« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ラララ無人さん

本日の一コマ。バスに落としたIS01を受け取った後、歩いて戻っていたら、こんな場所を見つけた。

0228park

ちょっと見にくいけど、ビルとビルの隙間に車2台分ぐらいの空きスペースがあり(一応、舗装済み)、「100円パーキング」の幟が立っている。無人パーキングらしいのだが、何の機械もない。鉛筆で入庫時間を記入し、出庫する時は料金を計算したうえでポストの中に入れておけ、というシステムらしい。今のニッポン、こんなに性善説に立った商売って成り立つのかしら。

あまりに不思議な徴収システムなので、ドッキリカメラじゃないだろうかとか、ナンバーを控えられて計算間違いしてお金を置いて帰ったらいきなり訴えられるとか、色んなパターンを想像してみた。結局、土地を遊ばせとくぐらいなら真の無料パーキングでもつくってみっか、とオーナーさんが考えたのだと思うことにした。

真の無人といえば、大学の近くにあった雀荘。おばあちゃんが1人いて、夜になると寝てしまう。1人1時間100円という格安料金(三打300円、四打400円。ただし手積み)で、終わったら皆が時間計算し、小銭や千円札を卓に投げて帰って行く。白熱して時間が長くなると、残ったのが自分たちだけということも。すると、他の卓には裸のお金たち。不用心だなあと思うけど、こういうのって意外と悪魔が囁かないのかもね。

さらに思い出した。安佐南区に無人の格安練習スタジオがあった。少し離れた家に料金を払いに行き(1時間500円ぐらいだった気がする)、廃屋のような誰もいない家で楽器を練習したことがある。誰もいないので、1時間分の料金だけを払い、何時間も練習してもバレそうにないのだけど、そういう気にはさせない。ひょっとしたら、プロを目指す高校生バンドなどを陰で支援するために、こういう場を用意してたりして。そうだとしたら、私たちみたいなオッサンが使っちゃダメじゃん!

そんなこんな。無人の商売であれこれ考えてみた。無人のキャッシングってのもあるけど、あれは格安ではないんだよね? 逆に割高なのかしら。

昨日辺りから春っぽい気候。今日は今季初、コートなしで出社。するってーと、朝から冷たい雨。電車を待つ間に吹く風が体を突き刺す。すいません、私の判断ミスでした。

夕方、執行委&中央委。原稿をまとめて、印刷して、配って、あれこれ。日付変更線よりかなり前に退社。退社が早いか遅いかの基準が「日付」ってのは、まともな感覚じゃないよなあ。けど、慣れってのは恐ろしいもので、自分の中で当たり前みたいになってきている。

|

IS01松江2泊4日旅

休日出勤していた27日(日)、夜になってバッグの中にIS01がないことに気づいた。26日(土)に松江―広島のバス車中で使っていたから、落としたとしたら広島バスセンターか、バスの中か。自宅の妻に尋ねても「ない」との返事なので、捜索開始。

まずはバスセンターに連絡。「センター内にそういう落とし物はありません。車内の場合、松江―広島間は松江の参院バス(仮称)と広島の衆院バス(仮称)の共同運行で、広島側の落とし物は衆院バスで預かっています」

それでは衆院バスに連絡しよう。

私「すいません、昨日の松江から広島行きのバスでスマートホンを落としたみたいなんですけど…」
衆「それ、黒いケースですか」
私「そうですっ! ありましたか」
衆「あったんだけど、参院バスさんじゃけえ、松江に送りました」
私「え? また広島に戻してくれますか」
衆「はい。電話番号教えますけえ、あちらに掛けてください」

ほっとした気持ちになりながら参院バスに電話。

私「すいません、バスの車内で落とし物をして、衆院バスさんが松江に送ったと言われたのですが」
参「何を落とされたかや?」
私「スマートホンです」
参「スマートホン言われても、何のことか分からんよ。どがいな物?」
私「ケータイ電話の大きい物で、キーボードが付いた小さなパソコンみたいな物です」
参「ないねえ、そういうものは。また明日にしてごせや」

もう一度、衆院バスに電話。

私「松江に送ったのは何時ごろですか」
衆「午後5時半の便です」

時計を見ると、今は午後8時過ぎ。広島―松江は4時間掛かるから、IS01の乗ったバスはまだ道中だろう。そうこうしていると、今度は参院バスさんから電話が入った。

参「さっきの落とし物の人? 衆院バスさんに尋ねたけど、そんな落とし物はないと言うてますよ」
私「いえ、衆院バスさんに尋ねたら午後5時半の便で送ったと言われてます」
参「え? 衆院さんが送った言うてます?」
私「明日の便でいいので、広島にまた送ってもらえますか」
参「そんな言われても、有料の着払いで送るか何かしますわ」
私「衆院さんが広島に戻してくれるって言っていましたけど」
参「そう言われてもねえ…。また明日にしてごせや」

明日にしてごせって、電話をしてきたのはそちらなんですけど。

時間は流れ、午後9時半過ぎ。参院バスさんから再び電話。

参「今、バスで届いたよ。明日の朝の便で送りますから。何時ごろ取りに来る? 朝イチで送ったら午前11時には着くから、すぐ取りに行ってもらえる? 何日も何日も落とし物を置いておかれたら迷惑だから」

あのぉ…落とし物をしたのは、つい昨日のことなんですけど。どうしてそういう話になるのでしょうか。もちろん、落とした本人が悪かったし、物があったことはありがたいんですけどね。

明けて28日(月)。昼休憩の時間を使い、バスの待機所へ。4日間で松江2泊を経験してきたIS01に2日ぶりの対面。

0228_is01

不幸中の幸いだったのは、このIS01は通話ができないようになっていること。ヘタに拾われ、通話料金がン十万円とか請求されたらかなわんからねえ。

おまけ。衆院バスでは、この落とし物を「ゲーム機」という分類で保管していた。ま、確かに電話機には見えんわな。「眼鏡ケース」と書いてあったら、逆にIS01を熟知している人かと思いますけど。

|

2011年2月27日 (日)

一日の半分は睡眠…の日があってもいいじゃん

昨夜は日付が変わる前に帰宅。録画したドラマがたまっているので(今クールは「外交官 黒田康作」「Dr.伊良部一郎」「美しい隣人」の3本を録画。黒田康作以外は未見のまま)、少し見ようかと思ったが、疲れで猛烈な眠気。テレビをつけたものの、20分ほどで諦め、午前0時過ぎに就寝。

