« 飛び石連休 | トップページ | も少しIS01で遊ぶ »

2010年11月23日 (火)

内職

何かね、胃がムカムカスルよ。頭の中に、何か物が入っていてカタカタブツカッテイルよ。早朝、目が覚めたものの、その後もゴロゴロ、ダラダラ…

いつまでも、ダラダラするわけにはいかない。妻から学校新聞を手伝うよう言われていて、祝日のうちに作業しないと、時間がない。とりあえず、パソコンに向かい、妻が書いた手書きのレイアウト用紙に沿ってやってみる。「記事は電子データで。メール可」と伝えていたにもかかわらず、電子データが一つも用意されていない。う~む、約束通りにしてくれないと、ちゃんと作れませんよ。

「北朝鮮が韓国を砲撃」というネットニュースが流れている。何だか、現実感が沸かない。いかん、これが平和ボケなのか。いや、二日酔いボケか。

1123shinbun

一応、新聞を作って飯を食べているので、学校新聞を作るのなんて、ちょちょいのちょい…ってことはない。とりあえず作った4ページ分の写真を見て分かる通り、見出しはないし、記事もほとんどない。狭いスペースの中に、全学年の写真をいかにはめ込むか、これが一番のテーマ。画像の明るさ調整やサイズ変更などにかなりの時間を費やした。新聞作りというより、Photoshopの練習みたい。あんまり得意分野じゃないんだよねえ。

そんなこんな、何とか形になってきた。明後日、奥様方の集まりがあり、そこで修正が入ったものを再び直して新聞にする。今週末が山場ですな。

タイトルに「内職」と書いたので、全然別件バウアーのことを思い出した。「有職読み」という言葉。つい最近まで、この単語は私の語彙になかった。しかも「ユウソクヨみ」という読み方も知らなかった。「敬うべき古人の名を音読みにして敬意を表すこと」なのだそうである。伊藤博文を「ハクブン」と呼んだりするやつ。高校のころ、私を「ケイドウ」と呼ぶ先生が何人かいた。国語や歴史の先生で、私の名前を知らないわけではないのに、不思議に思っていたのだけど、あれって「敬意」だったのねん。イニシエのヒトではないのですけど。

内職の始動が遅れたので、深夜までかかった。作業中はもちろん、ノンアルコール。24日未明、録画しといた「無人島0円生活」を見ながら、クールダウンの一杯。うまいってことは、体にとって良いことなのだと信じる。

|

« 飛び石連休 | トップページ | も少しIS01で遊ぶ »

日々の日記」カテゴリの記事