« 弁当ウイーク | トップページ | 空想単身赴任 »

2011年7月26日 (火)

歓送迎会

本日、歓送迎会。本チャンは午後2時から本社内にて。私も一応、整理部の一員なので参加。今回去る先輩によると、整理における役職グランドスラムは「中央委員」「執行委員」「幹事」「書記長」だそうで、先輩は最後の一つを逃したことが心残りとか。そういうグランドスラムがあることを先輩以外の口から聞いたことがないけれど、だとしたら、私は堂々たるグランドスラム達成者ですなあ。いや、まあ、だからどうしたという話ですけど。

誰も知らないところで日夜働いていることをCMで大々的にうたっていたのは、ゴードーサンギョー(広島の企業らしい)。ゴードーサンギョーほどではないけれど、知られていない業務も日夜やっているのがショキチョー。組合員に「もしも」があった時のために、組合員全員に全労済を掛けている。8月が更新月なので、担当の人がやって来た。書類に記入している間、手持ち無沙汰な担当員さん(♀)、何か和むようなことを言おうと考えたのだろう、こういう言葉を投げ掛けられた。

「やっぱり、ちゅーピープールには行くんですか」

どの辺が「やっぱり」なのか分からないんですけど。平日に休みがあるころは、家族皆で何度か行ったけど、今の休日は基本が土日。しかも、その土日も別の予定があったり、仕事に出たりなので、今年はまだ行ってないなあ。

チチヤスハイパーク時代、テレビCMでは頻繁に見ていたけど、あのころは一度もプールには行ったことがない。友人、知人、先輩に聞くと「彼女と一緒に」とか「男女グループで行った」とか、「チチヤス=青春の一コマ」って人が意外に多くて驚いた。正直、泳ぎが得意じゃないので(25メートルプールは泳ぎ切るだけで精一杯)「プール行こ」と言われると断っていた。「海行こ」だと、砂浜で寝転がっておけばいいので行くんだけど。

そんなチチヤスハイパーク…じゃなくて、ちゅーピーパーク。「プール」といっても定期的に波が来たり、回遊魚みたいにぐるぐる回ったり、高いところから滑り台で降りたり、遊ぶ場所だということを子ども連れて行って初めて知った。これ、オトナの男が行っても面白い。けど、オトナの男だけでは行きにくい。「よ〜し、次の休日はパパがちゅーピープールに連れて行ってやるぞ」と、子どものためにを前面に出す父親は、かなり高い割合で自分が楽しんでいるのではないかと思っている。

そんなお父さん方に質問。家族でプールとか海水浴に行って、久しぶりに妻の水着姿を見ると、ドキッとすることない? 風呂上がりにスッポンポンで目の前を通られても何ともないのに、水着を来ていると違う感じがするとか。ま、いいや、深い考えはなく書いてるんで。

歓送迎会の昼の部を終えた後、仕事再開(少し、うとうとした)。夜10時前、「カラオケ行くぞ〜」の連絡。整理部のカラオケは、真剣勝負。食うか食われるか。あとどれぐらいビブラートをかけたら点数が伸びるか、ってなことを真剣に考える。結局、踊りながらAKB48を歌うと90点超えが簡単に出たりするんですけどね。

締めは「いつもの店」へ。そんなこんな、新聞の方が先に帰宅。空がまだ暗いだけでもいいとしておこう。

|

« 弁当ウイーク | トップページ | 空想単身赴任 »

日々の日記」カテゴリの記事