« 長い夜 | トップページ | 働く男 »

2011年8月17日 (水)

みくしツイターへすぶく

8月13日~18日の日記は、移動の新幹線の車中で書いている。振り返ってみると、ココのブログをパソコンで更新したのは8月5日が最後。ヒロシマの日記は長崎に向かう車中で、長崎の日記は博多への道中、島根の日記は広島へのバスの中。そして今、鹿児島の日記を盛岡へ向かう道中で。これに慣れてしまうと、どこかへ出掛けないとブログを更新しないという習慣がついてしまう。

鹿児島での日記は、妻の実家で更新する時間はなくはなかったのだけど、自宅を空っぽにしている最中、そのことをブログで明らかにしないというのは、かなり以前から実践している。空き巣が入っても取られる物はあまりないが、誰もいないことを公にするのは気持ちが悪い。

ネットとの関わり方については、それなりに注意をしてきたつもりだけど。mixi、twitterに続き、8日からfacebookを始めた。あちこち手を広げ過ぎたら手に負えなくなるのは分かっているものの、同業者の複数の仲間から「facebookしないんですか」と尋ねられた。特に毛嫌いしているわけでもなかったし。

mixi、twitter、facebookすべてに重なっている人もいるし、一つだけの人もいる。ぼんやりした分類だと、mixiは吹奏楽仲間&ビート乗り、twitterは広島ブログ繋がり、facebookは同業者繋がりが多い。どれも一長一短、それぞれの利点があるが、これらを使って感じるのは、常に誰かから発信される情報が入ったり、逆に自分が発信したつぶやきに反応があるのは、単純に楽しいものだ。

ただ、捕まえきれなかった情報はすぐに彼方へ消えていく。リアルタイムのメディアが必要であると同時に、日に一度、それをまとめた情報もまた必要だと、あらためて思う。

段々、オチが見えてきましたねえ。そう、新聞の価値の再認識ですな。新聞はリアルタイムメディアではないのに、過去100年に渡り、そうであるかのように振る舞ってきた。「締め切り」は最大の敵。ところがどっこい、今の時代、締め切りがあるからこそ、そこに載っている情報がいつからいつまでの時点のものであるか、しっかりと受け止めることができる。締め切り万歳! …っと書きつつ、朝刊の締め切り時間は、胃が痛くなるんだよなあ。

そしてもう一つのオチ。ココのブログは一日ごとに起きた出来事を、更新時期が遅れても振り返ってまとめていく。まさに、新聞スタイル。コメントが少ないことは、あまり気にしない(「全然」ではない)。便りがないのは良い知らせ、なのさ。何が?

1313731974604.jpg

国内移動なのに時差ボケ風だった私の頭。今日からはスイッチを入れ替えて、と。ガンガン進めていくぜ。

夕飯は、食堂で山形冷やしラーメン。これ、うまいわ。醤油系のあっさりスープに少し、ほんの少し酸味がある。冷めたラーメンのように油が固形化せず、冷やし中華のように酸っぱくもない。現地で食べたら、もっとうまいんだろうなあ。いつか行きたい山形県。いつか乗ろう、山形新幹線。

|

« 長い夜 | トップページ | 働く男 »

日々の日記」カテゴリの記事