« 学生時代、部屋にも生えた | トップページ | タナボタ »

2011年7月 6日 (水)

フィーチャリングおれ

出社後、仕事場の隅にギターケースがあることに気づいた。そういえば昨日、先輩が「明日、午後9時からバンドの練習をするから」と言っていた。さすがに人の行き来が多い職場に朝からギターは持って行き辛いだろう。私の職場は、廊下のどん詰まりの西日が当たる部屋。ここに用事がある人しか来ない。

夕方、ギターの持ち主の先輩がやって来た。「ちょっと今から出掛けるから、スタジオまでギターを持って来て」。え〜っと。意味がよく分からないんですけど? 今日は早めに仕事を引き上げようかと思ってたんですけど。

すると先輩は「今日はどうする気なん?」

この言葉を聞いても、まだ理解できない。会話が進むうち、どうやら今日のバンドの練習というのは、私もメンバーに入っていたらしい。いやぁ、私ごときのヘタレミュージシャンが呼ばれるとは思っていなかったので。昨夜の「明日、午後9時からバンドの練習するから」という先輩の言葉は「俺たち、ガンバるからな」という決意表明だと思っていた。誘いの言葉だと全く理解できていませんでして。

午後8時ごろまで仕事した後、楽器を取りに帰宅。雨の夜、思いのほか渋滞している。イライラする。右折信号で待っていると、黄色から赤に変わる時、1台前の車がちんたらちんたら進んでいる。タイミング的には行ける感じだったのに、前の車のせいでもう1回信号を待つ羽目になった。

「くっそー、あんたが少し早く前に進んでくれたら、ギリギリで信号を通過でき…」

…と心の中で呟くやいなや。アズスーナズ。私の前を、サイレンを鳴らしながら赤色灯が通り抜けた。私の1台前の車は、信号無視で御用となった。さっきまでイライラしてたけど、何か急に得した気がした。1台前の人がちゃっちゃと動いていたら、私が捕まっていたことだろう。楽器を取り、スタジオに向かうまで、いつもより安全運転だったのはいうまでもない。

結局、約1時間遅れでスタジオ到着。久しぶりにトランペットを出してみたけど、合わせ練習って楽しいなあ。全然、吹けてないんだけど、作り上げていく感。そういえば、高校時代の吹奏楽コンクールの思い出も、ステージ本番のことはほとんど覚えてなくて、暑い合奏部屋の風景とか、仲間と語り合ったことが印象深い。

練習後、軽く一杯。「ちょいと軽く」のはずが、ついつい、ついつい…。気がつくと、えっ!な時間。え〜っと、今日は平日でしたっけ?

あ、そうそう。今日は上の娘の誕生日。楽器を取りに帰った時、顔を合わせることができたので「おめでとう」と言っておいた。そんだけ? そう、そんだけ。中学生の平日は忙しいらしいから、お祝いはあらためて。

|

« 学生時代、部屋にも生えた | トップページ | タナボタ »

日々の日記」カテゴリの記事