前夜ベッドに入る時間が早いと早く起きるというものでもなく。「明けたら日曜日」という安心感で、眠りに眠った。眠りこけた。寝ていたというより、気絶していたような感覚。寝だめはできないというけれど、たまにゴッツリ寝ると精神的に「大丈夫」と自分に言い聞かせられる。

そんなわけで、一日の始動は遅め。残りご飯を弁当箱に詰め、会社へ。後からイインチョも登場。午後10時過ぎまで、あれこれ今後の準備。

気がつくと2月は明日で終わり。この1カ月、何をやってきたというんですか、やってませんよ。あぁ、無情。

|

aicezukiさんの質問

大胆というか何というか。京都大の入試の時間中、試験問題が「Yahoo!知恵袋」で質問されていたそうな。投稿はケータイからなので、試験中に質問を書き、時間中に返ってきた回答でカンニングをした可能性が指摘されているわけだけど。

もし、これが本当に「aicezuki」個人によるカンニングだとしたら。自分の人生を、どこの誰とも知らん人の回答に託すなんて信じられないなあ。Yahoo!知恵袋に限らず、善意の多数の回答を集めたら正解が出てくるというのは幻想で、デタラメな回答が山のようにあるわけで。

それでももし、この人が善意の回答者のおかげで志望校に入ったとして、その後の人生をどういう思いで生きていくつもりなのだろう。バレなければいつまででも自分の悪事を隠して生きていこうという人。そういう発想って怒りが沸くより、心の底から同情する。隠し通せれば、何もなかったことにできると思っている人。それって、一番大切な自分自身を騙しながら生きているんですよと教えてあげたい。教えてやりたい。

と。

「aicezuki」の名前について。「アイスズキ」→「あい鈴木」→「鈴木あい」ってな連想ゲームをする人もいるけれど。「アイス=氷」を「aice」と素で間違うレベルだったら大学受験は厳しいでしょうね。「Aice5」なるユニット(私は知らない)のファンってのなら、まだ分かるけど。

あ、そうそう。「aicezuki」を予備校の解答バイトだと想像している人。それはたぶん外れ。大学によって違いはあるけど、30分程度の遅刻者は入室を許可される。少なくとも入室が許可されなくなるまで、大学側から予備校(もしくは仲介の新聞社)に試験問題は渡されない。試験開始から7分後に投稿しているということは、試験会場内発としか考えられないんだよね。

|

2011年2月26日 (土)

数えまつがい

旅先(出張先)のささやかな楽しみは朝食バイキング。普段は自宅で食べたり食べなかったり、食べても10秒でチャージしたり、流し込むように味噌汁をかき込んだり。睡眠時間確保に並々ならぬ意欲を示す私、朝食はどうしてもおざなりになってしまう。

けれど旅先(出張先)。和洋の食材を少しずつ選び、ゆっくり食べながら新聞を読む。食後にはオレンジジュースにコーヒーも。この時間を過ごせるのなら、睡眠時間が30分ぐらい短くなっても全然平気。

0226matsue_asa

つい食べ過ぎそうになるので、一品をちょっとずつ。うまくセーブできたと思って食べ終えたのに。デザートを取りに行く時、カレーが目に入ってしまい、2杯のご飯をカレーがけで。うまいよねえ、朝カレー。

JR松江駅で買い物をし(ホテルで2割引券が取り放題。どぜう饅頭と出雲そば、いずれも1050円を買って合計2100円のところを1700円)、広島行きバスへ。

帰りの車中、とんでもないことに気づいた。今日は2月26日、今月は残り2日しかないということを。なぜなのか分からないが(単なる願望ともいう)、今月に入ってずっと「31日までみっちり予定が入っている」と思っていた。今日になって29〜31日に予定を入れていないことに気づき、3日もあれば色んなことができるなあと考えていたところ、何にもできないことに気がついたわけ。ちょっとした勘違いが元なのに、かなりショック。

0226furyu

広島に戻ってもショックな事実は変わらない。とりあえず腹ごしらえでも。風流で「白のとんこつラーメン」(600円)。ここ数年、とんこつラーメンのおいしい店が増えましたなあ。本当にありがたい。値段はアレだけど、九州よりもおいしい店がたくさんあるもんね。

遅い昼食の後、会社へ。夜まであれこれ。

|

2011年2月25日 (金)

地方行脚 Last

西へ東へと向かった地方行脚。最終日程は北へ。…っとその前に、午前中は金融機関回りなど。

北の旅はバス。まずは三次へ。ひょっとして県北は寒いのかと思ったけど、今日は温かい。広島市内も昨日、今日と春の気候。この分だと、山陰にも春が来てるかもしれない。

0225snow

…ってな予想は全く外れ。赤名峠付近は雪、雪、雪。山陰に住んでた経験があるくせに、しばらく来てないと忘れてしまうのねん。

夜、松江着。有意義な討議あり、無意味な話あり。なんだかんだ、ホテルに着いたら午前2時過ぎ。せっかく松江に来たのに、松江温泉に入ることなく朝には帰広かあ…(何日か前のデジャヴ)

|

2011年2月24日 (木)

地方行脚 Part2

今度は朝から東方面へ。福山、尾道、呉の順。イインチョに時刻表を調べてもらったら広島から福山は新幹線、福山から尾道は在来。次は、新尾道からはいったん福山へ遠ざかった後、のぞみで広島に向かい、呉線に乗るルートが一番速いとのことだった。

ところがどっこい。想定通りの時間で動けるわけでもなく。

0224berg

尾道駅の中で洋食をかき込んだ後、新尾道に向かったら、想定していた時間の上り列車がない。時刻表を見ると、2分後に広島へ行く下りこだまがやって来る。こいつに飛び乗ってしまえ! ぜえぜえ言いながらギリギリセーフ。

広島まで戻り、ここから呉往復。呉線は快速でもゆっくりなんですな。飛ばすはずの駅もホームに接した線路を通ることが多く、徐行しながらの快速走行。明るい時間の呉線は久しぶり。海をぼんやり見ながらの旅(…でもないけど)は悪くない。

夜、仕事場に戻った後、明日の宿泊予約。ネット予約って、前日でも当日でも大丈夫なのねん。世の中便利になったもんだなあ。しばらくぶりに開いた楽天トラベルのサイト。プラス2000ポイント(1ポイント1円)還元するプランだとか、予約前に楽天カードを申し込んだらプラス5000ポイントだとか、あれこれお得プランを選択していたら、たっぷりとポイントが付いてきた。こんなに貯まったら、次も楽天トラベルを使わないといけないなあ。今はポイントをたくさんもらって嬉しがってるけど、泊まる機会がなくて流れてしまったりして。

