« 北大路魯山人のこと | トップページ | 愛するホークスのこと »

2010年10月19日 (火)

自然は最高の調味料

もし、ずっと家の中で過ごさなければならないとしたら、テレビでは野球、映画、そしてニュースだけは見ていたい。逆にいえば、この3つさえあれば、その他のものがなくても我慢する。ま、お笑いもないより、ある方がいいけれど。

そんな私が今も唯一、予約録画しているアニメが名探偵コナン。現在は土曜日午後6時から放送されている。そのコナンなのだけど、スポーツ中継だとか、24時間テレビとか、もしくは選挙特番があると、午後5時半に前倒しされる。するってーと、コナンだと思って録画していた番組を再生したら「満天青空☆レストラン」なる番組が入っている。

宮川大輔さんが「うーわっ! なにこれ。うまっ!」と、自分たちが収穫した物を食べながら叫んでいる。味を表現する語彙は少ないけれど、おいしそうな雰囲気は存分に伝わってくる。おいしそうだなあ。

先日も何かの関係で、青空☆レストランが録画されていた。ゲストに出ていたのが、お米マイスターの西島豊造さん。これまで一度も見たことない人だけど、久米宏さんのラジオ番組のプレゼントに「西島さんのブレンド米」というのがたびたび出てきて、どんな人なのか気になっていた。なるほど、たらふく米を食べているような体型をしていらっしゃる。

私たちはいつも米を食べているのに、食べ物の番組で米を主役とするケースは少ない。けど「粒が立ってる」「甘みがあとから」「もちもちしている」という感想を聞くと、もう、その米を食べたくて食べたくて仕方がなくなってくる。いいなあ、おいしいお米。義兄の実家から、新米をいただくことがあるのだけど、市販の米よりかなりおいしい。その米をさらにおいしくするために、ブレンド率を何度も調整しながら決めるのだから(ゆえに、ああいう体型らしい)おいしくないはずがない。

いつか、米だけを食べるパーティーみたいなことができたらいいな。質素なようで、実は贅沢なのかなあ、なんて。

仕事後、直帰。パ・リーグCS第6戦。終了。

|

« 北大路魯山人のこと | トップページ | 愛するホークスのこと »

日々の日記」カテゴリの記事