« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

2010年10月31日 (日)

農地と交流(農地出身ですが)

朝から、家族4人で島根へバス遠足。上の娘だけは「友だちとハロウィンパーティー」に行くそうである。ハロウィンって、友だちとパーティーするようなものなん? 自分たちが子どものころになかった風習がどんどん増えていくのは、なんとも心地が悪い。

バス遠足の行き先は旧石見町(邑南町)。30年前、広島の生協と石見町の農協(当時はいずれも現在とは違う団体)が産直交流を始め、今回は記念会。普段は平日なのだそうだが、今回は家族で参加しやすいように日曜日に変更したそうだ。この時期、農業の産地に行くといえば、

1031imo_2

稲刈りか芋掘り。子どものころ、実家(本家)の畑で掘って以来の芋掘りかも。「一人2株ずつ」なので、4人で8株。掘っていたのは30~40分ぐらいだけど、意外と腰に来る。現代人病ですわい。

1031imo2

上に生えていたはずの茎や葉などは事前に刈り込まれ、ただ芋を掘るだけ。本当は、子どもたちには植物としてどういう状態にあるのか、見せた方がいいんだろうけど。ま、それは別の機会に。

1031gyu

昼食は、地元産品尽くし。石見和牛の串焼き↑とか(炭火で焼くとうまうま)、

1031buta

キノコ類たっぷりと豚汁。大鍋でぐつぐつ煮ている豚汁を見ると、なんか「お祭り」って気分が盛り上がってくるんだよなあ。分かります?

んで。島根にやって来て、お祭り気分といえば。

1031kagura1

石見神楽。こういう公民館で、ばらばらと好きな場所に座り、だらりとした感じで楽しむ神楽が好き。びっちり隙間なく座るとか、冷たいコンクリートに座るとか、何か違う気がする。もっといえば、ちょいと寝そべりながら、一升瓶から湯のみにお酒を注ぐぐらいがいいんだけど、まだ真っ昼間だしね。

1031kagura2

大蛇(「おろち」と読もう)が出てくるやつは見た目に分かりやすいので、この手の交流会で「神楽を1演目」という時には、よく演じられるのだと思う。ダイナミックだし、写真栄えがするし。日本初の怪獣映画「ゴジラ」で「中に人が入って演じる」ことになったのは、ひょっとして神楽がベースにあったのではないかしら。いやほんと、大蛇の舞を見ていると、人が中で回っていることを忘れてしまう。

そんなこんな、夕方帰宅。楽しい週末でしたとさ。夕飯はおでん。練り物系は煮てすぐでも大丈夫だね。卵は…真っ白やん。。。出汁に入った茹で卵。これは2日目、3日目のもんじゃ。

|

2010年10月30日 (土)

ヒョーショージョー

午後から家族そろって本社へ。上の娘は土曜日の特別講座とかで中学校に行ったので、別便で広島へ。その理由は、

1030hyosho

上の娘が同級生2人と一緒に作った新聞が「みんなの新聞コンクール」で賞を受けた。最優秀賞ではなかったけれど、表彰式に呼ばれたので、みんなそろってやって来たのだった。

表彰式の後にあった記念講演会の講師が池上彰さん。小難しい話を日本で一番、噛み砕いて話のできる人。NHK記者として若いころ、松江放送局、広島放送局呉通信部にいたこともあり、広島ではたびたび講演会に呼ばれている。

公式サイトの記事はこちら⇒

私が子どもに「新聞を読みなさい」と言っても、親の小言か、親が自分の仕事を誇示しようとしているとか曲解されそうなのだけれど、池上さんが「新聞を読むと知識がつきます。それと同時に、物を読む力がつきます」というと「そうだったのか!」と子どもたちも思うはず。ありがとう、池上さん。

物腰柔らかく、自身が出演するニュース解説番組の視聴率が高さを自慢しながら、「本当はテレビに出るより、本を書く時間が欲しいんです」というスタンスが羨ましい。それが単なるポーズではなく、テレビをやめたら本当に本を書く時間が増えるのだろうなあと思う。アナウンサー出身じゃないのに、よどみなく話す姿を見ていると、これからもまだまだテレビは池上さんを求めていくのでしょう。

夕飯は豚シャブ。

|

2010年10月29日 (金)

ドっペルゲン”カー”

朝から不思議な出来事。家事をしている妻に行ってきますを告げ、ビート号に乗る。エンジンをかけ、最短コースで西広島バイパスへ。バイパスに合流する交差点で、私の前を通ったオデッセイのナンバーが、わが家のオデッセイ号のナンバーだった。あれ? 妻は出掛けるって言ってた? っていうか、どうして私の前に?

後ろから近づき、ナンバーを凝視。同じナンバーであることを確認した後、追い越し車線に移った。ありゃ? 男の人が運転しよる。君ハ、ダレダ? よく考えてみると、わが家のナンバーは「広島300 め ××-××」で、出会ったオデッセイは「ぬ ××-××」だった。よりによって「め」と「ぬ」は、ひらがなの中でも最もよく似た二つではないか。4ケタの数字を見つめることに全力を挙げていたので、広島ナンバーだったのかどうか覚えていないのだけど、他のナンバーだったら、目に入った瞬間にわが家の車と違うと理解できそうな気がする。

色も同じ、車種も同じ、4ケタの番号が同じ。これって、もし何かの事件とか事故に巻き込まれたら、間違えられたりしないのだろうか。恐ろしや、恐ろしや。

1029kani1

帰宅途中のスーパーで「かにちゃいまっせ」を購入。石川県にある水産加工会社・スギヨは、日本初のカニカマを製造した会社だそうだ。ちなみに、現在最もよく見る棒状のカニカマを最初に作ったのは、広島の大崎水産。深夜のローカルで、珍味蒲鉾を取り上げた番組を見たことがある。

1029kani2

んで、かにちゃいまっせを使い、かにちゃいまっせ鍋。そんなに自ら「ちゃいまっせ」言わんでもええと思うんだけど、まあ、カニとは違う。けど、鍋にしてもうまいんだな、これが。スギヨは北は北海道から南は福岡まで、全国に営業所があるらしい。見掛けてみたら、お試しあれ。

夜、5キロほどランニング。頭を冷やすのと腹ごなしには走るのが一番。ふぅ。

|

2010年10月28日 (木)

今もパンチョさんの声が頭に浮かぶ

プロ野球を志す人たちにとって運命の日。それがドラフト会議。今年は近年まれにみる豊作年といわれている。1位指名は早稲田大の大石に6球団、同じく早大の斎藤に4球団。カープは大石、ホークスは斎藤を指名したけれど、いずれも外れ。大石はライオンズ、斎藤はファイターズが交渉権を得た。カープの外れ1位はこれまた早大の福井。ホークスは習志野高の捕手・山下。

ドラフト会議になると「最多重複指名は誰か」とか「同じ学校から一度に指名された最多人数は」とか、必ずクイズが作られる。そして「あぁ、あの時は大騒ぎだったよなあ」と思い出す。忘れないように、あの日を思い出してみよう。

最多重複指名はもちろん、10球団の山田太郎(明訓高)…ってことを大真面目に語っている人が、日本中に数万人はいたと思う。あのドラフトでは長嶋ジャイアンツ、王ホークスのONだけが岩鬼を指名したんだよね。ドキドキしたなあ。里中は早大経由でプロ入りするかと思ったけど、マリーンズ入りは正解だろうな。親孝行というより、4年間も連載から外れたら主要キャラの座を失うって。

…おーっと、自分に都合の悪いことが起きると、空想に浸りたくなるんだよね。いかん、いかん。

1028shimbun

午後から、本社ロビーにて新聞コンクールの優秀作品の展示スタート。わざわざ中学校の部の写真を掲載しているということは…

本日、秋年末の一時金要求案、諸要求案を提示。いよいよスタート。

仕事後、直帰。一昨日買っておいた男前豆腐(安売りだった)で一杯。

|

2010年10月27日 (水)

麺ずデー

お酒を抜いた翌日は、目覚めがよい。というか、最近、割と目覚めがよくなった。これから寒くなっていくけど、冬場に朝起きるのが苦痛じゃなくなったら、人生の苦痛の3割ぐらいはなくなったようなものだ。

1027udon

昨日の弁当を今朝も持参。昼まで待てず、早弁。ということで一転、昼は軽めに月見うどん。今日はホント、寒くなりましたなあ。温かいツユが胸に染み入る。

と。昼がカルカッタので、夕方は早めにお腹が空いた。我慢できず、カップそばで腹ごしらえをし、仕事継続。

仕事後、軽く一杯寄り道。

|

2010年10月26日 (火)

沼津食わず

自宅のベッドで目が覚めた。昨夜、イインチョに送ってもらって帰宅したのは覚えているけど、途中の記憶がない。寝ているうちに、バクが記憶もろとも食べてしまったのだろう。

体が少しフラフラする。食欲もない。ビート号で出ようと思ったが、ひょっとしてアルコールが残っているかもしれない。日付が変わる前に飲み終えたと思うのだけど、なにせ記憶がない。大事を取り、タクシーを呼んだ。

