« 今もパンチョさんの声が頭に浮かぶ | トップページ | ヒョーショージョー »

2010年10月29日 (金)

ドっペルゲン”カー”

朝から不思議な出来事。家事をしている妻に行ってきますを告げ、ビート号に乗る。エンジンをかけ、最短コースで西広島バイパスへ。バイパスに合流する交差点で、私の前を通ったオデッセイのナンバーが、わが家のオデッセイ号のナンバーだった。あれ? 妻は出掛けるって言ってた? っていうか、どうして私の前に?

後ろから近づき、ナンバーを凝視。同じナンバーであることを確認した後、追い越し車線に移った。ありゃ? 男の人が運転しよる。君ハ、ダレダ? よく考えてみると、わが家のナンバーは「広島300 め ××-××」で、出会ったオデッセイは「ぬ ××-××」だった。よりによって「め」と「ぬ」は、ひらがなの中でも最もよく似た二つではないか。4ケタの数字を見つめることに全力を挙げていたので、広島ナンバーだったのかどうか覚えていないのだけど、他のナンバーだったら、目に入った瞬間にわが家の車と違うと理解できそうな気がする。

色も同じ、車種も同じ、4ケタの番号が同じ。これって、もし何かの事件とか事故に巻き込まれたら、間違えられたりしないのだろうか。恐ろしや、恐ろしや。

1029kani1

帰宅途中のスーパーで「かにちゃいまっせ」を購入。石川県にある水産加工会社・スギヨは、日本初のカニカマを製造した会社だそうだ。ちなみに、現在最もよく見る棒状のカニカマを最初に作ったのは、広島の大崎水産。深夜のローカルで、珍味蒲鉾を取り上げた番組を見たことがある。

1029kani2

んで、かにちゃいまっせを使い、かにちゃいまっせ鍋。そんなに自ら「ちゃいまっせ」言わんでもええと思うんだけど、まあ、カニとは違う。けど、鍋にしてもうまいんだな、これが。スギヨは北は北海道から南は福岡まで、全国に営業所があるらしい。見掛けてみたら、お試しあれ。

夜、5キロほどランニング。頭を冷やすのと腹ごなしには走るのが一番。ふぅ。

|

« 今もパンチョさんの声が頭に浮かぶ | トップページ | ヒョーショージョー »

日々の日記」カテゴリの記事