« コートを脱いで朝食を | トップページ | 寝坊のち夜更かし »

2011年3月15日 (火)

見知らぬ人とBD-1談議

JR列車が駅のホームに入ってくる。時差出勤っぽく、ちょいと遅めの電車に乗るので(定時は午前10時〜午後6時勤務)さほど混雑しない。贅沢を言わなければ誰でも座れるし、通常なら乗り口で困ることはない。今日は乗ろうとしたら、入り口付近に大きなバッグが見える。避けながら入ると、自転車の輪行バッグだとすぐ分かった。持ち運びやすいようにだろうか、バッグの上部が少し開けてあり、そこからはBD-1のパイプフレームの姿が。持ち主らしき人はゲームに興じている。邪魔をすべきではないかなと思ったが、思い切って声を掛けた。

「BD-1ですね」

私より少し若いぐらいの男性は顔を上げ、すぐにゲームを仕舞った。そこから始まる自転車話。BD-1に乗っている人は元から憧れを持っていた人が多いと思っていたのだが、彼は自転車店で見てカッコいいなあと思って手に入れたのだという。乗ってみたらハマってしまい、今回も山口県柳井市までの出張に持って来たそうだ。例えば、柳井までの出張の場合、尾道まで公共交通機関で来て、しまなみ街道を自転車で渡り、四国からフェリーに乗ったり。そういう楽しみ方。仕事の移動時間をレジャーに変えるこの感覚。大好きだなあ。

降りるまでの10分ちょっと、楽しく話した。お住まいは茨城とのこと。今回の地震でも被害に遭ったらしい。大変な時期に話し掛けたことを申し訳なく思ったが、私が降りる間際、彼が発した言葉は「また、いつか、どこかで会いましょう」。いいなあ、こういう挨拶。私もこういう言葉がすっと口から出るようになりたいな。

というわけで。断片的に聞いたプロフィールを記しておく。ひょっとしたら、検索でこのブログがヒットして再会することがあるかもしれないし。本人じゃなくても、知人が検索して「これ、お前じゃね?」と伝えてくれるかもしれないし。よろしくお願いします。

茨城在住、実家は岐阜。愛車は紺のパイプフレームBD-1。広島、柳井に出張が多い。岐阜から900キロ、自宅まで自転車で帰ったこともある。PSP所有。

そんな出会いのあった一日の始まり。朝からずっと休む暇なし。妻が持たせてくれた弁当を開けたのは、ようやく午後3時前。おにぎりに巻いてある海苔を見ると、何か穴が開いている。周囲から順番に食べ、全体像が出てくると…

0315mouse

あ、これ、ネズミーランドのミッキーカーチスの形だわ。私の弁当は息子のついで。息子用おにぎりにはミッキーカーチスの形が巻かれて、私の分には周りの部分なのだろう。これに似たのを子どものころ、テレビ寄席で見たことがある。紙切りの芸人さんが客のリクエストに答え、複雑な形を切り抜く。出来上がると、透明の下敷きみたいなやつに挟み、観客に見せて拍手喝采。下敷きに挟まなかった「ガワ」の部分はリクエストをした客が土産にもらう。息子は芸の商品、私のは「ガワ」。そういえば、最近はテレビで紙切り芸って見ないなあ。今度、浅草にでも行って観ようかしら。

ぎゅっと内容の詰まった日。早めに午後10時前退社。たまには、愛する妻が起きている時間に帰らナイト。ドラマ「美しい隣人」の最終回が途中で中断のため、録画できていなかったのが少しショック。ま、いいか。

|

« コートを脱いで朝食を | トップページ | 寝坊のち夜更かし »

日々の日記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/39258261

この記事へのトラックバック一覧です: 見知らぬ人とBD-1談議:

« コートを脱いで朝食を | トップページ | 寝坊のち夜更かし »