« 久々ボウリング | トップページ | 自転車レーンを走ると »

2011年6月13日 (月)

最高のデバイスじゃ

熟考した結果。

Ipad1

iPad2を使うことにした。Wi-Fi版32GBブラック。 iPad発表時、「これはいい!」と思ったものの、いくつか不満、不明な点があり、様子見をしていた。箇条書きにすると、

・使い勝手がいいのはWi-Fi+3G版。けれど、既にiPhone4の2年しばり契約をしており、毎月の通信費負担が増えるのは困る。
・見た目は薄いけど、意外と重い。
・電子書籍を取り巻く環境がどうなっていくのか不透明。電子書籍リーダーは複数あり、iPadが生き残っていくとは限らない。
・「自宅で寝転がってインターネットに接続」みたいな習慣がないので、結局、使いこなせない可能性が高い。
・総合的に費用対効果が…

のようなことを考えていた。今回、購入を決め、しかもWi-Fi版を選んだのは、

・3Gで書籍をダウンロードするには重過ぎて使いものにならない。アプリによってはDLがWi-Fiに限定される。3Gなしのデメリットが少ない。
・iPhoneで新書の電子書籍を買っているうち、便利なことを実感した。
・Wi-Fiを使える場所が増えた。まとめてDLしておき、ネット環境のない場所で読む、という使い方が現実的になった。
・初代に比べ、かなり薄く、軽くなった。紙の文書をPDF化し、どんどん投げ込めば、資料などを探す手間が省ける。
・電子新聞を出す社が増え、今後の業務の研究にも役に立つ。
・とにかく欲しい。

という判断に至った。

Ipad2

せっかくなので、保護フィルムも買った。これを選んだのは、気泡ができても貼り直しが利く、と書いてあったから。

Ipad4

Apple製品の美しさは、裏面にある。ということで、記念撮影。

Ipad3

自分で書いた原稿などをPDF化し、ざくざく移してみた。思った以上にレスポンスがよく、かなり便利。紙をめくるより、かなりのスピードアップ。出張の時、あれやこれや書類を持って行っていたが、ここにまとめてしまえば荷物も軽くなる。

電子書籍は、iPhoneで購入したものをいくつか移してみた。当たり前ながら、画面が大きいと読みやすい。色んな雑誌が読めるアプリ「ビューン」は、かなり秀逸。1カ月間は無料、それ以降は月額450円だけど、FRIDAY、週刊朝日、ダイヤモンド、AERAなどなど、これまで流し読みしていた雑誌がこの金額で読めるのは、金銭的にもありがたい。

新聞系は、iPad専用レイアウトの社あり、新聞紙面そのままの社あり。一長一短。感覚的には新聞レイアウトの方が慣れているのだけど、あっちゃこっちゃスクロールするのは煩わしい。かといって、iPad画面ちょうどの大きさに1本の記事が載っていると、新聞らしくない。写真をクリックすると記事が出てくる日刊スポーツは、iPadの特性をよく生かしている。残念なのは、通信環境がないと読めない。通勤電車の中で読みたければ、3G版を選ばねば。

こいつは最高のデバイスじゃ。必要なものをあれこれ自炊してみようっと。

Ipad

|

« 久々ボウリング | トップページ | 自転車レーンを走ると »

愛マックな日々」カテゴリの記事