ネットが便利だといえば、車の任意保険。ビート号の保険が明日の午後4時で切れる。バタバタと一日が終わる生活が続いたので、忘れてしまいそうになっていた。これも以前のように外交員と待ち合わせることもなく、ネットで継続契約。年齢条件などを間違えないよう、きちんとチェック。

日付が変わって帰宅。そういえば、ビート号をとある場所に昨夜から置いたままだったんだっけ。迎えに行ってから帰らねば。

|

2011年2月23日 (水)

決意と誘惑。後者の勝ち

久々、週末以外でビート号で出発。このところ、毎日遅くなっているけれど、今日こそは早い時間に直帰しようと心に決めた。その決意が、ビート号での出社。

午前中、あれこれ打ち合わせ。ゴゴイチで顧問の先生との予定があったので、昼食は後回しにして先生訪問。ちょいと遅めの昼食は、

0223issui

一瑞で担麺セット(650円)。タンメンといえば「湯麺」と書くものだと思っていたし「担」の字を使うのは「担々麺」だと思っていたので、不思議なメニュー名。広島つけ麺の店らしく、激辛ラー油を好みでかけることになっている。こいつがなかなかいいアクセント。満腹。

帰社後、夕方まで会議。

あっという間に夜になる。少しだけ事務仕事を進めようか、それとも帰ろうかと思っていたら、先輩がやって来た。目の前のハエを追うのに精一杯になっている私を激励に来てくれたらしい。ありがたいです、その気持ち、本当に。「ビート号で直帰」の朝の誓いはどこへやら、自宅近くのとある駐車場に車を置きに行った後、一杯。

0223asia1

昭和風情漂う部屋。モノクロテレビでモノクロの鉄腕アトムを見ながら(と書きつつDVD映像なんですけど)、

0223motsunabe

もつ鍋。私の今の生きるエネルギーは、鍋と麺。

そんなこんな。日付が変わる前に帰宅。明日も早いぞ、さあ寝るぞ。

|

2011年2月22日 (火)

湯田温泉を満喫TT

昨深夜、急遽、湯田温泉の宿泊決定。せっかくここまで来て泊まるのだから、温泉に入っても罰は当たるまい。っと思ったのに。ホテルの大浴場は午後11時半で終了、朝風呂なし。しかも、このホテルは朝食無料というのがビジネス客に人気の秘訣なのだけれど、朝食開始は午前7時。その時間はもう出発しなければならない。シャワーだけは浴びたけれど、これが世にいう最も正確な「素泊まり」。

0222ashiyu

JR湯田温泉駅に向かう途中、公園に足湯があった。おぉ、これがかの有名な足湯かあ。5分ぐらい入らせてもらおうと近づいたら…お湯が全部抜かれ、おじさんたちが清掃中。ががーーん! どこまでもツキがない。

そんなわけで、そのまま出社。新幹線を使ったら、山口市内は広島まで通勤圏内なのだとあらためて知る。仕事の時間が正確な業種に限られるとは思うけど。

0222omuhayashi

昼食は食堂でオムハヤシ。なんなんだろう、食べ終えた後の残念な感じ。ガンバってるのは分かるのに、なのに、のに。

午後、労懇。中国新聞の配布エリア外にも朗報。3月試行がスタートしたら、あらためて宣伝を兼ねて紹介する予定。

夜、Nさんを囲んで一杯。日付が変わる前に仕事を切り上げ、会社を出ることができるのは何日ぶりだろう。同じ職場ではなかったけれど、精神的な支柱だったNさん。少し遠くに行ってしまっても、これまで通りガンガン意見をください。よろしくお願いします。

|

2011年2月21日 (月)

地方行脚

今週は地方行脚シリーズ。本日は西方面。

2021shimakousaku

岩国で生「島耕作バス」を見た。広兼憲史さんの肩書きが「岩国出身の社会派漫画家」というのが、何となく滑稽な気にさせる。私だけなのかもしれないけど「社会派」とか「敏腕」とかの形容詞がつくと、尊敬すべき存在から一気に嘲笑の的にされそうに感じるのだ。何と表現すればいいのか、この手の形容詞は客観的なようで、実は主観においてのみ存在するからかもしれない。

例えば「警察担当記者」は客観的事実で「社会派記者」だと主観。「一面トップ級特ダネを年に数本書く記者」は客観だけど「敏腕記者」は主観。そんな感じ。あ、そうそう。私は広兼さんの作品が大好きで、昔からずっと読んでますよ。だからこそ「社会派」ってな表現をする必要がないと思ってるわけで。

0221champion

周南市に移動した後、商店街で遅めの昼食。醤油系のチャンポン(550円)。うむ、これはうまいですなあ。私の知っているチャンポンとは違うけど、これもアリ。遅めの昼食なのに、店に入るなり「お昼休みはうきうきウォッチング♪」の音楽が流れてきてびっくりした。山口では午後1時55分から「いいとも」タイムなわけですな。

さらに西に移動して夜は山口、あれこれ討論。午後11時を回ってしまい、帰りの便がない。湯田温泉泊。せっかく温泉街に泊まったのに…(明日へ続く)

| | コメント (4)

2011年2月20日 (日)

回転寿司考

仕事があるから前夜から会社にいた。

ちょっとだけ寝た。

…寝坊した。

何やってんだか。私の週末を返してくれ。誰が? 自分のせいなんですけど。はい、すいません。

夕方まで事務仕事。目鼻が立ってきた…ならいいのだけど。

0220tenka

昼ごはんを食べるのを忘れていた。車を西に走らせていたら「かっぱ寿司」の看板が目に入った。昼時は過ぎているし、夕飯時にはまだ早い。数皿食べて行くかと駐車場に車を入れたら。店内は席待ちの客であふれ返っている。オープン記念の特売日か何かのようだ。

私の心の中の「無駄リスト」のかなり上位にランクインするのが「並んでまで回転寿司を食べる」こと。本当に意味が分からない。子どもが喜ぶので、以前はたまに家族で行っていた。「全皿100円」という看板があると、奥様方(うちの妻を含む)も喜ぶ。ところがどっこい、から揚げやプリンは100円ではないし、運転手を仰せつかると酒も飲めない。あーた、寿司食べるのに酒もなしなんてあり得んでしょ? よしんば妻が運転を担当することになったとしても、生ビールを頼むと「それ1杯で5皿分の値段でしょ?」と嫌味を言われる。そんな苦行を強いられるぐらいなら、持ち帰り寿司でも買って、自宅で飲んだ方が百万倍楽しい。

