« にわか雪 | トップページ | チャージ前にほうでんなあ »

2011年3月26日 (土)

おでんでんねん(←おでんのたびにこのタイトル)

妻が親知らずを抜いて来た。右頬の下に梅干しでも含んだような顔になっている。見た目は大変そうだが、格別に痛がっていない。「痛くないの?」と尋ねると「痛いよ。あなたが抜いた時は痛い、痛いと騒ぎまくっていたけど、そういうことはしない」との返事。そうだったっけ?

こういう時は過去の日記を読むに限る。広告がたくさん出て見にくいけど2006年8月前半2006年8月後半に詳しい記述があった。8月8日に右下奥を抜き、その痛みが終わるか終わらない8月18日に左下奥を抜いている。「痛いことはまとめてやっちゃえ!」という考えだったと思うんだけど、妻の腫れ具合を見ていると本当にチャレンジャーだったなあと思う。タバコを吸うなとか酒を飲むなとかあれこれ注意事項を伝えられた。さすがに抜歯の日は飲まなかったような記憶がある。日記によると、左下を抜いた翌日、仕事後にいつもの店に寄っていた。チャレンジャーだねえ。細かいことは覚えていないものの、お酒を飲んだ後、口の中に心臓があるのかってぐらい、ズッキンズッキン脈を打っていたことは覚えている。話は逸れるけど、2006年夏といえば息子が生まれた時。赤ん坊だったのに、もう5歳だもんなあ。早いもんだ。

0326oden

夕飯は、おでん。鶏肉が上に乗っているので違う食べ物っぽい。金曜日の朝から煮込んであったので2日目のおでん。うむ、美味じゃ。

0326odenmen

おでんも鍋料理の一つ。鍋といえば麺。おでん出汁を小鍋に取り、マルタイの「替玉」を煮る。薬味は柚子胡椒。お気に入りは人吉名物、中津留物産の柚子胡椒。これは本当においしい。九州に帰るたびにまとめ買いしてるけど、残りが1瓶。送料を払って通販で買っちゃおうかなあ。あ! そうだ! ザ・テラスのキーボーディストが、実家に帰った時にお土産に買って来てくれるんじゃない? そうだ、そうだ、よろしくムラケン君。

|

« にわか雪 | トップページ | チャージ前にほうでんなあ »

日々の日記」カテゴリの記事