« かげさんのぐ | トップページ | 自然は最高の調味料 »

2010年10月19日 (火)

北大路魯山人のこと

iPhoneを使っていて、最も手軽な暇つぶしは青空文庫系アプリだと思う。居ながらにして、無料で本のデータをダウンロードでき、いつでもどこでも読める。これ、すごいよなあ。胸ポケットに、いつでも図書館があるようなものだから。

私が使っているアプリは「i文庫」と「豊平文庫」。どちらがどう優れているというのはよく分からないが、最近気に入っているのは豊平文庫。「とよひら」ではなく「ほうへい」と読むそうな。ほーへぇ~

北大路魯山人が書いた料理物は、程よく短く、ちょっとした待ち時間などに読むのにちょうどいい。「料理メモ」なるものを読んでいたら、気になる部分があったので抜粋しておく。

※所詮うなぎは飯の菜で酒の肴にはならない
あ、そうなんです? ウナギの白焼きとかでお酒のアテに最高だと思っててすみません…

※美食はふぐにとどめを刺す。その証拠にはふぐが出ると他のものは食えぬ。
なんか、魯山人ってこういうことをいつも言ってそう。「とどめを刺す」って「美味しんぼ」にもよく出てくるけど、出典はこれなんでしょうな。
文章構成でちょっと笑うのは「その証拠には~」以降。「他のものは食えぬ」というのが「証拠」というのは、いかにも乱暴で笑ってしまった。

このほか「だしの取り方」という読み物も面白かった。ただ、空腹の時に読むと、余計にお腹が鳴りそうなので、場所と時間は考えないとね。

|

« かげさんのぐ | トップページ | 自然は最高の調味料 »

iPhone」カテゴリの記事

独り言至極」カテゴリの記事