午後から社長労懇、及び通常労懇。新執行部が立ち上がった後、本格的な行事スタート。

妻手製の弁当を持参したが結局、食欲は戻らず。ほぼ一日、飲まず食わず。東北の人が沼津に行ったら、ぬまずくわず。

弁当はそのまま持って帰宅。妻が「明日、食べるからいいよ」というので、てっきり妻が食べるのだと思ったら、翌日そのまま同じ弁当を持たされることになるとは、この時点では知らなかった。

ほぼ丸2日ぶり、妻と顔を合わす。こんにちは。

|

2010年10月25日 (月)

消えた一日

朝、4時ごろ目が覚めた。まだ早いけど、そのまま出ることにした。午前5時過ぎ発のJRがある。駅まで徒歩。寒いのお。1時間歩けば、ちょうど体が温まるわい。

正午、賃金委員会。こうやって、一時金の要求額の骨格ができると、いよいよだなと思う。

1025chuka

夜、とある件の慰労会。魚を肴に日本酒、焼酎をくいくいと。1軒しか行っていないはずなのに、帰宅が遅かったのはなぜだろう。途中の記憶が飛んでいる。

|

2010年10月24日 (日)

マクド

日曜日。ごろごろしていたら、息子が「一緒にマック行こう」と誘ってきた。マックねえ。たまにはアップルストアに行くのもいいな…という話ではもちろんなくて。「マック」と書くと、自分の頭の中で必ず混乱する。家族で「マクド」に行くことになった。

1024mac1

クォーターパウンダーチーズのセットを選択。「1/4ポンド」という味もそっけもない意味なのに、長ったらしくカナで書くとそれっぽく見えるのは私だけ? 子どものころ、投手の投法の一つ「スリークォーター」という名を初めて聞いた時、めっちゃカッコいい呼び方だと感じた。かなり経った後、「4分の3」という意味と知った時には、ガッカリしたものだ。ということは、私は「クォーター」の響きに惹かれてしまう何かがあるのかもしれない。うむ、確かに「フランス人のハーフ」と聞くより「フランス人のクォーター」の方がカッコよく感じる。鈴木亜久里さん。

1024mac2

息子の目当てはハンバーガーではなく、ハッピーセットのおまけらしい。仮面ライダーのカード(ガンバライド?)を集めている。それとは別に、今日は何やらおまけがついてきた。余ったおまけだという。ゲゲゲの鬼太郎がマクドナルドの店員になっている人形。誰がこれを欲しがるのか、全く意味が分からん。「ボク、キタロウ」と声が出るが、野沢雅子でも高山みなみでもない別人。そんなの、鬼太郎じゃないもん。

1024kamen

仮面ライダーオーズは大人気。本日発売の「オーメダル01」は即完売。どんなものなのかな、オーメダル。観てないんだよね。

午後、パソコン内のメールボックスの整理。あれやこれや、迷惑メールの訓練をしたり、設定をいじったり、数時間掛かった。毎日、マメに5分か10分ずつやればいいのにね。

夜、大喧嘩。こんな家、飛び出してやる~~

|

2010年10月23日 (土)

クイズ:何鍋?

買い物から帰って来た妻。夕飯は何かと尋ねると、鍋にしようと思ってるんだよねぇと言う。何やら既に買ってあった出汁を見ながら、一言。

「あ! キャベツ買うの忘れた。白菜でいい?」

鍋ってもんは、自分たちでアレンジするのも楽しいもの。パッケージに書いてある材料から、どれぐらい自分の味を出していくかがポイントの場合もある。確かに、あるけど…

1023nabe1

これを買っといて「キャベツなし」の選択肢はないわ。いいですか、これだけ狭いスペースに「キャベツのうま鍋」「博多の鍋にはキャベツ!!」「いつものキャベツがシンまでおいしい。」と、3回もキャベツ、キャベツ、キャベツ言うとるんですよ。

…っていうか。なんで、キャベツ買い忘れたん?

結局、上の娘を迎えに行くのに合わせ、再びスーパーに寄ってキャベツをゲット。キャベツ以外の材料を買い忘れていたみたいですけど。

1023nabe2

「とんこつ醤油」と書いてあるけど、白濁スープではない。モツ鍋の出汁と似てる。キャベツはどこ? ちゃんと鍋の中の方でシンまでおいしく煮込まれてるはず。

妻に「キャベツを買い忘れたけど、食べたら味は最高だったって書いといて」と言われたので、そのまま書いておく。ホントにおいしかったよ。

空いた時間を使って、録画しといた映画をエンコード。出勤時や出張時、iPhoneとかに入れて、娯楽映画を観たいなあと。先日、地上波で放映された「カリオストロの城」。CMをカットしたプレイリストを作っておいた。妻と子どもたちも観たかったらしく、ちょうどよかった。

|

ドライブ進化論

今どき、パソコンについているディスクドラブといえば、CDの読み書きはもちろん、DVDの各種メディアの読み書きができる方が多数派だろう。というかかなり以前から、パソコンでDVDの読み書きができるのは当たり前だ。のクラッカー。

そんな世の中。我が家にあるいくつかのマシンの中で、割とよく使っているのがMac mini(Late2006、1.66GHz Core Duo、MA607J/A)。手に入れたのが2006年10月。ものすごくサクサク動くわけではないが、重くてどうしようもないこともない。このMac miniは「なるべく安く、かつ保証付きのIntel Macを手に入れる」大作戦の下、ヤフオクで新品未開封品を落札した。値段を優先したためコンボドライブ。つまり、DVDを焼くことができない。DVDを焼くならほかのマシンがある。そもそも、Intel Macが欲しかったのは、Boot CampとかParallelsなどを使い、Mac OSとWindowsの切り替えを体験したかったからで、実用品というより、おもちゃの位置づけだったから。

このマシンもかれこれ4年。元々書き込みのできないドライブが、最近は読み込みまで怪しくなってきた。Macいじりを趣味としてきた者としては、読み書き可能なスロットローディングドライブを買ってきて、Mac miniに内蔵させるべきかもしれないけど。そこまでやる気はないんだよなあ。iMacとminiとでは、愛情の度合いが違うというか。

というわけで。

Dvd_drive1_2

DVDドライブを購入。Logitecの小型のやつ、4,580円。USBケーブルで繋いだら、そのまますぐに使えた。うむ。

Dvd_drive2

ただ。Mac miniの利点「こんなに小さくてすべてが詰まってる」はずのところに、DVDドライブが別にあるのはカッコ悪い。ま、とりあえずは実を取るということで。

|

2010年10月22日 (金)

陽気暮らししてますか

また最近、腰に疲れが溜まってきたようで昨日、マッサージを受けた。それに加えて、寝る前に湿布。これがね、効くんだわさ。朝起きると、痛みが取れているから、あら不思議。全然、薬のことは知らないけれど「ロキソニン」ってやつは、私の救世主なのだと思う。

仕事後、まっすぐ帰ろうと思ったのだけど、お腹が私を「寄り道しようよ」と誘う。電車の時だと、寄り道するにも場所が限られるが、今日は幸いビート号がある。久しぶりにちょいとふらふら行きましょうか。

1022youki1

江波の陽気。初めて食べたのは、学生時代だから22、23年ぐらい前。びっくりするような美味と感じなかったけど、豚骨醤油系では普通においしい。その後、何度も食べるうち、脳内に味がこびりついて離れなくなるんですな。広島ラーメンでは、ここと「つばめ」が好き。

1022youki2

「好き」って言いながら、かなり久しぶり。1年以上ぶりかしら。うまうま。

1022youki3

どんぶりに「陽気」の文字が出てきたので、パチリ。塩分摂取量を気にしているのに結局この後、スープを飲み干してしまったのはヒ・ミ・ツ。

店名の通り、鼻歌まじりで陽気になりながら帰宅。車中では、プロ野球のCSドラゴンズ対ジャイアンツをラジオで聴いていた。パCSの最終戦と同じく鈴木啓示さん解説。うちの両親は「解説が分かりやすい」と言っていたが、私の鈴木さんの印象は、自分の業績と結びつけたがりつつ、結論が意外と平凡。今日もドラゴンズナインの心境について訪ねられた鈴木さんは「残り4試合で1勝すれば日本シリーズだと思っていますから、4試合のうち1つは勝とうと思ってるでしょうけれど、いつ勝てるか分かりませんから、できることなら今日勝ちたいでしょうね」。う〜む、間違ってはないと思いますけど、ものすごく平凡。あ、そうか、うちの両親は鈴木さんに好感を持っているのは、300勝投手っぽい偉ぶったとこがなく、あえて凡人に分かるように話していると思っているのかな。

金曜夜は、自宅でロードショー。録画しといた映画を観る。その横で、Mac miniがエンコード。

|

業務連絡

パ・リーグの日本シリーズ進出チームが決まってから、60時間以上が経過。

セ・リーグの代表が今日にも決まりそうな勢いだし、気持ちも整理できたので封印していた「あの日」のことを公開。お暇な方はどうぞ⇒

|

2010年10月21日 (木)

