« こいつは春から縁起が | トップページ | 仕事始め »

2011年1月 3日 (月)

三が日

昨夜というか、今朝、佐賀の帰省から戻って来た。昼過ぎまでごろごろ。

夕方、「こたつを買いたい」という妻と一緒に店へ。ところが、今日はまだ正月三が日。いつもより閉店時間が早かったらしく、既に閉まっていた。また今度。

オデッセイ号から発するガラガラ音がひどくなっている。簡単には済まなそうな予感。

夜、仏教と神道(寺と神社)に関する「教科書には載らないナントカ(うろ覚えです)」という番組があり、興味深く見ていた。エリートの最澄と、叩き上げの空海。分かりやすい例えがいいですなあ。大河ドラマは必ずしも歴史に従ってはいないけれど、人物相関図を頭の中に入れるのには役立つ。今回見た最澄と空海の物語で、2人の関係がこれまでよりは頭の中に入ってきた。ただ、「最澄=カンニング竹山」「空海=小島よしお」がインプットされてしまったのは、良いことなのか、悪いことなのか。

私がテレビを見ている間、子どもたちはカルタをやろうと言い出した。私はテレビ視聴をメーンとしながら読み役。「世界国旗かるた」なるものがあり、絵柄は国旗だけ。読み札には「三色が 平和の象徴 ○○国」みたいな文言が書いてあり、国名と旗の由来を知ることができる。私も知らない国旗ばかりで、息子(4歳)、下の娘(小3)が知っている国旗はほぼ皆無。そのくせ、負けると悔しがる。札を読むたび、どっちが先に取ったのか言い争い、敗れた方は泣く。どっちかが泣きっぱなしって、こりゃ、家族団らんと呼べないんですけど。

さあ、明日から仕事。元気にやっていきましょう。

|

« こいつは春から縁起が | トップページ | 仕事始め »

日々の日記」カテゴリの記事