« 比叡山詣で | トップページ | 沖縄県民とともに »

2011年5月14日 (土)

沖縄に行くさー

朝6時台に起床。うむ、出張疲れもなく元気に起きた。今日は沖縄へ。ここでちょっと安心したのか、この後、ヤバいことになる。

ビート号で広島空港へ向かった。家を出るのが少し遅れたが、まあ大丈夫だろう。やや急ぎ気味にアクセルを踏む。高速道のインターを降り、空港へ向かう一本道。このまま行けば出発30分前には着くはず。…なのに、曲がらなくていい道を曲がってしまった。

Uターンできる場所がなかなかない。焦る。アクセルを踏む。進めば進むほど空港が遠くへ遠ざかる。乗り遅れるのが私1人なら、自腹を切ってでも別の方策を考えるけど、今回は3人で行くことにしており、チケットは私の手元。焦りに焦った。

結局、搭乗カウンターに着いたのは、出発15分前。あぁ、間に合ってよかった。ドキドキさせてゴメンよ、お二方。

1305604275000.jpg

飛行機は好きじゃないけど、今回は揺れも少なかった。眼下に見える屋久島をパチリ。いつか屋久杉を見に行きたいなあ。

1305604288561.jpg

那覇到着。修学旅行生がたくさんいる。「沖縄は暑い」というイメージがあるが、曇っていて涼しい。出掛ける前に見た天気予報の最高気温は広島25度、那覇24度。半袖、半パンにサンダルをイメージしていたのに、長袖、長パン必須。

1305604293653.jpg

1305604301203.jpg

ホテルへ荷物を預けた後、国際通りへ。シーサーの置物はカワイーサー。ハブ酒の写真は撮るけど、あまり飲もうとは思わないなあ。

1305604306735.jpg

沖縄といえばシーサー。シーサーがない場所では、ネコがその役目を果たす。両脇に離れて座っているネコ。人に慣れているのか、側を通っても、じっとして動かない。かわゆいね。

1305604311086.jpg

なぜか、桜坂で広島風冷麺の看板を発見。尋ねてみると、店主が広島出身だそうだ。味をみるのは…やめておく。

1305604315828.jpg

せっかくなので、観光客向けではなく、地元の人が行きそうな店で昼食をとることにした。入り口が民家の勝手口のような不思議な店。ゴーヤちゃんぷるーを頼むと「ゴーヤは切れました」。しまった、観光客向けの店だったら、ゴーヤは切れることはないだろうに。

1305604319537.jpg

1305604324716.jpg

仕方がないので豆腐ちゃんぷるーに変更。うむ、これもうまうま。締めはやっぱり沖縄そば。

1305604329601.jpg

1305604332786.jpg

お腹を満たしたところで、平和関連施設巡り。まずは平和祈念公園。修学旅行生が多い。どこから来たか何人かに尋ねたら、奈良、大阪、兵庫の中学生。偶然なのか関西からばかり。先生に尋ねると、以前は長崎が続いていたが、沖縄は平和学習と民宿・自然体験が両方できるメリットがあるという。

1305604336220.jpg

次にひめゆりの塔へ。240人の女学生の顔写真が並んでいるのを見ると、ぐっとこみ上げてくる。写真は笑顔なのに、無念だったろう。

1305604341587.jpg

1305604345668.jpg

最後に訪れたのが首里城。昨日は比叡山延暦寺を訪れ、原爆ドームの横を通って帰社し、宮島が見える我が家へ帰宅。今日は屋久島の上空を通り、首里城へ。ちょっとした世界遺産巡り弾丸ツアーだね。

1305604349566.jpg

今日はよく歩いた。汗もかいた。オリオンビールと泡盛を浴びるほど飲もう。というか、飲んだ。

1305604353719.jpg

1305604357745.jpg

以前、一度だけ来たことがある店。広島と縁があるとのことで、会社の先輩に教えてもらった。愛敬のあるお母さん…じゃなくてお姉さんが、てきぱきと動き回っている。人気の秘密はお母さん…じゃなくてお姉さん。私が「お母さん」と呼び掛けると、必ず「お姉さんです」と訂正された。

1枚目はヤギの炒め物、2枚目の写真が念願のゴーヤちゃんぷるー。うまうま。

日付が変わるころまで沖縄料理と泡盛&オリオンビールを堪能した。そういえば前回7年前に来た時、テレビをつけたら福岡「ダイエー」ホークスの新垣投手がオリオンビールのCMに出ていたっけ。今は昔。

|

« 比叡山詣で | トップページ | 沖縄県民とともに »

日々の日記」カテゴリの記事