« 飛び石出勤 | トップページ | いっかんニカン参観 »

2011年5月 7日 (土)

ろうきん借り換えその後

ろうきん借り換え前号までのあらすじ

「ろうきん ローン 評判」とか「ろうきん ローン 借り換え」などの検索ワードで訪問する人、多数。ご訪問、ありがとうございます。

とはいうものの。私の記述を見て「は? 保証料が無料だぁ?」「金利1.85%? いつの話やねん?」と思った方々も多いと思う。最も大切なことを省いていた。私が借り換えたのは「中国労金」ということ。労金は現在、全国13団体ある。ATM手数料がいらないなど共通サービスはあるけれど、融資の条件はそれぞれ違う。13団体を統合して全国で一組織にしようという動きはあるが、現在は具体化の前にストップ中。そりゃ、あーた、全国で統一するとなると、融資条件が向上するところがあれば、逆のところも出てくるはず。出資者が黙ってはおるまい。

というわけで。
ろうきん借り換え、その後の話(中国労金の話)。前回までに借り換え手数料が20万円ちょっとだった話を書いた(3月11日付)。つまり、新たな手出しが約20万円。この分を、借り換えで浮かさないと損をすることになる。…と思っていた。

ところがどっこい。一括返済をした住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)から、保証料の返還金があった。返ってきたのが14万4600円。つまり借り換えによる手数料等の実質負担額は5万円ちょっとということになる。「かなり支払いを圧縮できたなあ」というより、これまで、知らぬ間に省けるはずの費用を負担していたことをあらためて知る。皆さんも賢く借りてくださいな。「金利1.7%(保証料+0.3%)」と「金利1.9%(保証料込み)」とどっちが得か。世の中の金融商品は、もっともっと複雑に実質負担額が見えにくくなっているので、見た目の数字に騙されませぬよう。

|

« 飛び石出勤 | トップページ | いっかんニカン参観 »

住宅ローン」カテゴリの記事