« 野球と素麺 | トップページ | iPhoneでFMちゅーピーほか »

2011年6月27日 (月)

radiko来た

朝からツカンポ。家からバイパスまで車で降りると大渋滞。ラジオの交通情報では(ザモトさん、タシタさんではなかった)五日市のトンネル内事故で、一車線が通行止め。う~む。宮内分かれまで止まっているということは、かなり時間が掛かりそう。仕方がないので、商工センター経由にしようと、木材工方面に車を走らせた。

ところが。こちらも入口地点まで車がいっぱい。朝一番の時間じゃないのに、こんなに混雑するものなのかなあ。結局、国道2号、宮島街道を走ることにした。

こちらはこちらで、いつもの通りのノロノロ運転。ま、いっか、急いで着かねばならないわけでもないし。結局、たっぷり1時間、ストップアンドゴーの運転を強いられた。「車はMTの方が楽しいよね」ってなことを普段は思っているけれど、さすがに朝からこれだと疲れてしまう。

午後から、自主的半休。小学生のころ、何度も「ハンキュウ」フェリーという名の乗り物で、関西方面に行っていた。当時の「ハンキュウ」といえば、子どもの私が思い出すのは阪急ブレーブス。秋になると、昼間に野球をやっている人たち。パ・リーグはシーズン中の試合中継はほとんどなかったが、プレーオフだけは全試合デーゲームの中継があった。なぜ、プレーオフと日本シリーズはデーゲームだったのかしら。「仕事を休んで観ても許されるイベント」として認知されていたのかな。

話がどんどん逸れてしまった。何の話だっけ? 半休→ハンキュウ→阪急まで行ったんだっけ。私が乗っていたフェリーは阪急が営業していたのではなく、大阪(正確には兵庫?)と九州と結ぶ「阪九」フェリーだった。ライバル会社が運航していた「さんふらわあ」ってやつが、テレビなどで「豪華客船」と紹介されていて、あれにも乗ってみたかった。

…で? 何の話を書きたいのかよく分からん。ともかく、フェリーの旅って楽しいよ。夜、真っ暗な海を見ていると、切なくて切なくて胸が押しつぶされそうになる。ウオークマンで、今ならiPodで、村下孝蔵さんの「松山行フェリー」を聴くと、あぁ~、ぽろぽろぽろ…

話は変わって。
ネットやiPhoneなどでラジオが聴ける「radiko.jp」で、7月20日12時から「中国放送」「ラジオNIKKEI」「広島エフエム」の3局が広島県を配信エリアとして実用化試験配信が始まることがリリースされた。ようやく、来ましたねえ。radikoはスタート当初の混乱期、そして東日本大震災直後、全国で受信することができたけど、ついに裏ではなくて表から聞ける。

ラジオを持ち歩かなくてもラジオが聴けるってのは、実に便利なこと。例えば村下孝蔵さんの追悼番組をカーラジオで聴いていると帰宅しても車を降りたくないとか、プロ野球を観戦していて、マウンドに人が集まってもこもこやってるけど理由が分からないとか、そんな時、ちょいとiPhoneを出して、radikoのアプリを立ち上げれば、すぐにその場で生放送。ラジオっ子だったので、わくわくしてきたなあ。今はリクエストもメールが主だし、iPhoneさえあればいつでもOK。

あ。別にiPhoneじゃなくても、radikoアプリが入るスマートフォンなら何でもいいですけど。

今日はちと飲みたい気分ではあったけど、早めに直帰。家族全員の顔を見た、と書いておく。

|

« 野球と素麺 | トップページ | iPhoneでFMちゅーピーほか »

日々の日記」カテゴリの記事