○王

ふと思えば、このところカップ麺を食べていない。会社では食堂が開いている時間に活動しているので、以前のように食事を摂りそびれ、深夜に自販機で買ったカップに湯を注ぎ、ひっそり食べるようなこともなくなった。

自宅でも、週末には袋麺をよく食べているが、カップ麺はご無沙汰。別に嫌いなわけじゃないし、かといって、カップ麺フリークでもないし。

今日、昼は持参した弁当を食べたが、夕方、少しばかり待ち時間ができそうだった。空腹を我慢して待ち続けるのは体によくない。というか、イライラして能率が悪い。というわけで、売店で見掛けた新商品。

1021rao1

生まれ変わった「ラ王」。容器を丸から八角形にしたことにより、コンビニでも陳列しやすくなったと評判のラ王。売店価格220円。スーパーだと200円切るぐらい? とりあえず、試してみないとね。

1021rao2

熱湯を注ぎ、麺が戻った後、スープを投入する。スープを同時に入れると戻りにくいのだそうだ。説明文をきちんと守り、5分経った後に液体&粉末スープを入れたのだけど。麺が固い。戻りが悪い。以前のタイプは湯切り穴がついていて、いったん麺を戻した後、湯を捨ててスープ用の湯を再び入れられるようになっていた。あっちの方がよかったのになあ。

麺は太くなり、かなり食べ応えがある。悪いことではないけど、戻りが悪いのはマイナスだなあ。のびにくい、という利点はあるとは思うものの、も少し改善してください。ってか、次にラ王を食べるのは何カ月後か何年後か。

プロ野球セ・リーグCS第2戦。ドラゴンズが2戦続け、ジャイアンツに零封勝ち。日本シリーズ出場に王手をかけた。いやはや、ナゴヤドームでの強さは何なんでしょーか。ドラゴンズの連勝で、ほくそ笑んでいるかもしれないテリー伊藤。ジャイアンツファンなのに「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」という著書を書き、注目されている(らしい)。このままドラゴンズがCSを突破したら、ジャイアンツファンを中心に再び注目されるかもね。ちょっと気になるっていう人、一声掛けてくれたらお貸ししますよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

iPhoneで「糸井重里のはだかの禁煙日記。」

ほぼ日刊イトイ新聞でおなじみの、というか、元から糸井さんが世間でおなじみだったから、ほぼ日刊イトイ新聞があるというか。そんなほぼ日で「糸井重里のはだかの禁煙日記。」の販売が19日からスタートした。パソコンでのダウンロード販売のみで、ファイル形式はPDF。値段440円は、糸井さんが吸っていたピースライトの現在の1箱分の値段。「タバコを吸ったつもり」になれば、すぐに買えちゃいますな。興味が沸いたら、ココに行ってみるべし。

Hadaka_2

PDFファイルは、普通のパソコンならそのまま見ることができる。特別なソフトは不要。では、このファイルをiPhoneに入れて持ち歩きたいときは。以下の手順でどーぞ。知ってる人がほとんどでしょうが、ま、メモ書きなんで。

------------------

1・ダウンロードしたファイルをiTunesにドラッグするか、「ファイル」→「ファイルをライブラリに追加」を選び、DLしたファイルを読み込む

2・USBケーブルでiPhoneをパソコンと繋ぎ、iTunesでデバイスを選択(「かげさんのiPhone」とか書いてあるとこ)。

3・同期の設定はそれぞれ違うだろうけど、画面上部にある「Book」というとこをクリックし、必要なファイルにチェックが入っているか(「すべて」にチェックがあれば、個別チェックは不要)確認。

4・同期スタート。動悸。うまくいくか、ドーキドキ。

5・終了。iPhoneのiBooksを開いてみる。

------------------

Ibook

iBooksの「PDF」という本棚の中に、読み込んだPDFファイルが並んでいる。「はだかの禁煙日記。」と、おまけの「糸井と永田の思いたったら雑談。 満を持して禁煙を語る編」の表紙がしっかり見えるはず。残りの二つのうち1冊は、絶版となった「消えたペン 新聞労働者の8月6日」(中国新聞労働組合・編)をPDF化したもの。もう一つは、バスの時刻表。「はだかの禁煙日記。」以外でも、PDFファイルなら同じ手順でiPhoneに追加することができる。

ただ。

パソコン用に作られたPDFファイルの場合、iPhoneで読むには字が小さすぎることがある。また、紙の文庫本をスキャンしてPDF化した場合も、やっぱり文字が小さい。「はだかの禁煙日記。」は、iPhoneで読めるレベルの字の大きさ。ま、どうしても気になるのなら、読みたい部分を拡大すればいいのですけどね。

あ、そうだ。この方法は前提としてiTunes10、iOS4を入れていることになってるよ。よろしく。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年10月20日 (水)

考える前にパワー補給

昨日は新執行部が立ち上がって初の執行委員会。スタートが出遅れただけに、ここからバンバン走っていきましょう。

1020taiwan

昼、近くの台湾料理店で食事をしながら打ち合わせ。「台湾ラーメン+炒飯」がかなりのお気に入りなのだが、今日のサービス定食メニューは「豚骨ラーメン+牛肉飯」の組み合わせ。以前、豚骨ラーメンを注文した際、店員さんに「豚骨? 台湾ラーメンの方がおいしいのに」と言われて以来、ここではなるべく食べないようにしている豚骨ラーメン。自信がないなら、メニューから外せばいいのに、な~んて思ってしまう。悪くないと思いますよ、うん。

1020shintani

夜は夜で、食べながら打ち合わせ。カキバター、炉端焼き、辛子明太子…。お腹周りが大きくなりそうな食べ物が並んでますが。

日付が変わって、帰宅。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛するホークスのこと

プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズは19日の第6戦までもつれた。ホークスはマリーンズに0-7で完敗。2003年以来のリーグ優勝を果たした今年も、日本シリーズに駒を進めることはできなかった。

このエントリは試合が終わった翌日、20日に書いている。けれど、すぐに公開する気にはなれなくて下書きのまま置いておく。これを読んでいる人がいるということは、気持ちの整理ができたということだ。

いつもは午後8時ごろまで職場に残ることが多いが、今日(19日)は午後6時になるやいなや、アズスーナズ、会社を出た。今日は、ラジオのNHK第1放送で試合の中継をしている。自宅に着くまでは、ラジオが私のお供だ。

もしかして、急きょ放送が決まったのだろうか。アナウンサー氏の実況がぎこちない。「打ったー。西岡の前にボールが飛ぶ。西岡は、、ちょっと下がって、体勢を整え、下がってから、ちょっと構えるように下がりまして、それから捕球…」と、どうでもいいことを繰り返している。あなたがしゃべっているうちに、既に内野ゴロでアウトになっていたみたいですけど。

このほかにも面白い表現があった。

「おーっと杉内、すっぽ抜けました。コースといい、高さといい、これはボールですね」
…いやいや、すっぽ抜けた球を詳しく説明せんでよろしい。っていうか、内角か外角かを教えてほしい。

「外野に飛んだ、これは、これは、飛距離は不十分です」
…いやいや、よく飛んだファウルを「飛距離は十分」と表現しますけど「不十分」って一体…

「打ったー、これはショートの頭の上。ショートのあたま…捕りました。ショートライナー」
…何があったん? ショートの上で打球が旋回してましたか?

こんな中継だったので、ビート号を運転しながらくすくす笑っていた。夕方で道が混んでいて、自宅近くまで40分かかった。この時点で得点は0-0。待ってろ、自宅のテレビ。すぐに戻って応援するからね。

と。時間が午後6時50分になると、中継がいきなり中断。ローカルニュースが始まった。再開は午後7時30分だという。ありゃりゃりゃ、その40分間に何か起きたらどうするのよ。イライラが募る。

午後7時前、自宅に着いた。テレビをつけた。まだ両チーム無得点。子どもの習い事で妻は出ているので、誰もいない。テレビを大音量にし、いつでもリビングに飛び出せる状態にして風呂に入った。元々、かげさんかカラスかというぐらいの早風呂。イニングの合間を使い、ビールを出し、テレビの前にスタンバイ。よし、あとは応援するだけだ。

応援グッズを用意していたが、打ち鳴らすような展開にはならず。七回裏、いつものように「玄界灘の 潮風に♪」と、放送に合わせて歌っていたら、涙があふれてきた。なんでなん、どうしてホークスはプレーオフでも、クライマックスシリーズでも、こういう目に遭わないといけないのだろう。切ない。

0-7、試合終了。過去、どんな試合でも、終わったら相手チームを称えるのが野球ファンの務めだと思っていた。けれど、今日はどうにもこうにも感情を持って行く場所がない。静かに、テレビのスイッチを消した。マリーンズの皆さん、マリーンズファンの皆さん、おめでとうございました…と、素直に言えない自分がいる。

