。

|

2011年9月 7日 (水)

番組はネットでやってくる

朝から顧問のセンセイと打ち合わせ。なんとまあ、驚く話を一つ聞いた。顔から火が出るほど恥ずかしい。クミアイの現状については「当事者意識を持っていない」ことが大きな問題とされているが「当事者意識を過剰に持っている」のもかなりの問題。やっていいこと、やっていけないことがある。「空気を読む」という言葉は、他人を抑え込むようであまり好きではないけれど、オトナなんだから「場をわきまえる」ことだけはお願いしたい。ま、お願いして済むんだったら、最初からしていないと思うけど。

0907okinawa

以前から気になっていた八丁堀の沖縄料理店で沖縄そば。

午後から監査の続き(2日目)。みっちりやっていただくのはありがたい。

帰宅後に時々、FC2動画を見ている。「無料であれこれ見られる」はずなのに、やれサーバーがどうしたとか、一日に何回再生したら制限するとか、面倒臭い表示が頻繁に出る。有料会員は年額6000円。月額だと500円だから、CSの安いチャンネル一つ分か、新作DVD1本分程度の料金。怪しげな会社でもないし、登録してみた。

わが家には地デジを録画できる機器が1台しかない。自室に置いていたアナログテレビはそのままで、過去に録画してHDDに入ったものを再生するモニターになっている。私がもし一人暮らしなら、地デジを機にテレビのない生活をしたかもしれない。

とはいえ、情報を扱う仕事だし、新聞だけでは世の中のことをすべて知ることはできない。FC2動画は録画し忘れた番組を出してくれる人がたくさんいる。著作権法上、どういう扱いになっているのか分からないが、そういうことが行われている。「放送と通信の融合」という言葉が数年前から叫ばれてきたが、電波を使って映像を流す必要が本当になくなりそうな気がしてきた。

|

2011年9月 6日 (火)

朗報

午後、某アプリ化計画打ち合わせ。英語書類チェックにKさん(♀)、アイコンデザインチェックにMさん(♂)に来てもらう。それなりに形が見えてきた。月内発進&発信へ。

今後の体制について朗報。まだ、スタートが見えた段階、高校野球に例えれば、県予選に出るメンバーの目星がついた段階でしかないけれど、メンバーがそろわなければ優勝もできない。これから一戦一戦、前へ向かってやっていこう…と、次期体制の人が誓うはず。

0906tokin

今後やるべきことなどをあれこれ打ち合わせ。少し気持ちが楽になった。もちろん、楽にならない部分もまだ残っている。アレの始末をどうしようかしら。漫画なら、ノビタの不始末はドラえもんが出てくるのだけど、現実世界にドラえもんはいない。

|

2011年9月 5日 (月)

辞めた首相の名前は?「それは、カンさ」

朝から会計監査。センセイに任せっぱなしにして、自分は自分の仕事をしていればいいのかと思ったら。あれこれ資料を請求されたり、質問を受けたり。意外と手間な作業なのだと知る。労組の収入はカンパ金や出資配当などを除けば組合費しかなく、収益事業ではないから税務署への申告はしていない。だからこそ、一般企業並みにきっちりとした経理処理をする必要がある。

0905hiru

久しぶりに食堂で昼食。税理士事務所のセンセイと一緒に。どこか外に出る時間があればよかったが、次の仕事がすぐにあるとのこと。「いつもコンビニ弁当なんですよ」と寂しいことをおっしゃる。そんなわけで、早い、安い、●い三拍子の我らが社員食堂へ。

0905yamagata

三拍子ついで、夜も食堂。今度は冷やし山形ラーメン。税理士事務所のセンセイが昼に食べていた。私も先日からお気に入りで、たまに食べたくなる。いつか、本物の冷やしラーメンを食べに行こう。きっと行こう。秋以降。

監査は夕方でいったん終了。続きは後日。会計士のセンセイは、若い女性のお弟子さん2人を連れて来られた。大学を出て、実務を積みながら国家資格を目指すという。1人は私の同窓生。しっかりしていますなあ。私が大学を出るころ、「企業別生涯年収」みたいな表を載せる雑誌があって、目指す会社に入ればあとは安泰、みたいな考えが周囲にあったのは事実。末期とはいえバブル景気だったし、資格はなくともどこかの会社に潜り込めた。この年になってみて、若いうちから将来を考える人の偉さがよく分かる。

|

2011年9月 4日 (日)

プチ出勤

午前中は自宅でゆっくり。午後、些細なことで不愉快な思いをする。イライラするなあ、もう。そうだ、ちょっとだけやることがあったから仕事へ行こう。

私は今、労働組合の仕事をしている。会社との協定上、来月から元の職場に戻ることが決まっている。つまりこの時期は、有終の美というか、飛つ鳥なんとやらというか、着地を失敗しないようまとめに入っているわけ。いうなれば現体制はレイムダック状態で、現役員に噛み付いたって仕方ないと思うのだけど、世の中には色んな人がいる。

色んな人のうちの一人が、組合活動を「活発にするために」ありがたいアドバイスをくださる。その人の主張を大まかにまとめるとこんな感じ。

---------------------

・非正規労働者を全員正規雇用し、相対的に全体の賃金が下がるのは仕方がない。平等をめざそう。
・だけど、自分は特別な存在だから、一般組合員以上の役職手当をもらうのが相当。
・組合活動は組合員一人ひとりの議論が大切だから、すべての情報を明らかにして活発な議論をしよう。
・だけど、自分が関わる案件については、政策的配慮で組合員に明かす必要はない。
・継続性が大切だから、以前から続いていることは同じように続けよう。
・だけど、自分は特別な存在だから、前例にとらわれずに自分の意見が通るまで主張し続ける。

---------------------

一見、相反することを言っているものの、そこを乗り越えたところに次の展開が見えてくるのでしょうな。私みたいな素人考えだと、ご都合主義のようにしか感じられないのですけど、それは修業が足りないからかしら。

あ、そうそう。「活発に議論を尽くす」ことと「自分の主張を場をわきまえず繰り返す」のって、私は全く別だと思いますよ。「似て非なるもの」でさえない。

|

2011年9月 3日 (土)

台風いっか

時速10キロ台の超低速台風。朝起きたら通過してくれていたらよかったのに、午前10時ごろテレビをつけたら「四国に上陸しました」情報。まだ、これからですか。今日は一日、外に出ずにおとなしくしておこうかしら。

…と思ったのだけど。外は晴れている。風も強くない。下の娘と息子は暇そうにしている。ちょっと散歩にでも連れていくか。自宅近くの公園へ。

0903a

普段なら、遊んでいる人でいっぱいになる週末の宮園公園。さすがに、台風の日に公園に行く人は少ない。けど、写真を見たら分かる通り、心地よさそうな秋空。ホントに台風は近づいてきてるの? という感じ。

0903b

もう1枚。facebookで知り合いのコメントを見ていると、同じ時間に関西方面は大風、大雨のようだ。台風の通過地点は広島県のはずなのに、この違いは何なのだろう。

結局、翌朝までまとまった雨なし。前夜の方がよっぽど酷かった。まさか鉄砲水で住宅が流されたなんて、この時には知る由もない。

|

2011年9月 2日 (金)

角田龍平のポッドキャスト

ラジオというメディアが大好きだ。過去に何度も書いているけど。

物心ついたころから、朝はNHK第一放送を聴きながら朝食をとるのが日課だった。分刻みのスケジュールを毎日守ってくれるので、全国ニュースが始まったら午前7時すぎだなとか、ローカル話題になるとリミットが近づいたなとか、みんなの歌が流れ出すと、そろそろヤバいなとか。時計を見ずに時間が分かり、しかも情報が耳から入るという便利なツール。中学生でラジカセを買ってもらってからは、夜は自室で野球中継。深夜放送を定期的に聴くようになったのは、高校生になってからだった。

高3のころ、ほぼ毎日聴いていたのがオールナイトニッポン。聴く専門で、はがきを出したことはない。当時はきっと全国に多数のはがき職人がいて、プロでも考えつかないだろうという面白ネタがバンバン読まれていた。そんなところに、自分が入り込む余地ないって。

最近、帰宅が遅くなった時に車中で聴くオールナイトニッポンは、あのころとはかなり趣が変わった。一回の放送中、同じペンネームの人のネタが何度も読まれる。投稿手段がはがきからメールに代わり、以前よりかなり気軽に投稿できるはずなのに。

そんな「オールナイトニッポン」の冠を付けながら、ラジオでは全く放送されていないのが「角田龍平のオールナイトニッポンポッドキャスト」。ほぼ週刊、ポッドキャストのみで配信されている。だらだら感が心地よく、第1回から欠かさず聴いている。欠かさず聴いているついで。角田さんとあながち無関係でもない「突如引退騒動」があったので、初めて番組までメールなどしてみることにした。以前、「届いたメールは3通」などと言っていたから、運がよければ読まれるかもしれない。

というわけで。私は運がよかった。なんてこもないこともない内容だけどね。興味があれば「#38」を聴いてみたらいかがかしら。

0902kunimatsu

昼、Oのセンパイが来たので一緒に食事。くにまつで汁なし担担麺。ピリリと辛いのが癖になる。

台風が近づいている。今夜、きのピーから飲みに来ないかと誘いを受けていたけど、状況が怪しい。部活を早めに退けた上の娘の情報だと、午後8時以降、JR在来線は運行中止。道路状況も悪かろうし、早めにバスで直帰することにした。

午後7時半のバスに乗るため、7時過ぎに退社。通常なら50分程度で団地まで着くはずが、渋滞もありやや遅れ気味。バス停を降りると、かなりの強風だった。傘が飛ばされそうになる。雨は少なかったので、傘を畳んで濡れながら歩くことを選択した。自宅に着いたのは午後9時前。腹ぺこですがな。

びゅ〜びゅ〜ガタガタ、夜通し家が揺れている。

|

2011年9月 1日 (木)

官房長官は広島大卒

新首相に野田佳彦氏が決まり、注目人事の一つ、官房長官に選ばれたのが藤村修氏。NHKのテレビニュースで「広島大卒」と紹介していた。あらま、先輩ではないではないですか。どこの学部か調べてみると「工学部」と書いてある。過去の重要閣僚を務めた出身者といえば、旧文理大卒の故・久保亘氏(副総理、蔵相)。ただ、県立高校教諭、県教組書記長を経て社会党からの出馬なので、いわゆる政治家を目指していた人ではない。

一般的に、政治家を目指す人の経歴は社会科学系学部が多い気がするけど(東大法学部とか早稲田大政経学部とか)広島大の法・経済学部って、地方公務員とサラリーマンがほとんどなんだよね。たまに司法試験に合格する人がいて、1学年上には検察官になった人がいたけど、あまり喜ばしくない出来事で有名になってしまったり。

あらためて、出身者にどんな有名人がいるのか調べてみた。意外と漫画家さんとかいらっしゃるんだなあ。私自身、あまり母校愛が強い方ではなくて(出身サークル愛は強いけど)、箱根駅伝とか、大学野球で盛り上がる人たちが、全く別の人種に見える。けど、こうやってたまに出身者の名前が出てくると、まあ、何となく嬉しくはなりますわな。「有名人」という点でいえば、藤村官房長官より、アンガールズ田中の方がよっぽど有名ではないかと思ったりもするけどね。

数日前のニュース、「初代のぞみ引退へ」の記事。300系のぞみが引退ですか。当時、のぞみには指定席しかなくて、ひかり&こだまとの値段差がかなりあって、社の出張規定では「名古屋以遠のみ、のぞみ利用可」ってなことも書いてあったっけ。名古屋での仕事なんてほとんどないから、プロ野球担当者以外にとっては「東京のみ可」と同義語だったけど。

飛行機があまり好きではないこともあり、のぞみが博多まで来るようになって間もないころ、東京に行くのに初めて使った(仕事じゃなくてライブを観に。いやぁ〜、あのころは若かった)。乗る前は「最新列車だぜ」と嬉しがっていたけれど、横揺れの感じが気持ち悪く、以降、所要時間が余計にかかっても、ひかりを使うようになった。

坊主憎けりゃ…ではないものの、鉄仮面みたいな顔は好きじゃなかった。500系になると無機質化が進み、怒ったウォーズマンみたいな顔。700系でようやく、カモノハシっぽいユーモラスな顔になった。空力云々ってなことをいうけれど、のぞみの劇的な顔の変化を見ていると、作っている人の好みなんじゃないかと思えてくる。

そんな300系。散々よくない思い出を書いといてナンですが。なくなると聞くと寂しい気がしてくるものですな。にしても、0系が新幹線開通の1964年から44年間現役だったのに比べ(サヨナラ運転は3年前)、20年弱の現役期間。私が感じた乗り心地の悪さは、課題だったのかも。

さて。今日の日記も。本日は9月1日。防災の日にちなみ、社内一斉安否メール訓練があったらしい。職場ごとに事前通知があったらしいのだけど、今の私は埒外。迷惑メールと間違えて、即削除しそうになりましたわい。数時間後、あらためて見て気づいたけど。

さらに。9月1日といえば、映画の日。映画好きを自認するなら、こういう日は早めに仕事を切り上げて映画館に行くべきなのに、あぁ、なのに。あれこれ仕事しているうち、時間はどんどん過ぎていく。映画好きだからこそ、映画の日以外に観に行くのだ、と宣言することにする。負け惜しみ。

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »