« 被災地訪問 | トップページ | 帰広 »

2011年7月22日 (金)

仙台から東京へ

仙台3日目。宿泊先はネットで評判のいいところを選んだ。そしてもちろん、値段が高くないところ。

0722bread

朝食は無料。というか、食べても食べなくても同じ料金。「焼きたてのパンがおいしい」との評判だった。どっちかというと米派なので、焼きたてとはいえパンには期待していなかったのだけど。本当においしい。バイキングの品数は少なく、サラダ、フルーツ、ヨーグルト、牛乳、ゆで卵、スープぐらい。それを補って余りあるパンのおいしさ。「旅先の朝は米の飯に限る」という宣言を訂正する。

午後1時で公式会合終了。新旧役員での昼食会の後、河北新報本社へ。午後5時前、仙台を離れた。

せっかくなので、東京まで秋田新幹線「こまち」を選択した。行きに「はやて」と「こまち」連結の「はやて」に乗ったが、座席が2列+3列でやや狭かった。外からのぞき込むと「こまち」はグリーン席を選ばなくとも2+2席。ゆったり乗りたいというのはもちろん、乗ったことのない車両は試してみたくなるものでしょ。

東京で、大学時代からの仲間と待ち合わせ(仮にゴルゴ・シマリス君としておく)。本社が移る前の行きつけの店が四谷にあるそうだ。東京には何度も来て、中央線にも乗るけど、四谷で降車するのは初めて。

0722italy

店に向かう途中、イタリア車の雑貨店を発見。写真を撮り、イタ車好き(痛車ではない)のグリコ森永君にメールをすると「知ってます、伊太利亜自動車雑貨店ですね」と返信。へぇ~、ここって有名な店なんだあ。写真はアバルトのエンブレム。レプリカではなく、本物だと思う。ピニンファリーナのエンブレムを買おうかと思ったが、いいお値段だったので諦めた。ちなみに、私が306カブリオレから外して所有しているタイプは4000円弱。これが一番安かった。

0722hoppy

魚を食べ、ビールを飲み、煮込みを食べ、ホッピーを飲む。ゴルゴ君の会社の人がよく来る店らしく、カウンタに座った男性に挨拶をしていた。今は会社から独立し、一国一城の主だそうだ。

ゴルゴ君の先輩のお連れの方(60歳前後に見える)、つまり全く知らない人から「カラオケ行こうよ」とお誘いを受けた。知らない人と知らない土地で飲むのは危険も伴うが、新たな発見があるかもしれない。急ぐわけでもないので着いていくとしよう。

ゴルゴ君の先輩が村下孝蔵好きということで意気投合。やたらめったら、2人で村下孝蔵大会。仲間でカラオケに行く時は、どうしてもノリのいい曲を優先するので、村下さんを歌う機会はあまりない。すっごい満足。あー、楽しかった。

ホテルに戻って時計を見たら…あれ? なんか、夜というより朝みたいな時間なんですけど。

|

« 被災地訪問 | トップページ | 帰広 »

日々の日記」カテゴリの記事

コメント

懐かしいお名前!
ゴルゴ・シマリスさん(仮)もお元気そうで、何よりです。
グリコ森永君も、さすがですねー。そして、こうしたお店を見つける鋭敏なかげさんの嗅覚も。

投稿: Mario | 2011年7月31日 (日) 22時01分

>Marioさん
ゴルゴ・シマリス君(仮)は元気でしたよ。だいぶ酔ってたんじゃないかなあ。
カラオケで熱唱した直後、再び同じ曲を入れていたので指摘すると「いや、まだ歌ってない」と言い張るぐらいの酔い様(笑)

私の嗅覚を褒めてくださるなんて、あら嬉しい。気になるものがあると、ふらふらと行ってしまうんですよね。

投稿: かげさん | 2011年8月 1日 (月) 19時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 被災地訪問 | トップページ | 帰広 »