« ビフォーアフター | トップページ | 分かりま千円 »

2011年4月 6日 (水)

フミヤが来た

藤井郁弥が夢に出てきた。チェッカーズのフミヤ。なぜか知らねど、わが家にやってきて(間取りは実際のわが家より立派)リビングで私と向かい合っている。何かしゃべらなきゃ、そうだ、九州訛りっぽく話したら喜んでもらえるかもと考えつつ、頭の中で「最近は忙しかとですか」などと言葉を探る私。そうこうするうち、トイレからパンツをはかずに出て来たわが息子。フミヤは「何か臭くね?」みたいな顔をする。息子の尻には…

…という夢。フミヤが出てきた理由は分かる。昨夜、寝る前に録画していた番組を見ようと思った。月曜日9時の「TVタックル」。ところが特番らしく「通信カラオケで全国1位になったら即終了」という企画をやっている。ひたすら同じ曲を歌い続けるウタウマ芸人。私の好きなミラクルひかるは岩崎宏美の「聖母たちのララバイ」、そしてエハラマサヒロが途中から猿岩石の「白い雲のように」を選曲。エハラの歌がフミヤの物まねっぽく聴こえ、耳に残ってしまったのだった。


1302184598210.jpg


夕方に食堂でパスタ。空腹から逃れた後、夜の帳簿整理。日付変更線を超える前に帰宅。

|

« ビフォーアフター | トップページ | 分かりま千円 »

日々の日記」カテゴリの記事