…取り乱してしまった。この世には「時は金なり」という諺がある。回転寿司に並んでいると、わずかな金額をケチるために、大切な時間を失っているような気になってくるのである。好きな物食べて、好きな酒を飲ませてちょーだいよ。

というわけで。かっぱ寿司をパスし、すぐ近くの天下一品に寄り道。疲れた胃壁をドロドロスープが包み込む。あ、そうだった、あまりに空腹で天一を食べると具合が悪くなるのを忘れてたわ。

夕飯はカレー鍋。一杯食べたら、猛烈に眠気が襲ってきた。午後9時、就寝。日曜日ぐらい、好きなだけ寝ても罰は当たるまい。体壊さないようにしよーっと。

|

2011年2月19日 (土)

ろうきん申し込んだ

先日から続く住宅ローン借り換え話。ろうきんの支店が会社近くにあるので夕方、必要書類を持って立ち寄った。窓口のお姉さんは「2時間ぐらい掛かりますがよろしいでしょうか」と言う。職場に戻る予定だから2時間も掛かるのは困るけど、あらためて来る時間もないので、大丈夫ですと答えた。

必要な物は事前にすべてそろえている。コピーが必要なら事前にやってきたし、仮申し込みの書類も全て記入していた。2時間は掛かるまいと思っていたら案の定、30分程度で終わった。お姉さんは「あ、意外と早く終わりましたね」と申し訳なさそうにしている。いえいえ、早く終わって助かるのは私ですから。

このブログでは複数回にわたり「住宅ローン」「借り換え」「金利」などの用語が出てくるので、広告のリンクもローン関係が必ず出てくるようだ。住信SBIネット銀行ではなく、ろうきんを選択した、って書いてるのに、その住信SBIネット銀行のCMが出てるんだよなあ。申し訳ないというか何というか。以前、カープの話で盛り上がっている友人のブログに「ジャイアンツ優勝Tシャツ」(しかも過去の売れ残り)のCMが出てるのには笑ったけど。

そんな週末。合間に1時間ほど、ろうきんに出た以外は事務処理仕事。あまりにまともに食事をしていない感が自分でもあったので、今日の夜は食堂で食事。

0219hitsuma

「ひつまぶし」(450円)だそうである。ウナギ食べて元気になるぞー!

本日も日付変更線超え。

0219oni

ちょいと軽く、いつもの店へ。かなり以前からある「新メニュー」の豚鍋。存在は知っていたけれど、初めて食べた。鍋はいいよね、鍋は。うまうま。

そんなこんなで会社泊。こういう生活は今週までにしとこう。妻と子たちの顔を忘れそうだ。

|

2011年2月18日 (金)

日サロ的な美味

最近、いただき物が増えた。本日は、

0218shu

シュークリーム。チョコレートはあまり食べないけど、シュークリームは子どものころから好きだったなあ。

夕方、執行委員会&中央委員会。「春闘」は戦後日本の最大の「発明」のひとつなのだそうである。発明品を生かすも殺すも私たち次第。最大限生かせるよう、準備を進めなければ。

本日も日付変更線超え。

0218oden

まっくろくろに染まったおでん。これさえあれば、仕事後の疲れも吹き飛ぶんだよね。どういう煮込み方をしたらここまで黒くなるのか、今度来た時に大将に教えてもらおーっと。ひょっとして、厨房の奥に日焼けサロンがあったりして。

       また最後になって、つまらんこと言うた。

|

2011年2月17日 (木)

西へ東へ

出社前、西広島支局へ。いつもより少し遅れて会社着。外はしとしと冷たい雨。こんな日に限って、あれこれ出歩く用事がある。午前中に金融機関、そして複数の役所へ。「労働組合」が法的にどんな立場なのか詳しく知らなかったけど、職員がいれば事業所としての届出をしているし、結成(設立?)時にも届出をしている。いまさらながら勉強になる。学生時代、もっともっとちゃんと法律をかじっておけばよかったなあ。

夜、広島制作センター(印刷工場、ちゅーピーパーク)へ。帳簿上は同じ「本社」所属であっても、約30キロ離れた場所にあると、意見交換をする場が少ない。わが家からは本社より制作センターの方が近いし、これからもなるべく顔を出すようにしなければ。

本社に戻った後、仕事再開。未明まで仕事。胃がキリキリするほど空腹になったので、会社近くの「いつもの店」へ。軽く食事をし、ビールを数杯飲む。会社で仮眠。

|

2011年2月16日 (水)

あま~い!

今日のタイトルを書きながら、スピードワゴンの「小沢さん、甘いよ、あま~い!」のセリフを思い出しつつ、政界の小沢さんを取り巻く環境は決して甘くないよなあ、ってなことを考えていた。

何が甘いかというと。

0216cho1

仕事の合間、自宅から持って来たチョコ(妻からではなく息子から受け取ったんですけど)を食べたり、

0216cho2

いただき物を少しずつ口に放り込む。あまりチョコは食べないんだけど、甘い物は体に大切なんですな。疲れた体が元気になるような気がする。ちゃんとまともに食事をしろよ、という声も聞こえてきそうなんだけど。

0216rin

昼は初訪問の喫茶店で定食。鮭、小イワシ天、マカロニ、ひじき、そしてサラダ。これにご飯と味噌汁。「ご飯のお代わりは自由ですよ」と言われると、ついつい2杯を頼んでしまう貧乏性。和と洋の不思議な取り合わせが何ともいえない。

夜なべばかりしていると、作業効率が落ちる。バスがあるうちに帰宅。

|

2011年2月15日 (火)

ぬかよろこばせ

午後から役所回りやら。外に出たついで、銀行にローンの残高証明の申し込みに寄った。ろうきんでの借り換えの審査が終わったので、現在借りている住宅金融支援機構(旧・住宅金融公庫)のローン残高の一覧表が必要なのだという。持っているはずなのだけど、どこに行ったのかよく覚えていない。取り扱い銀行に行けばすぐに分かるとのことだったので寄ってみた。

融資窓口の担当者は「はぁ、住宅金融支援機構のやつですね」と、やる気のなさを前面に出している。証明が出るまで何週間か掛かるだとか、うちはただ取り次ぎをしているだけだから、詳しいことは支援機構に尋ねないと分かりませんとか、面倒臭さを隠そうともしない。申請書類にあれこれ書き込み「使用目的」の欄までやってきた。「ローンの借り換え、と書けばいいですか」と尋ねた途端、奥の席にいた上司っぽい人(仮に課長としておく)がいきなり立ち上がった。「借り換えですか? 借り換えですか? どこで? うちで?」と突然の食いつき。びっくりしたわ。

