« ドゥーン!と言ってもらいたい | トップページ | 中国語not理解 »

2011年3月19日 (土)

年に1度のビート磨き

休日になると、せっせと車を洗っている若者。車なんて、汚れてたっていいのだよ。車は飾っているのを見るのが目的ではなく、移動の道具。休日に車を洗う暇があるんだったら、どこかへ出掛けて友と語ったり、愛を深めたりするがよい…

0319sensha

…ってなことをつい数日前、イインチョと語り合ったはずなのに。前回のワックスがけは2010年5月。当時も全く同じことを書いている(苦笑) これ、毎回の定番にしよーっと。

土曜日の真っ昼間、せっせとビートを洗っているオッサンが一人。だってさ、先日の雪でボンネットがざらざらしてたし、ワックスがけなんて、ほとんどしないんだもん。たまにビート号を可愛がってもいいじゃん。というか、可愛がらな過ぎ。

ボディーは全部を磨いた。ビートは金属部分の面積が狭いから磨くのは楽。次に、幌専用のワックスがけ。前回通り、フォグランプ周りの樹脂部分にも。窓ガラスは汚れを流した後、水滴を飛ばすやつを塗る。タイヤには専用のスプレー。うむ、ボディーはピカピカ、幌はツヤツヤ。新車みたい。

Beat10

2年前にこういう状態だったシートベルトガイド。すぐに取り替えようと部品を手に入れていたのだけど、普段の運転に不都合がなく、そのままになっていた。えいやっと交換しよう。

0319gide

手に入れていた部品はコレ。ヤフオクで安かったので買っておいた。プラスドライバさえあれば、すぐに仕事は完了するはず。

0319gide2

はい、作業終了。数分で終わるのに、2年間もほったらかしにしていた自分が恥ずかしい。

0319seat

シートの側面と一緒にパチリ。破れた部分はテープで補修。見た目は少しアレだけど、このテープはガムテープよりも、黒のビニールテープよりも、透明テープよりも丈夫。勝手に剥がれたりしない。以前よりはかなりマシ。今後、本格的にシート布を張り替えるか、シートを社外品に換えるような日が来るまではこのままのような予感。


次回予告

0319stitcher

2年前、リアスクリーンをポリカーボネートに変更した。透明度はまだ保っているものの、ネジ留めした部分が割れてしまった。雨漏りはしないけど、走行中に揺れてガチャガチャとうるさい。というわけで、リアスクリーンの変更に着手することにした。純正のビニールスクリーンが3万円弱。その金額以内で、より快適なリアスクリーン作りを目指すことにする。

写真の品は「スピーディースティッチャー」。クイックスティッチャーと呼ぶ場合もあるようだ。革製品を縫い合わせる道具。ハンズにて2,415円也。ビート号モディファイに、本格的手芸導入。ホントに自分でやれるものなのかなあ。やってみなけりゃ分からない。

|

« ドゥーン!と言ってもらいたい | トップページ | 中国語not理解 »

愛車ビート号」カテゴリの記事