« 自然は最高の調味料 | トップページ | 考える前にパワー補給 »

2010年10月20日 (水)

愛するホークスのこと

プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズは19日の第6戦までもつれた。ホークスはマリーンズに0-7で完敗。2003年以来のリーグ優勝を果たした今年も、日本シリーズに駒を進めることはできなかった。

このエントリは試合が終わった翌日、20日に書いている。けれど、すぐに公開する気にはなれなくて下書きのまま置いておく。これを読んでいる人がいるということは、気持ちの整理ができたということだ。

いつもは午後8時ごろまで職場に残ることが多いが、今日(19日)は午後6時になるやいなや、アズスーナズ、会社を出た。今日は、ラジオのNHK第1放送で試合の中継をしている。自宅に着くまでは、ラジオが私のお供だ。

もしかして、急きょ放送が決まったのだろうか。アナウンサー氏の実況がぎこちない。「打ったー。西岡の前にボールが飛ぶ。西岡は、、ちょっと下がって、体勢を整え、下がってから、ちょっと構えるように下がりまして、それから捕球…」と、どうでもいいことを繰り返している。あなたがしゃべっているうちに、既に内野ゴロでアウトになっていたみたいですけど。

このほかにも面白い表現があった。

「おーっと杉内、すっぽ抜けました。コースといい、高さといい、これはボールですね」
…いやいや、すっぽ抜けた球を詳しく説明せんでよろしい。っていうか、内角か外角かを教えてほしい。

「外野に飛んだ、これは、これは、飛距離は不十分です」
…いやいや、よく飛んだファウルを「飛距離は十分」と表現しますけど「不十分」って一体…

「打ったー、これはショートの頭の上。ショートのあたま…捕りました。ショートライナー」
…何があったん? ショートの上で打球が旋回してましたか?

こんな中継だったので、ビート号を運転しながらくすくす笑っていた。夕方で道が混んでいて、自宅近くまで40分かかった。この時点で得点は0-0。待ってろ、自宅のテレビ。すぐに戻って応援するからね。

と。時間が午後6時50分になると、中継がいきなり中断。ローカルニュースが始まった。再開は午後7時30分だという。ありゃりゃりゃ、その40分間に何か起きたらどうするのよ。イライラが募る。

午後7時前、自宅に着いた。テレビをつけた。まだ両チーム無得点。子どもの習い事で妻は出ているので、誰もいない。テレビを大音量にし、いつでもリビングに飛び出せる状態にして風呂に入った。元々、かげさんかカラスかというぐらいの早風呂。イニングの合間を使い、ビールを出し、テレビの前にスタンバイ。よし、あとは応援するだけだ。

応援グッズを用意していたが、打ち鳴らすような展開にはならず。七回裏、いつものように「玄界灘の 潮風に♪」と、放送に合わせて歌っていたら、涙があふれてきた。なんでなん、どうしてホークスはプレーオフでも、クライマックスシリーズでも、こういう目に遭わないといけないのだろう。切ない。

0-7、試合終了。過去、どんな試合でも、終わったら相手チームを称えるのが野球ファンの務めだと思っていた。けれど、今日はどうにもこうにも感情を持って行く場所がない。静かに、テレビのスイッチを消した。マリーンズの皆さん、マリーンズファンの皆さん、おめでとうございました…と、素直に言えない自分がいる。

ホークスの今年のリーグ優勝は、かなり奇跡的なことの積み重ねの上にあった。主力選手がじわじわと歳を重ねる中、来年も優勝争いに加われるのか、冷静になればなるほど厳しい現実が目の前にある。だからこそ、今年は日本シリーズに進んで欲しかった。偉そうな言い方になるけど、日本シリーズに出してあげたかった。

リーグ優勝のパレードは、どんな感じなのだろう。もし、自分がその場に行けたなら、選手たちによくやったと手を振り、声を掛けたい。野球って残酷。野球って楽しい。

|

« 自然は最高の調味料 | トップページ | 考える前にパワー補給 »

スポーツ」カテゴリの記事

独り言至極」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1124357/37318108

この記事へのトラックバック一覧です: 愛するホークスのこと:

« 自然は最高の調味料 | トップページ | 考える前にパワー補給 »