ろうきんで申し込もうと思っていると伝えると、課長が「うちの方でも検討してもらえませんか」と言うので、ローンシミュレーション表を見せた。しばらく見つめた後、「団信無料、繰り上げ返済手数料無料は同じですけど、保証料無料はすごいですねえ。これで10年固定で1.85%ですか。これは安い、安いですよ。うちは保証料0.2%は外せませんから、金利で0.2%以上下げるのはねえ…」。なんか知らんけど、銀行の課長さんに借り換えのお墨付きを得たような形になった。ろうきんは会員だとその時点で最優遇金利だけど、いくつかの条件をクリアすれば同じ金利で融資が受けられる。借り換えを考えている人は、ご検討あれ。

夜もちょこまかと事務作業。今日も日付変更線超え。仕事後の一杯に行く余裕もない。

|

2011年2月14日 (月)

ノーゼー準備

朝から市役所へ。e-Taxなる電子申告・納税システムを試してみるため先日、住基カードの申し込みをしておいた。16日までに受け取りに行かないと、申請をなかったことにするぞと手紙が来たので、仕事前に寄った。納税額が増えるのか、それとも還付金があるのか分からないけど、期限までに済ませなければ。まとまった額の請求がきたら凹むなあ。

0214musashi

そんな合間に「むさし」でむすび。むすび、から揚げ、枝豆、キャベツ、ウインナー、みかん。バランスがよさそうな、それでいてどこかアンバランス。生キャベツは苦手だけど、ちょいと塩をかけたキャベツは大丈夫。それなりの満足感。

春闘へ向け、今日から拡大職場集会。本日は4ステージ開催。午後はみっちりしゃべりっぱなし。私がどれだけおしゃべりだと言っても、喉は渇くし多少は疲れる。シラフでもしゃべり続けられるんだなあと、自らを再評価。何のこっちゃ。

日付を変更線を超えて仕事終了。早く帰宅したい気持ちあり、空腹なのでどこかに寄りたい気持ちあり。結局、

0214toshi1

イインチョの自宅近くの府中焼き「としのや」に寄り道。ミンチ肉を使い、にじむ油でカリカリになった麺。何度か食べるうち、癖になってきた。ビールにもぴったり。

|

2011年2月13日 (日)

ライブ

今日は年に一度のバンド部定例会。ちょっとスカした言い方をすると、ライブ。でもねえ、ちゃんと練習もせず、人前で恥をかく…いや、もう恥さえも感じなくなったけれど、こういう行為をまじめなミュージシャンと同じように「ライブ」と呼ぶのはちょっとねえ。

0213live

こんな感じでワァワァと。一応、私も多少の楽器経験があるんで、気が向いたらそのうち動画を公開しますわ。予定は未定。

世の中には「空気を読めない」という言葉がある。一生懸命にまじめな話をしている人を茶化すように言うこともあるし、本気で怒る場合にこういう表現をすることも。けど「KY」というのは表現として何となく可愛げを感じる。明らかにおかしい発言をする人に対しては、こういうオブラートに包んだ表現ではなく、相手にも伝わるように「場をわきまえない不適当な発言」と指摘する方が親切なのではないかと思う。例えていうなら、結婚披露宴の場で延々と葬式の話をするような人。100円やるからどっか行ってくださいな。

JRがなくなる前に帰宅。自分の出番のビデオを見ながら、自宅で独り飲み直し。いやあ、ホントに面白いこと言うねえ、オレ。トークの天才とはこういう人のことを呼ぶのだろう。誰か、私のためにラジオ番組の枠を確保してくれません? あることないことしゃべり続けますから。

|

2011年2月12日 (土)

ほぼ結婚記念日

オフの日。朝からごろごろ。昼食とった後もごろごろ。

このままだとダメ人間になりそうなので、夕方から1時間ほどランニング。昨夜から雪が降り、道路の端にはまだ白い物が残っている。その脇を、毛糸の帽子をかぶり、ウインドブレーカーを着て走る男。何かアレだね、自主トレしてるプロ野球選手みたい(本物は、もうキャンプまっただ中ですよ〜)。

気温は1度か2度か。ひょっとして氷点下か。外に出た時は冷気で倒れそうだったけど、1時間走るとじっとりと汗をかく。走るのって、体力づくりというより、気分転換になるんだよね。くよくよ悩まず走ることにしよう。

夕飯は妻が初挑戦のトマト鍋。うまうま。食べ終わった後「こういう日こそ、写真撮ってブログに書けばいいのに」。あ、すいません、写真も撮らずに食べてしまって。…って、自分のブログなのに、なぜ妻に気を使う?

夕飯後は家族でケーキ。結婚してほぼ14年記念。そうですなあ、14年って早いようで、それでいて短いようで(←どっちも同じ意味)。子ども3人に囲まれて、普段は囲まれることもなく遅く帰宅して、それでも「パパ〜」と呼んでくれて。妻にもあれこれ苦労もかけてるなあ。申し訳ない。

…ってな殊勝なことを一瞬だけは思う。この一瞬の感謝の気持ちを忘れないよう、ちと恥ずかしいけど日記に記す。

|

2011年2月11日 (金)

発表会

朝から息子の幼稚園の発表会。

0211hole

会場の日赤広島看護大には、学内にホールがある。こいつはすげぇ。大学ってどこでもこうなの? ひょっとして、東広島に移転した後の広島大にもこういうのがあるのかしら。ここが使えるのなら、学園祭とかも盛り上がるだろうなあ。

息子たちの劇は「101匹のワンちゃん」。園児は101人はいないけれど、わいわいガヤガヤ子どもたちがステージを駆け回る。元気があっていいねえ。あれ? 全員が寝転んでいるのに、うちの子だけ立ってますけど、それはそういう役柄なん? 父親に似て自由人。

午後から会社へ。ちょいと残った事務仕事。バンド部の準備もあるしね。

午後7時ごろ帰宅し、ごろごろ。午後8時前、妻が夕飯だと呼ぶのでリビングに行ったら、R-1ぐらんぷりの放送中。あ! 2月11日は井岡一翔の世界戦とR-1をダブ録するよう、メモに書いていたのに。たのに。のに…。バタバタしているうちにすっかり忘れていた。

R-1は途中から見た。ボクシングは生で見たかったなあと後悔していたら。ポッドキャストでNHK午後7時のニュース(ラジオニュースを後から聴くことができるサービスがある)を寝る前に聴いていたら、井岡がTKO勝ちしたことを伝えていた。な〜んだ、午後7時からの中継だけど、生中継ではなかったのねん。生だと思ってた人、正直に手を挙げてください。

|

2011年2月10日 (木)

ミュージシャン風

朝から社内がそわそわ。人事異動の内示の日。私も自分が対象の時はあれこれ情報収集しようともしたけれど、今回は対象外だもんなあ。発表があれば、速やかに皆様にお伝えしますから。

あれやこれや午後9時、仕事終了。今夜は1年ぶりのバンドの練習。1年に1回だけ練習をし、1年に1回だけ本番を迎える七夕のようなバンド、それが「古市雅之とザ・テラス」。過去2年、冠になっている古市さんがいなかったけれど、それでもバンド名は「古市雅之とザ・テラス」。2月13日、広島市内某所でシークレットライブ。

というわけで。1年ぶりに開封したトランペットケース。数カ月ぶりに握ったベース。若いころにやり込んでいたなら「昔の衣笠」ということわざもあるけれど(「昔取った杵柄」と言いたいらしい)。

年に一度だけ杵柄を持つ手は、常によろよろ。それでもこうやって楽器を出すと「あぁ、もっと普段から練習すれば、もっと楽しく音楽をできるのだろうなあ」と思う。こう思うのも年に一度。

|

2011年2月 9日 (水)

動く

午後から執行委、中央委。午前中はバタバタと。昼は力をつけるために、冷めん家。夏は行列ができるけれど、この季節はゆっくり座れる。夏こそ熱い物、冬こそ冷たい物を食べる方が体にいいんだってば。

仕事後、前イインチョと軽く一杯。あちこちから電話が入る。ケータイってのは便利だけど不便。ゆっくりさせてください。自省も込めて。

最終バスで帰宅。

|

2011年2月 8日 (火)

おせっかい

そういえば、先日の日曜日は愛知県でトリプル選があったんだっけ。愛知県知事選の結果を検索してみようと思ったら。

------------------------------------------------

Photo

------------------------------------------------

「愛知県知事選 開票速報」で調べたら「千葉県知事選 開票速報ではありませんか?」って言うYahoo!。試しにと思い「佐賀県知事選 開票速報」でやってみると、今度は「滋賀県知事選 開票速報ではありませんか?」ですと。こちらが知りたい自治体の名を、勝手に想像しないでくだはい。

いつも見るのに一度も行ったことのない店がある。井口のココス。一昨年、江田島市かきカキマラソンに行く時に江島さんと待ち合わせをしたのがココのココスだったし、JRで会社に向かう時には窓の向こうに必ず見える。なじみがあるけど、なじみがない店。それがココス。そんな店に初めて入った。

店内はステーキソースの香りがしている。斜め後ろにはヤンキー風カップルが座っている。盗み聞きする気はなかったが、大きな声で話しているので聞こえてしまう。テーマは「親の躾と子の責任について」だった。男子は靴を片足脱いでソファーに足を上げ、茶髪の女子はだるそうにテーブルに肘を付いている。勝手に「最近、いいことなんかなくね?」みたいなことを言っているかと想像していたので(すいません)びっくりした。

|

2011年2月 7日 (月)

顧問のセンス

新しい朝が来た。希望の朝だ。

…希望の? 今週が希望のある週でありますように。

0207fuchu

昼食は府中焼き。広島のお好み焼きを「広島焼き」と呼ぶことはないが、ミンチ肉を使った備後府中のお好み焼きは、自分たちで「府中焼き」を名乗っている。ぐずぐずしていると、府中焼き、尾道焼きという名が全国に広まってしまうかもよ。

私が頼んだのは手前の「塩」。広島のお好み焼き店でも、お好みソースを使わない「塩」をメニューに置いているところもある。なかなか美味なのだけど、1枚全部を塩味だけで食べるのは飽きがくるかも。半分ほど食べたら、少しだけソースを投入。うむ、さらにウマさアップ。

午後、顧問の先生へご挨拶。顧問といえば思い出すのが中学生時代。私は3年間、テニス部に入っていた。中学3年の最後の夏、わがチームは地区大会準優勝、県大会8強。それなりに充実感を味わっていた。そんな大会の日、顧問の先生はひょっこりやってきた。普段は練習を見たこともなく、そもそも先生がテニスをできるのかどうかも分からなかった。

当時の軟式テニスはダブルスオンリー。団体戦は3ペアずつで戦い、2勝すれば勝ち上がる。これは「ルール」。単なるルール。顧問の先生は”勝利の秘策”として私たちにこう言った。「まず1組目が確実に勝つ。次に2組目が勝てばここで勝利。もし2組目が負けても3組目が勝てばいい」。冗談にしてはセンスがないなあと顔を見たら、全くの真顔。どう反応していいのか分からんかったわ。

もう他界されて随分なるけど、好きな先生だったなあ。顧問の先生としてではなく、社会科の先生としては。

夜、きのぴーんちで、何かのパーティー。初対面の方々ばかりの中、図々しく入り込み、あっはっは、がっはっはと食べて、飲んで、しゃべる私。楽しゅうございました。またお会いしましょう。

|

2011年2月 6日 (日)

住宅ローンの話

先週の会議の原稿を書いていないし、週明けの準備もある。ふらふらと会社に行き、仕事。

人気のない部屋にずっと独りだと、気が滅入る。何か楽しいことを考えよう。楽しいことって何だろう。何か新しいデバイスのことを考えるのは楽しいな。けど、先立つものが気になるなあ。先立つものといえば、住宅ローンの残高を減らすにはどうしたらいいのだろう…

…というわけで。会社近くにある「ろうきん」住宅ローン相談室に行った。気晴らしにローン相談というのも変だけど、返済総額が減れば気が晴れるかもしれない。

私は住宅金融公庫(現・住宅金融支援機構)から固定2.55%で約半分、残り半分を公庫財形の5年変動1.27%で借りた。融資を受けてから8年目。固定はこのあと11年目から3.5%に上昇することになっており、公庫財形は満5年ごとに見直しで現在は1.74%に上がった。当時はこれでも低金利だと思っていたが、昨今はさらに金利が低下。これに加え、住宅金融公庫の「ゆとり返済」などを使っていた人の破綻が相次ぎ、団体信用生命保険(団信)の掛け金が昨年から上がった。残金は減っているのに、団信の払いが増えるのは納得がいかない。

