« 準備万端 | トップページ | 祭りのあと after carnival »

2010年12月 5日 (日)

オレンジライド2010

さて、本日はオレンジライド2010の日。コニカミルタ君ご夫妻が午前6時過ぎ、迎えに来てくれた。すんませんのお。いざ、会場へ出発。

1205kaikai

午前8時半から開会式。ゲストは安田大サーカスの団長。私は全く知らなかったのだけど、この世界では有名人なのだそうだ。あいさつ中、何度も「『自転車芸人』買ってください」と、自著の紹介をしていた。せっかくなので、Amazonにリンク。よく一緒に購入されている商品は鶴見辰吾著「気がつけば100km走ってた」。う〜む、いつの間にか走ってる距離じゃないぞ、100kmは。

1205windbreak

ウインドブレーカーは20年以上前、福岡ダイエーホークスファンクラブのノベルティグッズでもらったやつ。汚れてしまっていたけど、だからこそ心置きなく使えるってもんだ。

1492って数字は、コロンブスがアメリカ大陸を「発見」した年。この数字を見て、何か縁があったのかなあと感じたのは、昨年のひろしま平和マラソンのゼッケン7492と並び方が近いってこと。平和マラソンの時は、肉離れみたいになって辛かったなあ。あんな経験はもう二度と…今日もなっちまいました。

1205ehime

蒲刈といえば広島県呉市だと思っていたけど、島巡りの途中には愛媛県に上陸するときがあるみたい。なんか、不思議な感じ。

1205hashi

せっかくなので、愛媛から広島側を撮影。この先、会社関係の人に大量に出会うことになる。

1205meter

途中、パシフィック18号の走行距離が通算3000.0キロ達成。せっかくなんで、これもちゃんと撮影しとかないと。

1205umi

天候はバツグン。多少の海風は折り込み済みで、景色は最高。90キロのコースのうち半分弱の40キロぐらいまで、めちゃめちゃ順調に来た。「これ、ひょっとして楽勝?」と思ったら、好事魔多し。坂を登ろうと踏み込んだ矢先、交通整理をしているスタッフが急に赤旗を掲げた。今回の大会は道路封鎖をしないので、車が来ると自転車は止まらなければならない。つんのめるように止まり、足を着こうとした瞬間。左ふくらはぎに激痛。あつっ、吊った吊った。不幸中の幸いというか、ちょうど赤旗が出ているので、後ろの人が私にぶつかったりなど迷惑を掛けずに済んだ。とりあえず、道路脇に行き、揉む。しばらく待って走行再開。

約60キロ過ぎ、第2チェックポイントまで、何とか来た。ここからの30キロ、走っている時は「もう止めたい」ということばかり考えていた。終わってみれば「もっとできたかも」なんて考え始めるから、人間なんて現金なものだ。

そんなこんなでゴール。コニカミルタ君が撮ってくれた「証拠写真」。

1205goal2

パシフィック18号は、折り畳み自転車にしては走りは悪くない。けど、こういう場面に出てくるのは力不足だね、明らかに。ゴール前の数キロ、現行BD-1、パイプフレームBD-1と見知らぬ3人が遭遇した。制限時間ギリギリのとこで折り畳みが3台も一緒になったというのは、ポテシャルを示しているといえる。

帰宅後、ゆっくり入浴。足を揉み揉み。風呂から上がって、バンテリンをすりすり。明日以降もしばらく痛みが残りそうな予感。

別の写真はこちらのブログで公開。お暇ならどうぞ。

【自転車走行記録】パシフィック号:総走行3063.2キロ
開会式の時のメーターは2974.4キロだった。ゴールした時の数字がこれ。走った距離は(…コンピュータが計算中)88.8キロ。参加者ガイドブックに書いてあった「約89キロ」とほぼ同じ数字。うちのサイクルコンピュータは、たぶん正しく動いてますな。あらためて、これが分かって安心。

|

« 準備万端 | トップページ | 祭りのあと after carnival »

日々の日記」カテゴリの記事

自転車」カテゴリの記事

コメント

足が攣ったらペダリングどころではないでしょうに、90kmを走りきるなんて・・・。
お疲れ様でした。
こうしたイベントにでると、色んな自転車を目の当たりにすることができ、目のいい保養になりますね。

投稿: Mario | 2010年12月 7日 (火) 19時52分

>Marioさん
ランニングハイに近いのか、辛いのにやめられなかったんですよ。
タイムを競わないロードって、楽しいものですね。
真夏だったら、12時間ぐらいかけて、海で泳いだりしながら、島を巡るのもいいかも。

投稿: かげさん | 2010年12月 7日 (火) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 準備万端 | トップページ | 祭りのあと after carnival »