ホークスの今年のリーグ優勝は、かなり奇跡的なことの積み重ねの上にあった。主力選手がじわじわと歳を重ねる中、来年も優勝争いに加われるのか、冷静になればなるほど厳しい現実が目の前にある。だからこそ、今年は日本シリーズに進んで欲しかった。偉そうな言い方になるけど、日本シリーズに出してあげたかった。

リーグ優勝のパレードは、どんな感じなのだろう。もし、自分がその場に行けたなら、選手たちによくやったと手を振り、声を掛けたい。野球って残酷。野球って楽しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年10月19日 (火)

自然は最高の調味料

もし、ずっと家の中で過ごさなければならないとしたら、テレビでは野球、映画、そしてニュースだけは見ていたい。逆にいえば、この3つさえあれば、その他のものがなくても我慢する。ま、お笑いもないより、ある方がいいけれど。

そんな私が今も唯一、予約録画しているアニメが名探偵コナン。現在は土曜日午後6時から放送されている。そのコナンなのだけど、スポーツ中継だとか、24時間テレビとか、もしくは選挙特番があると、午後5時半に前倒しされる。するってーと、コナンだと思って録画していた番組を再生したら「満天青空☆レストラン」なる番組が入っている。

宮川大輔さんが「うーわっ! なにこれ。うまっ!」と、自分たちが収穫した物を食べながら叫んでいる。味を表現する語彙は少ないけれど、おいしそうな雰囲気は存分に伝わってくる。おいしそうだなあ。

先日も何かの関係で、青空☆レストランが録画されていた。ゲストに出ていたのが、お米マイスターの西島豊造さん。これまで一度も見たことない人だけど、久米宏さんのラジオ番組のプレゼントに「西島さんのブレンド米」というのがたびたび出てきて、どんな人なのか気になっていた。なるほど、たらふく米を食べているような体型をしていらっしゃる。

私たちはいつも米を食べているのに、食べ物の番組で米を主役とするケースは少ない。けど「粒が立ってる」「甘みがあとから」「もちもちしている」という感想を聞くと、もう、その米を食べたくて食べたくて仕方がなくなってくる。いいなあ、おいしいお米。義兄の実家から、新米をいただくことがあるのだけど、市販の米よりかなりおいしい。その米をさらにおいしくするために、ブレンド率を何度も調整しながら決めるのだから(ゆえに、ああいう体型らしい)おいしくないはずがない。

いつか、米だけを食べるパーティーみたいなことができたらいいな。質素なようで、実は贅沢なのかなあ、なんて。

仕事後、直帰。パ・リーグCS第6戦。終了。

|

北大路魯山人のこと

iPhoneを使っていて、最も手軽な暇つぶしは青空文庫系アプリだと思う。居ながらにして、無料で本のデータをダウンロードでき、いつでもどこでも読める。これ、すごいよなあ。胸ポケットに、いつでも図書館があるようなものだから。

私が使っているアプリは「i文庫」と「豊平文庫」。どちらがどう優れているというのはよく分からないが、最近気に入っているのは豊平文庫。「とよひら」ではなく「ほうへい」と読むそうな。ほーへぇ~

北大路魯山人が書いた料理物は、程よく短く、ちょっとした待ち時間などに読むのにちょうどいい。「料理メモ」なるものを読んでいたら、気になる部分があったので抜粋しておく。

※所詮うなぎは飯の菜で酒の肴にはならない
あ、そうなんです? ウナギの白焼きとかでお酒のアテに最高だと思っててすみません…

※美食はふぐにとどめを刺す。その証拠にはふぐが出ると他のものは食えぬ。
なんか、魯山人ってこういうことをいつも言ってそう。「とどめを刺す」って「美味しんぼ」にもよく出てくるけど、出典はこれなんでしょうな。
文章構成でちょっと笑うのは「その証拠には~」以降。「他のものは食えぬ」というのが「証拠」というのは、いかにも乱暴で笑ってしまった。

このほか「だしの取り方」という読み物も面白かった。ただ、空腹の時に読むと、余計にお腹が鳴りそうなので、場所と時間は考えないとね。

|

2010年10月18日 (月)

かげさんのぐ

色んな検索ワードで、このブログを訪問してくれる人がいる。「iPhone」「pomera」「ビート」などの場合、恐らく偶然ヒットしたものなのだろう。そういう偶然とは別に明らかに、このブログを見つけるために検索エンジンを使っている人もいるようだ。ありがたや。きっと、自宅以外のパソコンからアクセスしてくれているのでしょうな。

そんな方へ。「かげさんのグータラ日記」というワードで定期的に検索している人がいらっしゃいますが。このブログは「ぐ〜たら」という「かな」のタイトルであります。わざわざ「グータラ」をカナにしなくても大丈夫。もっというと、検索ワード「かげさんのぐ」だけでたどり着けると思うので、次回からお試しくださいませませ。

1018buta

本日の昼食は、食堂でラフティ丼。子どものころ、何でもかんでもご飯に乗せて食べたら怒られていたけれど、日本にあるおかずのほとんどが「○○丼」になり得ると思う。なぜそんなことを思ったかというと。先日、深夜にお腹が減り、妻の作り置きの豚汁を温めぬまま、ご飯にかけて食べた。名を付けるなら「冷やし豚汁丼」。熱い豚汁と違う味わいで、うまうま。ほかの物でも試してみようかしら。

夕方から、定年退職者の方々の慰労会。先輩方のこれまでの話を聞くのは、実に興味深く示唆に富む。仕事でもご一緒していたIさんと二次会へ。めちゃめちゃしゃべった、めちゃ笑うた。最終の深夜バスで帰宅。

パ・リーグCSファイナルS第5戦。ホークス2-5マリーンズ。明日の第6戦へ突入。興行的には、6試合行うほうがホークスにとっもいいことだけれど…

|

2010年10月17日 (日)

THE・オフ

胃腸の調子がよろしくない。昨夜、ものすっごーーーっく、お酒を飲んだ気がする。朝目覚めた後も起き上がらず、ごろごろ。

昼になると、さすがに起きなければ。プロ野球を観なくちゃいけないし。とりあえずスポーツドリンクを飲んで水分を摂り、Wii Fitの「ながらジョギング」で汗を流しながら、野球観戦。

1017taka

野球を観ている最中に届いたのがこれ。iPhone4用、ホークスのリーグ優勝記念のソフトケース。ちゃんとストラップホールもついている。

1017sbm2

ケータイのソフトバンクモバイルと、プロ野球チームの福岡ソフトバンクホークスは、資本的に繋がってることは頭では分かっているけど、実感が沸かない。優勝が決まった直後、こういうアイテムを「やりましょう」と販売してくれると、あらためて「そうだったんだよね」と思う。これからも、SBMでのホークスグッズの販売、よろしくお願いします。

そんな、パ・リーグCSファイナルS第4戦。ホークス2-4マリーンズ。M渡辺俊がH打線を翻弄。中継を観ていると、本塁打で先制するのはMの方。これまでの全試合、Hが点を取ったイニング以外を見ると、全然打てそうな気配がしない。投手戦というより、貧打戦か。

|

2010年10月16日 (土)

本格スタート

労組の新体制が整った。秋年末闘争が間近に迫っている。午後から、新中央委員、執行委員が集まり、勉強会。「組合とは」から始まり、各職場の課題などを討議する。

その前に。

1016ramen

まずは腹ごしらえ。先日、初訪問した麺家へ。昼の餃子定食はラーメン、餃子、そしてライス付きで850円。ボリュームありますなあ。これだけあると替玉までたどり着かなくなるのが、逆に残念。

勉強会は午後1時スタート。あれやこれや、予定の午後6時があっという間に来た。最初は「5時間も話すことがあるんかねえ」なんてことも言っていたけど、話していると沢の湧き水のごとく、コンコンといくらでも湧いてくる。

1016tri

R21さんが乗っていたベビーシート付き3輪自転車。おぉ、なんかカッコええ。オランダのメーカーが作っているそうで、畳むと普通のベビーカーサイズに変身する。男子は変身物に弱いからねえ。個人輸入したそうだけど、これ、日本での独占販売権でも取得したら、これから儲けになるかもよ。

勉強会後、夜の勉強会。自分ではいつも通りと思ってたけど、かなりええ塩梅に酔っぱろうとったみたいですなあ。帰宅して、午前3時半過ぎにmixi日記が更新されてる(翌日確認)けど、そんな時間になったような記憶がないんだよなあ…

パ・リーグCSファイナルS第3戦。ホークス1-0マリーンズ。今日は勉強会のため、全く観ることができず。ホークスはアドバンテージの1勝を足し3勝目。王手となった。明日は果たして…

|

2010年10月15日 (金)

スクラップ&スクラップ

私自身の生活は、昨日も今日も変化はない。けれど、新たな委員長を迎え、組織全体は大きく変わった。過去1年、書記局で増えた荷物をそのままにしておくわけにはいかないだろう。買って積み上げていた月刊誌を整理することにした。ただ、実は読んでいない記事も多数あり「いつか読もう」と思っていたのが、捨てられなかった理由でもある。ということで、

1015hon1

切り刻んで、資源ゴミにする部分、保存する部分に切り分けた。↑これが資源ゴミにする部分。そして、

1015hon2

こちらが保存して、後で読み返す部分。芥川賞掲載号は、もう何年も前から切り抜いている。読み返したことはほとんどないけど(笑) そのほか、プロ野球回顧物(王さん、長嶋さんのインタビューなど)、科学物のまとめとか。政治物は古い記事を読んでも、事実の方が全然違う方向に進んでしまっている。あえて過去記事を読むのも面白いかもしれないけど、切り抜きするほどでもないし。

週刊誌類は、ほぼそのまま資源ゴミへ。片付いたというほど片付いてはいないが、少しだけ空間が広がった。気持ちを新たなに、ガンバりましょ。

1015hiru

昼食は冷やし担々麺セット。汁なし担々麺が流行しているが、それをさらに「冷やし」にするのだそう。以前食べたことがあったか、なかったか。記憶が定かではなかったので注文。これ、うまいわ。野菜のシャキシャキ感もグー!