幸い中国ろうきんの会員なので、最優遇金利が適用される(せっかく出資者なのだから活用しなくちゃ)。今は10年固定で年利1.85%、11年目以降はその時の固定金利から1.00%優遇。現在の金利水準が続くと仮定すると11年目から固定を選択すれば2.45%(その他の選択肢あり)。数字だけを見れば公庫の1.74%より高いのだが、ろうきんの場合は保証料0円、団信0円、繰り上げ返済手数料0円。団信分を考えると、現在の時点で既にろうきんの方が有利だし、2年後に固定部分が3.5%に上がることが決まっている公庫のローンをそのまま持ち続けるメリットはない。

住信SBI銀行は固定特約付で当初引き下げ10年1.74%というのがあるけど、その他の条件を確認すると、ろうきんより確実に有利とまではいえない。

というわけで即日、ろうきんに仮申し込み。低金利が売りのネット銀行は審査に時間が掛かるそうで、1カ月以上待つこともあるとか。しかも問い合わせが電話、メールなどに限られる。ろうきんは窓口が会社近くにあるし、審査も早いらしい(実際、仮申し込みから1週間もたたないうち、審査を通ったので窓口へどうぞと電話が来た)。

余談だけど、ろうきんの口座は週末や祝日にゆうちょ銀行やATMを使って引き出しても手数料無料。たかが105円、されど105円。精神衛生上、かなりよろしい。

|

2011年2月 5日 (土)

春よこい

朝から下の娘が参加する「春こいコンサート」会場へ。妻は気管支肺炎、上の娘はインフルエンザ、下の娘はインフルの治癒証明が出たばかり。家族とほとんど接点のない私だけがピンピンしている。いつもは妻が行っているリハーサルも、今日ばかりは私の役目。

0205harukoi

娘の出番を見たらすぐに会社へ向かおうと思っていたのだけど、あいにく一番最後。しかも午後0時45分終演予定だったものの、押してしまった。

今日は映画「悪人」「フラガール」の李相日監督のトークショーがあり、事前申し込みをし、かねてから楽しみにしていた。土曜日の午後だし、会社に出る用事もきっとないだろう。油断していると、思ってもみないことが起きるんだな、これが。

0205ramen

泣く泣くトークショーを諦め、腹ごしらえに藤原ラーメン。半チャーハンセットでがっつりパワーをつけましょう。

皆が帰った後、独り寂しく事務作業。日付が変わるより前、タクシーで帰宅。

|

2011年2月 4日 (金)

新幹線共闘会議終了

新幹線拡大共闘広島会議2日目。初日のうちに単組報告がかなり終わっていたので、2日目の日程はかなり余裕だなと思っていた。ひょっとして、暇を持て余すようになったらどうしようかとも思った。ところがどっこい、活発な意見交換ができて、正午までの2時間半はあっという間。ホスト側がこんなことを言うのも変だけれど、充実感のある会議だったよ、うん。

0204tsukemen

昼は冷めん家さんに行ったり、あれこれ用事。2日間の会議が終わってほっとしたけど、気を緩めてばかりではいけないし。

夕刻から事務処理スタート。終わりの始まり。

0204sakura

遅くなったので、前イインチョと軽く食事。初めて行った店だけど、桜鍋が気に入った。海鮮類は…課題あり。

|

2011年2月 3日 (木)

塩田センセイ「盤上のアルファ」

本日より、新幹線拡大共闘会議。午前中は会社に出て、あれこれ準備。午後から会場へ移動し、さあ気合入れていきまっしょい。

0203hiru

スタート前に腹ごしらえ。おかずのボリュームはさほどないけれど、ご飯のお代わりが自由とのこと。ペース配分を考えながら、3膳食べて充電完了。

山田延廣弁護士の講演の後は、各単組からの報告を受けながらの討議。せっかく全国から集まるんだもん、言いっぱなしの発表会ではなく、もっともっと討論の時間を取りたいと以前から感じていた。

0203okonomi

会議後はホテル内で交流会、そして2次会はバーで語り合い。かなりの長丁場で皆さんお疲れだと思ったのだけど。「広島に来たからには、カキとお好み焼きを食べないと」とおっしゃる方が多数。深夜のお好み焼きへ。肉玉そばを2人で1枚、カキの鉄板焼きを3人に1皿程度ずつ注文。これで満足していただけたかしら。

今回、神戸新聞からの参加者の一人に塩田武士さん。将棋担当記者で、小説「盤上のアルファ」が小説現代長編新人賞を受賞したそうな。作家センセイとお近づきになれるせっかくの機会なので、記念撮影。

0203shiota

センセイの顔は半分だけにしておいて、と(笑) デビュー作「盤上のアルファ」単行本は絶賛発売中。私はこちらから注文したよ⇒

|

2011年2月 2日 (水)

新幹線共闘イブ

さあ、明日から新幹線共闘会議。準備をしっかりやっていきましょう。

…と。下の娘の発熱はインフルエンザ確定。咳が出ていた妻は気管支肺炎。先にインフルエンザだったのかどうかは分からないが、とりあえずリレンザを処方されたようだ。そんな中、上の娘も学校で発熱し早退。息子は先週、既に高熱を出して幼稚園を休んでいる。残るは…私だけ? いやいや、これまで気休めだと思っていたインフルエンザの予防接種を今年初めて、打ちましたからね。私だけは無事に過ごせるはず。

家族との濃厚接触を避けつつ、午前中、イインチョとともに会議の講師の先生に挨拶。街まで行ったついで、昼はどこかでラーメンでも食べようと、

0202ramen

白島の「ぶぅ」。豚濁しょうゆ590円。ちょっと前まで、豚濁しおがあった気がしたんだけどなあ。お決まりの替玉100円も。替玉の時は、辛子味噌も投入。うむ、味わいが変わって二度おいしい。

今日こそは早く帰ろうと思っていた。と。きのぴーから「節分イブオフしません?」メール。おぉ、いいねえ。けど、仕事が残ってるしなあ。仕事後、合流することにした。どうせ、夕飯を食べるような時間には帰れそうにないし。

午後9時半過ぎ、スーパーで弁当を買って節分イフ合流。なん吉っつぁんと3人、どーでもいいことやら、あーでもないことやら、話したり。ちょうどいただきもののDVDを持っていたので「ベスト・キッド」(ジャッキー・チェンの方)を観る。あれこれツッコミをしながら観る映画ってのもおもしろいね。物語が佳境に差し掛かったころ、きのぴーが「あれ? この子(ジェイデン・スミス)って男だったん?」。あはは、字幕に「ボク」って出てたし。もし女の子だったら、殴ってきていた男子グループはクズ人間だし。笑うた。

