« JPOPすぎる校歌の効果 | トップページ | 好きこそものの憐れなれ »

2011年7月31日 (日)

曾我泰久in楽座

違和感を感じる表現の一つが「自分へのご褒美に」。自分のやるべきことをやり、自分のやりたいことをやる。他人に迷惑を掛けなければ、それでいいじゃん。わざわざ、「ご褒美」なんてエクスキューズするのって、やましいことでもあるのかしら、と詮索してみたくなる。

…という前置きをしておいて。

0731soga

曾我泰久さんのアコースティックライブに行って来た。何かのご褒美じゃないとライブに行けないんだったら私の場合、いつまで経ってもライブに行けないじゃん(笑) ライブに行く理由、それは「観たいから」。この一言に尽きる。

ポスターを見ても誰だか分からない人へ。曾我さんは元The Good-Byeで、ツインギター&ボーカルの人。あ、「元」じゃなくて、現在もThe Good-Bye。声が大好きなんだよね、ヤッチン。まだ一度も生歌を聴いたことがないので、時間ぎりぎりまで仕事をし、会場の楽座へ向かった。

既にたくさんの人が集まっていた。その姿を見て、気後れした。パッと見、女性ばかり。もう一度、隅から隅まで眺めてみたが、やはり女性オンリー。年齢層は私を挟んでプラマイ5歳前後。王子様キャラなので、7:3か、8:2ぐらいで女性が多いかなあと予想していたけど、男子が誰もいないとは。一瞬、このまま帰ろうかと思ったぐらい。

ファンクラブ繋がりか、常連さん繋がりか、女性たちは複数人ずつでグループになっている。会場にはテーブルを囲むように椅子が並べてある。う~む。男子独りで、相席を頼むのはかなり勇気がいるぞ。一番後ろに一席だけ浮き気味の椅子があったので、そこを確保。座ってはみたものの、ケツの座りが悪い、とはこのこと。開演まで落ち着かない。

開演すると、周囲のことは気にならなくなった。というか、そもそも周囲の女性陣は私のことなど気にも留めていないのだ。男色家だと思われようが(思われたくはないですけど)、そんなの関係ねぇ…(あら、懐かしい)。

ギターあり、キーボードあり、Good-Byeの曲あり、カバーあり。多重録音のアカペラあり、あれやこれや。演者一人でのアコースティックライブというと単調になりそうなところ、痒いところに手が届くプログラム。知らない曲もいくつかあったけど、歌声が好きなので、聴いているだけで心が和む。

演奏は1時間半弱で終了。意外と短いなあと思ったら。それから、一人ひとりと握手会。客にとってはこっちの方が大事かも。私も握手をしながら二言三言、会話を交わした。えへへ。男性と握手をした後、にやにやしながら駅へ向かう42歳♂。やっぱ、男色家だわ(笑)

ライブって面白いもんで、行く前は「1回だけでも」と思うのだけど、観た直後には「次も観たい。すぐ観たい」という気持ちになる。ま、そうそう時間が合わないとは思うけど、また次も。

|

« JPOPすぎる校歌の効果 | トップページ | 好きこそものの憐れなれ »

日々の日記」カテゴリの記事