パ・リーグCSファイナルS第2戦。ホークス3-1マリーンズ。昨日はM成瀬が完投するなら、今夜はH和田が完投勝利。短期決戦は(シーズン中もだけど)投手継投を刻むのがセオリーみたいになっている時代、互いに完投が出るのは見どころありますなあ。

1015yahoo

↑これ、試合後(直後ではない)のYahoo!トピックスの見出し。↑この見出しだと、勝ったホークスファンも、負けたマリーンズファンも喜ばないと思うんですけど。プロ野球の下には柔道関係の話題。何事にもガンバる意欲を示すのはいいことですけど、国会議員には議員の仕事を第一に考えてもらいたいですな。その方がいいと思う。

|

2010年10月14日 (木)

新体制スタート

いつものことは、いつものようにできて欲しい。小さなことが一つ狂うと、その後の予定がどんどんおかしな方向に進んでしまう。他人から見たら些細なことが、ダムを決壊させるほどの大きな事故に広がるのである。

朝。出社前、パソコンのiTunesに通勤時に聞くポッドキャストやら、前夜のテレビニュースなどをライブラリに追加し、iPhoneに同期するのが日課となっている。同期に時間がかかることもあるので、朝は真っ先にライブラリの追加を行うことが多い。そして、同期をさせている間、顔を洗ったり、歯磨きをしたり。自分の準備が整ったころには、iPhoneの準備も完了し、いざ出発!となるのである。

ところが。今朝は何だかiTunesがおかしい。ファイルを読み込み始めた後、ぐるぐる虹色マークが出ていた。あれこれやったが、再起動しかなさそう。けど、朝の忙しい時間、そんな暇はない。今日は新作の同期は諦めることにしよう。

…と方針変換したのに、思いのほか、時間を取ってしまった。バス停まで走る、走る。が、目の前でバスが行ってしまった。ありゃりゃ。急に走って吐き気がする。おえっおえっと言いながら、ふらふらする足で自宅に戻る。妻に頼んでJR駅まで送ってもらった。その後も気分が悪いのが収まらない。おえっ。これもすべて、iTunesのせいだ。…いや、あと1分、早起きしなかった自分のせいだけど。

本日、労組の臨時大会。1カ月半延長になっていた新執行部体制がスタートした。不肖の私、執行部3年目に入ります。関係各位の皆様、これからもよろしくお願いします。

1014basashi

夜、行ける人だけで旧執行部サヨナラ会(第1弾)。正式にはあらためて開くとして、まずは馬刺を食べたり。

1014hage

ハゲを食べたり。うむ、うまうま。

本日よりパ・リーグCS最終ステージ。結果は、ホークス1-3マリーンズ。走者が2人いる時に本塁打が出ると、3点入るんだよ。

|

2010年10月13日 (水)

麺、どう? コテッ

出勤時、JR西広島駅を降りると、懐かしそうなイメージのラーメン店がある。

1013menya

「麺家(MEN-YA)」。昼時に西広島駅まで来ることがないし、夜にラーメンで一杯、ということもない。気になりながら、何となくこのまま縁がなさそうな気がしていた。

と。昼休みにちょっと自宅方面に戻ることになった。いい機会なので、初訪問。

1013ramen

デフォルトのラーメン650円。私が選択したのはもやしラーメン750円。いいねえ、これだけたっぷり乗せてあると、最後の最後まで楽しめそう。あ、そうだ。先日、自分でラーメンを作った時、モヤシの「ヒゲ」を丁寧に取り除いたんだけど、この店はそのまま。プロがそうなんだから、私もこれから「ヒゲ」はそのまま使うことにする。というか、面倒臭い。

店内に置いてあるラーメン本によると、トンコツスープ6割、鶏ガラスープ4割でブレンドしてあるそうだ。広島でよくあるトンコツ醤油に慣れている人でも違和感のない味。格別にパンチはないけど、普通にウマい。替玉150円を追加。

1013braun

電動歯ブラシ。欲しいけれど買うほどでもなかった。もし使ってみたら、口の中が劇的に気持ち良くなったりするのかしら。自分の歯磨きの仕方は下手だと自覚していて、何かしら方策が必要ではないかと考えていた。ただ、あまり甘い物を間食したりしないので、虫歯に悩まされた記憶もあまりない。微妙だ。

10月からタバコが値上がりしたことだし、えいやっ!と買ってみるか。タバコと 無関係と思うかもしれないけど、タバコ→ヤニ→歯にステイン→電動歯ブラシの出番、という構図なのですな。かつて、かなりのヘビースモーカーだったころがあり、口の中全体が黄ばんでいるような気がする。電動歯ブラシ程度できれいになるのか分からないけど、まずはここから。

仕事の方はいよいよ、新体制がスタート…する前日。長かったようで短かった、短かったようですご〜〜〜く長かった1年間。次なる1年へ向けて、元気出して行こう! おぉー!

|

2010年10月12日 (火)

ヒットするブログはなぜ○○なのか

3連休明けの火曜日。酒祭りやら、交通科学館やら、息子の運動会やら、あれこれ満喫した3日間だった。これだけ秋を楽しませてもらうと、仕事が恋しくなるってもんだ(強がり)

休みの間、ちまちまと本を読んだ。1冊は綿矢りさの小説の新著「勝手にふるえてろ」。今後の主流になるのかどうか、iPhoneアプリとして購入した。もう1冊はテリー伊藤著「なぜ日本人は落合博満が嫌いか?」。私自身、落合博満は嫌いではないし、現役時代に「打率4割? ヒットだけでいいなら打てるよ。けどオレが目指してるのは3つ(三冠)だから」と人なつこい笑顔で、大きなことを言うのが痛快だった。事実、シーズン終盤に帳尻を合わせるようにヒットを重ねる姿を見ていると、打率だけなら本当に4割打てそうな気がした。

も一度戻って「勝手にふるえてろ」。18歳で芥川賞を受賞した彼女も、もう26歳だそうである。「蹴りたい背中」の高校女子がOLになったらこうなっているかも、と思わせる物語。あえてそうしているのかどうか分からないけど、綿矢さんの書き物を読むと「どんな形容詞を使うか、修飾語の順番を入れ替えたらどう印象が変わるか、一生懸命に考えたらこうなりました」とアピールしているように感じる。いいか悪いかではなく、好きか嫌いか。っていうか、そもそも40過ぎのオッサンに読んでもらおうと思って書いてないだろうし。私は嫌いではない。

もう1冊の「日本人はなぜ〜」。出版界でありがちな「●●はなぜ△△なのか」というタイトルの本は、なぜ●●が△△なのか、結局は読み終わってもよく分からないという「ルール」をこの本も忠実に守っている(笑) なぜ日本人が落合を嫌いなのか分からないし、落合監督の戦術について詳しい分析があるわけでもない。ってか、私は嫌いじゃないし。新幹線に乗る時に買うと、週刊誌より潰せる時間は長い。退屈はしない。

本日、ビート号にて出社。仕事後、ちょいと一杯行く流れになり、ビート君だけ駐車場に素泊まり。あばよ。

あ、そうそう。本日のエントリのタイトル。ひょっとしたら、ヒットするブログの秘訣が書いてあると勘違いし、ついつい訪問した人もいるかもしれない。何の参考にもならず、少しイラッとしたかも。「●●はなぜ△△なのか」本の読後感と似た感じだを味わえていただけたかしら。おほほ。

|

2010年10月11日 (月)

うん、どうかい the Movie3

息子の幼稚園で運動会。昨年は娘2人が通う小学校の運動会だけだった。今年は上の娘が中学校に入り、下の娘の小学校、そして息子の幼稚園。運動会だけで3回のイベント。楽しいねえ。

1011undo1

看板を見ると「第32回」と書いてある。新興住宅地の真ん中だけれど、意外と伝統があったようで。幼稚園はどこでも似たようなものだと思っていたけれど、教育方針によってかなり違いが出るということを、上の娘たちと別の園に息子が通い始めてから知る。運動会を見ていても、雰囲気が全く違う。

1010undo2

園舎2階のベランダから。この幼稚園では、園児を2つに分け、運動会を2回開いている。仲のいい友だちと一緒に運動会をできない子も出てくるけど、保護者でごった返し、一触即発の状態になるよりは、分割案を選んだということだろう。深夜から場所取りのために並ぶとか、カメラの場所取りで怒鳴り合うとか、はたから見ていて、本当にバカらしくて仕方がなかった。そういうことをしなくていいだけでも、この幼稚園のポイントは高い。

息子は障害物競争っぽい競技に出ていたが、何着だったのかよく分からない。1位以外の人は得点に無関係らしく、どうでもいいようだ。この辺の緩さが、この園の個性ともいえる。

1011bento

運動会は午前中で終了。私の中では「運動会の昼食=家族そろって手作り弁当」と刷り込まれていた。そうか、午前中で終わりってことは、帰宅してから昼食にすればいいわけね。

スーパーに寄った。いっぱい積んである弁当。ここのコーナーは、すべて297円。弁当食べて、缶コーヒーを飲んでも、500円でお釣りがくる。いやはや、どこもかしこも大変ですなあ。

私は「サンマ蒲焼風丼」なるものを選択。…う~む、これ、もう買わない。日本の食文化と、自分の味覚が破壊されていくような気がしてくる。いくら安くたって、罰ゲームじゃないしね。どうしても安く済ませたいときは、白飯を炊いて、佃煮海苔でも乗っけて食べる。

午後、録画しておいた「世にも奇妙な物語」とか(これ、昔から大好きなんだよね)、昨日の「龍馬伝」とか、タイトルも知らない映画を棚からひとつかみ(山下達郎風)したりとか、動画三昧。だらだらと見ては体に悪いので、しばらくの間、スクワットをしながら見ていた。うっはぁ~、こりゃ効きますな。すぐに内腿が張ってきた。

|

2010年10月10日 (日)

アフターカーニバル

昨日の西条酒まつり。妻は許容量を超えたらしく、今日は朝から無口。ベッドの上に寝転がり、本を読んでいる。上の娘は、中学校の同級生と酒まつりに行きたいというので、昼前にJR駅に送ってやった。

自宅には手持無沙汰な4人。うち1人は、お酒が残って不動状態。このままゴロゴロしていてももったいない、今日は旧体育の日。10月10日は晴天の確率が高い日にふさわしく、なかなかの天気。ちょいと出掛けてみましょうか。

と。下の娘と息子。車に乗せて、5分と経たないうちに寝てしまった。なんだかねえ。こんなことなら、自宅で昼寝でもさせていればよかったかなという思い半分。せっかくの休日ぐらい、出掛けた方がよかろうという思い半分。

Rx500

やって来たのは、広島市交通科学館。エントランスホールには、マツダコスモとRX-500が並んでいる。いつ見てもカッコいいねえ。

Mazda

売店にはミニカーがずらり。ル・マンに出場したマツダの車を勢ぞろいさせたディスプレーも。こういうことしたら、全部まとめて買いたくなる人が出るでしょうに、お父さん世代から。私も、しばらく眺めながらウットリ。

Hiroden

外の自転車コーナーで体を動かす。脇には被爆電車の展示。つい何年か前(この電車は2006年まで現役)まで、広電には色んな電車が走っていたよなあ。低床型のグリーンムーバは車内が狭く、座っても立っても窮屈なので好きくない。このツートンカラーの電車を見ると、ほっとする。

Tram

おまけ。アストラムライン型、顔出し撮影所。はい、チ~ズ。

プロ野球パ・リーグのクライマックスシリーズのファーストステージ。マリーンズがライオンズに連勝で、ファイナル進出を決めた。2試合とも九回の土壇場で追い着き、延長勝ち。勢いが違いますな。このままマリーンズが突っ走って日本一…になるのかどうか。パのファイナルステージは14日開幕。

|

2010年10月 9日 (土)

西条酒まつり

昨年だったか、初めて行ってみて意外と面白かった西条酒まつり。今年は事前に前売券を手に入れ(前売1,500円、当日1,800円)、できる限り、飲み比べをすることにした。子どもたちは留守番、妻と2人でヨッパライの旅。

…と。バスに揺られ、JR駅に向かっていると。妻が「チケット持って来た?」とふいに聞く。持って来たも何も、どこにあるのか知らんし。買ったのは妻だし。あーこりゃこりゃ、振り出しに戻る。

バスを途中下車、タクシーで自宅に戻り、チケットを取ったら、そのまま駅へ。何じゃこりゃ。こんなことなら、フラリと行って当日券で入った方がよっぽどよかったんですけど。

昨日は雨だったけれど、昼過ぎはギリギリの曇り空。ひょっとして、酒まつりの人出が少なくて、余裕を持って飲めたりするかも。な〜んてことを思いながら、西条駅に到着すると。

1009station

駅のホームは人、人、人…。東京のラッシュ時ですか、これは。ま、ホームにこれだけ人がいるということは、既に帰ろうとしていることだから、これから行く私たちには好都合。だと思いたい。

1009saga

入り口で猪口を一つ受け取り、会場内ブースで一杯ずつ注いでもらう。北から南から、全国の酒を飲む、飲む、飲む。日本酒度が高い辛口より、日本酒度が低い、もしくはマイナスぐらいの甘めの方が私たちの口には合うようで、そういう銘柄を選んで飲む。段々、旨いのかそうでないのか、よく分からんようになってきたり。

1009ame

夕方からポツポツと雨。会場には2時間半ほどいた。元が取れるほど飲めたとは思わないけど、20銘柄以上は飲んだ。なるべくたくさんのお酒を飲み、なるべく素面に近い状態で、電車に乗って帰宅する。酒まつりって、ひょっとしたら修業の場なのかもしれん。

JR最寄り駅から、自宅へ向かって歩く。妻は許容量を超えたみたいで、バスに乗りたくないそうだ。ま、ふらふら歩くのも悪くない。…って結局、途中で辛くなり、タクシーをつかまえたんですけどね♪

|

2010年10月 8日 (金)

平和でしょう

ここ数日、夕方6時を過ぎると、何となくそわそわする雰囲気。毎日、一つずつ発表するノーベル賞って、楽しみが何日にも分けられてるみたいでいいね。レコード大賞も1週間ぐらいかけて、月曜日の新人賞から始まり、日曜日のレコード大賞の発表で終わるってのはどうかしら。あんまり盛り上がりそうにないけど。

今日の発表は平和賞。下馬評では中国の民主活動家・劉暁波氏の名前が挙がっていたが、中国政府が授賞させないよう圧力を掛けていることも含めて事前に報じられていたので、配慮があるのではないかと思っていた。そんな中での「本命」授賞。

午後7時のニュースを見ていて、一番驚いたのは、中国国内では外国テレビ放送がノーベル平和賞を報じる間、放送が中断された、と伝えていたこと。ネットでも「劉暁波」の検索結果は表示されないらしい。

目の前の情報をシャットアウトすれば、世の中は自分たちの意のままになるという考え。もっといえば、シャットアウトしなければならない、後ろめたさを抱えたままの組織。そっか、これがわれわれが仲良くしなければならない隣人なのだなと、あらためて思う。近代国家としての最低限の形さえできていないことが、図らずも露呈してしまった。ひょっとして、ノーベル平和賞を決めた人たちは、国家転覆させてもいいと思いながら、劉暁波氏を選んだのだろうか。

ただ、逆の見方をすると、「ノーベル賞って結局、西洋の価値観を基準としているだけ」と言えなくもない。例えば、西欧諸国の政治犯にノーベル平和賞が贈られることは、まずない。国内的に政治犯の人がノーベル平和賞を受けるケースは、東洋に限られる。っていうか、今どき、西欧諸国で真の意味での「政治犯」は存在しないのかもしれないけど。

そんなことを思ったノーベル関連ニュース。

1008viking

昼食は食堂でバイキング。

|

iPhone最近使ったアプリ

ゲーム系で最近ダウンロードしたのは「TRON」と「Toy Story3」の2つ。いずれもディズニー系、いずれも無料。なんか…遊び方がよく分からない(苦笑) Toy Story3がいいのは、映画の予告編動画が見られること。英語版しかないが、英語版しかないからこそ、バズが急にスペイン語を話すネタなどが分かりやすい。

以前、「ティンカーベル」の無料版を入れていた。これも、サンプル動画が美しく、ゲームより動画を見るために残していた。誤って削除してしまい、再びダウンロードしようと思ったが、App Storeで探しても見つからず。iTunesのバックアップも消してしまったので、もう復活させることはできない。大切なアプリは削除しないよう気をつけようね。

ちょこちょこ買っているのが、電子ブック系アプリ。「志高く 孫正義正伝」(350円)とホリエモンが書いた小説「拝金」(1000円)は、電車の中などでサクサク読めた。数百円のアプリが多い中、1,000円という値段が高いか安いかは議論があるけれど、新著の値段としては妥当だと思う。文春ウェブ文庫の綿矢りさ著「勝手にふるえてろ」も1,000円。こちらは、インタビュー動画がついており、綿矢ファンにとってはありがたいオマケなのだろう。小説の感想については置いとくけど(読み終えてないし)、気になるのはアプリの出来。レスポンスが悪く、ページをめくるたびにイライラする。「文春ウェブ文庫」と名付けているからには、これからシリーズ化するつもりなのだろう。「勝手にふるえてろ」も含め、早急に改良版を出さないと「読みにくいアプリ」という悪評が定着しますよ。改善よろしく。

Roudoku

無料で試しに入れてみて、意外と面白かったのが「朗読少女 羅生門LITE」。本来は有料アプリなのだけど、今は大好評につき、無料配信中。少女系の声優さんが、朗読してくれる。朗読している少女を指で撫でると「や、やめてください。私そんなつもりで本を読みに来てるんじゃありません」って言う。朗読だけじゃなく、アラームもあり、少女の声で起こしてくれる(使ったことないけど)。ポッドキャストで、文学の朗読はいくつか聞いたけど、何だか、これは新鮮。「羅生門」が気に入ったら、ほかの作品も有料DLしたらいいんじゃないかしら。

以前からDLしていて全く使わず、最近使ってみて面白さを再発見したのが「NHK WORLD TV Live」(無料)。NHKの国際放送(英語版)を視聴することができる。先日、寝る前につけてみたら「Nihongo quick lesson」という番組が始まった。「いただきます」「ごちそうさま」を覚える回だったらしく、どういうシチュエーションの時にこの言葉を使うか、体験映像を交えながら、英語であれこれ説明していた。この次の番組は「日本のトイレの使い方」をテーマに、和式トイレはお尻を触れて座ってはいけないとか、日本製トイレのシャワー便座の利点とか、英語で説明していた。英語の聞き取りの勉強になるし、ニュースの時間以外は内容も笑える。暇つぶしにどうぞ。

映画館情報を伝える「Now Playing」が機能しなくなった後、新たに登場して重宝しているのが「NAVER映画検索App」(無料)。私がiPhoneの映画情報アプリに求めるのは、公開されている映画の感想などではなく、この近くのどこの映画館があるのか、そして上映している映画、上映時間など。「NAVER映画検索App」は、かゆいところに手が届く映画館情報アプリ。待ってました。

Poster

実用ではなく、暇つぶしに眺めて楽しいのは「キネマ旬報 映画ポスターコレクション」(無料)。その名の通り、最近の公開映画のポスターを見ることができる。画質が割りと良いので、お気に入りの映画のポスターは、スクリーンショットで撮って、壁紙にするのもいいかもね。

twitter用アプリは、帯に短かったり、襷に短かったり。TwitBirdの無料版、Twitter公式なども入れているけど、現在一番よく使うのは「Echofon for Twitter」(無料)。どれも一長一短あるので、とりあえず無料版をあれこれ使ってみる方がいいかな。

最後に、ちょっと残念なアプリが、ソフトバンクモバイルが出している「S-1バトル」(無料)。SBMでやっていたお笑いバトルのS-1をiPhoneでも見ることができるようになった。ただ、Wi-Fi専用なので、ポケットWi-Fiなどを持っていない限り、「いつでもどこでも」とはいかない。アプリの出来とは別だが、ネタがあまり面白くない。漫才でもなく、コントでもなく、テレビで使えなかったフリートークを編集したようなエントリを見ると「マジメにヤッテクダサイ」と文句を言いたくなってくる。ま、無料なので、面白くなければ見なければいいだけですけどね。

|

2010年10月 7日 (木)

おでん始めました

妻が朝から「赤ペン先生」の採用試験に行くというので、街まで「同伴出勤」。私も中学、高校時代(途中まで)進研ゼミをやっていたので、ベネッセには親近感を抱いている。採用試験といっても、要項には「簡単な試験」とあったので、形式上のものかと思ったら。会場は、スーツ姿の大学生風の多数だそうな。しかも、「簡単な」はずの試験はかなり難しかったらしく、試験後は肩を落としていた。ま、合否が決まったわけではないし、果報は寝て待て。ぐぅぐぅ。

民主党が提案している休日分散化計画に、各方面からあれこれ意見。私も思うところはあるけれど、F1ドライバーの小林可夢偉さんの一言に尽きると思う。彼の意見は「休日を分散化するより、日本人はもっと有休を取るべきだ」。なぜ、小林さんが意見を求められる立場になったのか、人選がよく分からないが、24歳になったばかりの彼は、ドライビングスタイルだけでなく、世の中に対する意見もクレバーだと思う。

民主党の小沢一郎元代表が矯正基礎(一発目はこう変換した)…強制起訴について思うこと。先日の郵便不正事件で無罪判決が出た後、「起訴をされても、推定無罪の原則は変わらない」ことをあらためて考えようという動きが、各メディアの中に起きたはずだ。それを踏まえると、強制起訴されたからといって離党、議員辞職という責任問題はまだ先の話、となるのかと思ったら、そうでもないらしい。

本人の責任の取り方として「離党、議員辞職ではなく、司法の場で決着をつける」というのは、それはそれでアリ。一方、公党の立場を守るために、起訴された議員に対し「離党勧告、議員辞職勧告」を突き付けるのもアリ。何となく妙な感じがするのは、検察審査会を通しての現職国会議員の強制起訴という、比べるべき前例がない事案でありながら、過去に贈収賄事件等で起訴された議員と同列に議論されていること。こうやって書くと「お前は親小沢派か」と言われそうだけど、親小沢でも反小沢でもなく、何となく妙な気がするだけ。

1007oden

仕事後、会社の近くで一杯。「おでん始めました」の連絡を受けたので、寄ることにした。おでん、枝豆、そしてビール。この組み合わせは、季節感のない昨今の日本の気候を反映しているみたいですな。

久しぶりに広電で帰宅。以前より乗客が少ない気がする。こんな中で乗る乗客は上客。なんつって。

昨日、電気工事か何かで昼間に停電になったようだ。事前に連絡があったので知ってはいたが、予約録画系のものがあれこれ狂っていた。帰宅してから修正。

|

2010年10月 6日 (水)

ナイトミュージアム風

朝、ズボンのポケットからイヤホンが出てきた。あら、お久しぶり。洗濯されて、乾いて、再び私のところに戻ってきてくれたのね。愛用のイヤホン、これまでに何度洗ってしまったことだろう。元々、高価な物ではないけれど、いや高価でないがゆえ、丈夫にできているのかな。これからも、ガンガン洗いまっせ。よろしく。

1006sanma

昼食は、食堂でサンマ。

ようやくサンマも値が落ち着き始め、ひところの1尾数百円から、100円台前半での商いになってきた。先日の日曜日、家族みんなでサンマを食べた。サンマって、本当においしいなあ。ただ、子どもは骨のある魚を食べるのを嫌がる傾向がある。娘2人(中学1年、小学3年)は、かなり食べるのが上手になったが、息子4歳はまだまだこれから。ということで、背骨だけをきれいに残して食べることがいかに楽しいか、視覚的に教えることにした。

先日、テレビで放映されていた「ナイトミュージアム」という映画では、夜になると骨格だけの恐竜が歩き出す。これになぞらえ、背骨だけになったサンマを見せ「がおぉー、ナイトミュージアムだぞお」と動かすと、息子は大喜び。サンマをきれいに食べて、家族全員分の背骨を自分の皿に集めてくれと要求する。そそ、それでいいのだ。そのためには、自分自身も骨までしゃぶるほどきれいに食べてくださいな。

仕事後、直帰。

1006age

油揚げと鶏、ネギで作った塩チャンコ風鍋を食べながら一杯。お酒がお酒が進む君。今回、鶏モモ肉を使ってみたけど、いつものように鶏皮の方がコクが出てうまうま。

|

巨悪は眠る(フィクション)

これから書くことは、全くのフィクション。取材にも基づかず、実在の人物とはもちろん、無関係。ニュースで聞きかじったことから勝手に空想し、だらだらと書いてみただけ。「どこかにすべてを知った悪がいる」という設定は、ありがちな三文ドラマだけど、昨今の「記者クラブ諸悪の根源論」がウケているのを見ると、意外と受け入れられやすいのかしら。このプロットを基に、人物像の肉付けをしっかりし、小説化したら、面白いかも。な~んてね。

あえて差別っぽい表現をしてますけど、そこは物語ということで。そんなこと、思ってませんから。私も地方大出身者だもん。

---------------------------

続きを読む "巨悪は眠る(フィクション)"

|

2010年10月 5日 (火)