そんなこんな。日付が変わったので、きのぴーとなん吉っつぁんに豆をぶつけ、五穀豊穣を祈りつつ、帰宅したとさ。あー、おもしろかった。また行くぜ!

|

2011年2月 1日 (火)

札幌~鹿児島まで新幹線を

出社前、農協と市役所へ。農協へは保険関係の契約、市役所へはe-Tax(電子申告・納税システム)のため住基台帳ICカード発行の申し込み。

子どもたち3人は郵便局(かんぽ生命)の学資保険を掛けているけど、金額が足りないような気がしてきた。最近は外資系保険会社など、高利回りをうたう広告も見掛ける。ただ、心配性の私、15年前に日本に存在しなかった会社が、15年後も存在し続けるかどうか、考えると夜も寝らんなくなっちゃう。というわけで、農協の保険を活用することにした。組合員&准組合員向けの金融商品は、あまり宣伝されていないが、民間と比べて有利なことが多い。調べてみたら、へぇ~なことが多いですよ。

e-Taxは義務じゃないけど、せっかく確定申告が必要なら試してみることにした。やっぱり、自分でやってみて、それが便利なのかそうでないのかが分かると思う。1月の骨折で数十万円分の領収書があるもんね。少しでも控除してもらったら、何かの足しにはなるかも。ただ、追加納税しなくちゃいけない案件もあるしなあ…。結果的にマイナスになると凹む。

下の娘が熱を出した。症状から判断すると、インフルエンザの可能性は高い。今週末は音楽教室の発表会。治癒証明まで出ればいいのだけれど。

3日から広島で「新幹線拡大15者共闘会議」。タイトルに書いた通り、新幹線を日本中に張り巡らせる日本列島改造計画を進める秘密結社…なわけは、当然ない。この言葉でググると、それっぽいのが出てきますよ。ただ、上から4番目のは私の過去の日記で、6番目以降は「リニア中央新幹線」などの記事がズラリ。

広島での新幹線共闘会議は、うちがホスト役。本来なら昨年も私が何らかの仕事をしていなければならなかったのだけれど、先ほどの書いた骨折のため、会議の日は手術。交流会でわいわいやっているころ、私はベッドの上で麻酔が切れ、痛みに苦しんでいた。あぁ、あれからもう1年。

日程表などを作らねばならないが、昨年分のファイルがどのフォルダにあるのか分からない。別の役員が作ったであろう(たぶん、ぢゅーピー君)書類を引っ張り出してもらい、参考にする。そういえば、こういう文書ってきちんと見たことなかったなあ。知らないことってたくさんある。うん、本当に知らないことが身の回りにはたくさん。

ビート号で出社し、なるべく早く帰るつもりだったのに、なんだかんだで午前様。会社近くでクールダウン。

|

ヌルピョン提唱ライブ

1月某日、東京は下北沢へ「ヌルピョン提唱 アンチエイジング・パンクの詔」クラブアロエのライブに行ってきました。ヌルピョンとは、私が敬愛するバンド、モダンチョキチョキズの「飛び道具」として大活躍。バンドの活動停止後はフジ系「LOVELOVE愛してる」のLOVE LOVE ALLSTARSのコーラスなどで小活躍。LOVE LOVEは野村義男さんだけでなく、曾我泰久さんがギターで来たり、楽しかったなあ(今、Wikipediaを見たら、ヌルピョンはギターで参加したって書いてある…)

クラブアロエのメンバーが豪華。Vo.ヌルピョン、Dr.芳垣安洋さん、Ba.梶野秀樹さん、Gt.磯田収さんは元モダチョキメンバー。エレキ大正琴の井上晃一さんは、ヌルピョンが「同級生」とだけ紹介していたけど、映像クリエーターで映画監督の方ですよね?

Nurupyon

もし、ヌルピョンが歌ばかり歌ったらどうしよう、と始まる前は不安に思ってました。だって、ヌルピョンの持ち味は、無駄にあちこち話が飛ぶ長いMC。そのMCもそこそこに2時間熱唱されたらどうしよう、と。

…そんな心配は無用でした、逆に。オトナになったら落ち着くかと思いきや、かつてよりもパワーアップした散らかり様。梶野さんのツッコミも、時々放置プレーになるのがまた面白かったり。

そんなこんな、楽しく過ごした2時間。演奏後、出演の皆様に一言ずつあいさつをし、握手をしていただきました。ヌルピョンとは広島のキャンペーンやイベントなどで何度かお会いしたことがあったのですけど「わざわざ広島から?」と覚えていてくれたのは嬉しかったですねえ。磯田さんは初対面でしたが「遠くからありがとうございます」と。いえいえ、こちらこそ、楽しいステージをありがとうございました。

今回、初めて会う方で楽しみにしていたのが長谷部信子さん。モダチョキのメロディーメーカーとして活躍されてました。今も日本テレビで放送中(広島は未放送T.T)鳥居みゆきさん主演「臨死!!江古田ちゃん」の主題歌を作曲。ヌルピョンのバンド情報なども、長谷部さんのサイトやメルマガ情報で得てたんですねえ。「あ、思うてた感じと違う」というのが私の印象だったそうですが、どんなん想像されてたんでしょうか。もっと、カッコええ人? もっと、オタクっぽい人?(苦笑)

Marinop

あ、そうそう。モダチョキのメーンボーカルといえば、濱田マリさん。今も昔も長谷部さんと仲良しですよねえ。同級生ですし。余談ですが、私も彼女ら2人と同級生です。まさに余談。余談チョキチョキズ。っつーわけで、記念写真をパチリ。

観客はギョウカイ関係者の方が多かったみたいで、ロンブー亮さん(握手しました)、放送作家の鮫肌文殊さん(四半世紀前、バンドをやってらしたころにテレビで鮫肌さんを見た思い出話などをしてしまいました)ほか。なんか場違いのような、けれど、とびっきりの楽しいひととき。ええなあ、東京に住んでる人は。

広島で「クラブアロエのライブやったるで」と名乗り出てくれるようなライブハウスはないでしょうか。キャパ100人ぐらいのとこ。絶対、サイコーに面白いライブになるんだけどなあ。

(この日記は普段は常体で書いているのですけど、敬愛する方々が多数登場するので、このエントリは例外的に敬体にしました。いつものままだと失礼ですもん)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »