« ふらふらあちこち | トップページ | カモナベイベ〜カキナベイベ〜 »

2010年11月20日 (土)

iMac G5電源ユニット交換

iMac G5の電源が不安定となり、メーン機の座を降りてもらって数カ月。いや、半年以上か。注文していた電源ユニットが昨日、届いた。頼んだ店は、以前からお世話になっているパソコンショップLisse。Power PCに愛を注ぐ店長さん。海外からの取り寄せで本体18,000円+送料600円。もう少し早く壊れていたら無償交換の対象だったのかと思うと、切ない気持ちになってくる。物を大切にする心がアダとなる。

G5_1

まずはiMac G5を開腹。内蔵の内臓を見て、その配置の美しさにうっとり。これだけのコンパクトさが実現できるのなら、Power Book G5が開発されてもよかったろうに、と思う。ま、今は誰もがそんなことを忘れ、Intel Macが標準だもんね。

G5_2

参考にしたサイトはこちら。参考というか、公式サイト。コネクタ部分を外すためだけに、マイナスドライバが必要。ネジは基本、すべてプラス。

G5_3

これが電源ユニット。子どもの弁当箱ぐらいの大きさかな。ネット系の工事をする人は、物の大きさの例えに「弁当箱」をよく使う。

G5_4

ジャーン!(起動音) うむ、ちゃんと安定していますな。電源ユニット交換は簡単な作業なので、10分もかからない。けど、愛用のドライバをどこか奥に仕舞ってしまい、探すのに10分以上を費やしてしまった。

あえてこの時期、Power PCに手を入れたのは「まだまだ使える」ってこともあるんだけど、ここのHDDに置いたままの住所録。来月は師走。開かずのHDDだと困るんでね。それと、やっぱりまだまだ使えるし。20インチ画面付きのDVD録再機としても優秀。私の日課「エンコード」にも活躍してもらう。どんだけエンコード、エンコード言うてるのかと。後日、このエンコードが役に立つ端末がやってくる予定。

|

« ふらふらあちこち | トップページ | カモナベイベ〜カキナベイベ〜 »

愛マックな日々」カテゴリの記事