特売嫌い

毎日、体重計に乗るだけでやせる…って、ずいぶん前から誰かが言っている。計るだけダイエットねえ。簡単そうなんでしばらく前から試してみてるし、ほぼ日で糸井重里さんも書いてるんで、何か効果がありそうなんだけど。

順調に増えてる。順調に。

競馬でいうところの「成長分」だったらいいのだけど、この歳で成長はない。きっと脂肪。11月3日のひろしま国際平和マラソンへ向け、少しずつ体重を絞る計画を立てていたのに、あろうことか、気がつくと募集締め切り。体重を減らしたい積極的な理由もなくなった。ついつい過食気味になっていることが増えた。体調は悪くないけど、このままではイカン。酒のアテを低カロリーにしよう。そうだ、そうしよう。

仕事帰り、スーパーに寄った。豆腐でも買って帰ろうと思った。私ねえ、豆腐があれば幸せ。1丁の豆腐と少しのお酒。これがあれば、幸せな気分で夜を迎えることができる。社員食堂の小鉢も、豆腐を選択すること多数。えへっ、豆腐売り場は、と…

1005tofu

…豆腐がない。見事にない。全く豆腐のない豆腐売り場。その下に、いつもより20円だか、30円だか割り引いた値札だけが残っている。何だかなあ。店員さんをつかまえ「普段の値段でいいので、あれば出してください」と頼んでみたけど、在庫があるんだったら売り場を空にはしないわな。

切ない。もうねえ、ここの豆腐を買い尽くしてしまった人なんか、豆腐の角で頭ぶつけて、どーにかなってしまえ! 

結局、割引対象になっていなかった2枚入り油揚げと白ネギを買った。ちょい鍋で一杯。結局、作り過ぎてお腹パンパンになってもうた。残念。

腹肥える秋。マラソンがダメなら自転車に乗ろうかな。少しずつ、恐怖心も忘れつつあるし。時間をつくって、自転車店に整備に行こうっと。

|

2010年10月 4日 (月)

ベイとか

横浜ベイスターズがどうやら、売却されるらしい。「住生活グループ」ってよく知らなかったけれど、トステム、INAX、東洋エクステリアなどを傘下に持っているわけね。うむ、かなり安定した大企業なのだろう。

よその球団の元オーナー氏が「新潟移転」なんて名前を出すから、その方向で話が進んでいるのかと思っていたけど、とりあえずは横浜に残る方向らしい。体制やら球団名やら、そのまま残すことの利点もあるけど、もし、チーム内の雰囲気が勝利への執念がないのなら、一気に環境を変える方がいい場合もあるかもしれない。南海ホークスの末期は、かなり酷かったと聞くし。福岡に移転して、優勝するまで10年掛かってるもんね。

私は、プロ野球地方分散論者なので、新潟を本拠地にするチームがあってもいいと思う。ただ、これまでのベイスターズファンを裏切るわけにはいかないし、難しいところですな。1980年代半ばの稲尾監督時代のオリオンズみたいに、15~20試合ぐらい主催ゲームを持って行って、準フランチャイズみたいにするのはどうかしら。

ま、ファンあってのプロ野球なので、残るにしろ、移るにしろ、禍根を残さないようにしていただければ。

1004a_2

生センマイとかユッケとか。豚足とか豚耳とか。

1004b

内臓の天ぷらとか、野菜の天ぷらとか。おいしゅうございました。

|

2010年10月 3日 (日)

チョキン箱

写真で見ると、スケール感が分かりにくいけど、

1003cho1

サントリー各便…じゃなくて角瓶の1920ml瓶。定年で会社をリタイアした先輩からいただいた。亀甲柄の線に合わせ、一部に500円玉が入る切り込みがある。わが家にある工具では、ガラス瓶の一部を切るのは無理。パッと見ではどこに穴があるのか分からないので、子どもの前で入れると手品かと思って喜んでくれた。うふっ。

角瓶貯金箱をいただいたのが春(初夏)。札が崩れるたび、少しずつ入れていたのだけれど、一向に貯まっている気配がない。せっかくの貯金箱。早く満タンに貯めてみたい。少しまとめて入れてみたくなった。というわけで、

1003cho2

2万円分を500円玉に両替してきた。万単位といえば、多少はまとまった量になるだろうと思っていたのだけれど、片手の中に楽々。この20枚を投入してみたけど、まさに焼け石に水。角瓶貯金箱はいくらぐらい飲み込むつもりなんだろ?

ネットで調べてみた。百円ショップなどで見掛ける「10万円貯まる貯金箱」とか「30万円貯まる貯金箱」。これらの容積を調べてみたら、角瓶にいくら入るのか推測できそう。30万円貯金箱の大きさは、とあるサイトによると「直径10センチ×高さ13センチ」だそうだ。これを計算すると、約1000ml。角瓶は2000ml入るので、単純に2倍にすると60万円。ただ、30万円貯金箱は35万円ぐらいは入るそうだから、これを倍にすると70万円。「ちょっと貯めてみる」レベルじゃないんですけど…

話は逸れるけど500円玉。少し前まで、パチンコ店に行けばいくらでも両替できた。最近の事情がよく分からないまま「両替できるかな」と立ち寄ってみたら。最近の台は1000円札を投入し、貸し球をいくら分にするか選ぶらしい。そんなわけで、大型店には500円玉が出てくる両替機が置いてなかった。世の中、どんどん変わっていくのよねん。

そんなこんな。だらだら過ごした日曜日。買い置きのビール(発泡酒)と焼酎のボトルを補充。焼酎は以前から買っている島美人と、最近のお気に入り利右衛門。いっぺんに飲むわけじゃないけど、お酒をたくさん並べているとシ・ア・ワ・セ♪

|

2010年10月 2日 (土)

ストーブリーグ

セ、パともに優勝チームが決まり、この時期から出てくる寂しい話題が「戦力外」。ホークスからは柳瀬投手が戦力外となった。全然、面識があるわけではないけど、出身中学が、私が住んでいる場所と同じ校区で、勝手に「ご近所さん」として親近感を持っていた。2007、08年は中継ぎとして登板していたものの、昨年から急減。今年は一度も姿を見なかった。まだ27歳。ワンポイント要員としていかがでしょうか、カープさん。

ライオンズの47歳の工藤投手の場合、来季の構想から外れるのは仕方ないのかな。どこか投げられるチームは見つかるのかしら。ちょっと驚いたのはゴールデンイーグルスの中村紀選手に、バファローズの大村選手。まだまだ働けそうなのに、戦力外ですかねえ。この3人に共通するのは、FA移籍経験者。ベイスターズが佐伯選手を「指導者として残すことはない」とバッサリ切るのを見ると、プロ野球の世界といえど、日本はまだまだ義理人情優先か。「物申す」人より、一つところで地道にやってるのが好きな人って多いのかもね。

1002tsuke

昼、つけ麺家へ。

9月30日に五目そばと皿うどん。10月1日に天一のラーメン。そして今日の昼はつけ麺。食べたい麺はほぼ一周したので、そろそろ麺食いシリーズはやめにしよう。そう思いながら帰宅すると。夕飯が焼きそばだった。ありゃ?

【追記】柳瀬投手は育成選手として残る方向だそうな。ゆっくり治して、また1軍で投げてくださいな。ポストシーズンといえば柳瀬投手。応援してます。

|

ビート号最近の燃費

前回の記録はこちら

8月28日
給油量18.37L、走行距離282.1km 燃費15.36km/L

9月16日
給油量19.91L、走行距離320.6km 燃費16.10km/L

--------------------

ビート号の燃費にみる猛暑。6月16.38km/L、7月16.00km/L、8月15.36km/Lと、順調に燃費が悪化している。朝、晩でも冷房が欠かせないからねえ。

夏場はアイドリングストップをしていなかった。普段の通り道で、信号が変わるのが長いことが分かっている(感覚的には「分」単位レベル)交差点が何カ所かある。そこでは必ずアイドリングストップをしていた。さすがに夏場、ビート号の中で路面の照り返しを受けながらのアイドリングストップは息が苦しい。

ひょっとして、私が思っている以上にアイドリングストップは、燃費向上に寄与していたのかもしれない。今後の数字に注目しようっと。

一つ残念だったこと。9月16日は121円/Lで給油した。それも、仕事帰りの夜。翌朝通ると、120円/Lに看板の数字が変わっていた。分かってたら、朝から給油したのに。たのに。19Lの給油だから、たった「19円」の差額なのに、ガソリン代が変わると、すごーーーっく損した気になるのは私だけ?

|

2010年10月 1日 (金)

てんいちの日

10月になった。10月1日。テンとイチで「てんいちの日」なのだそうである。ラーメンの天下一品でキャンペーンがあり、麺類を食べるともれなく、ラーメン無料券を1枚もらえるのだそうだ。

私が天一を知ったのは1987年。広島に出てきてすぐのこと。フランチャイズ店がオープンした。京都出身の同級生が「これ、うまいで」と言うので、すぐに食べに行った。しかし感想は「あかんわ、これ」。私も、コンセプトそのものは悪くないと思ったが、麺の茹で方、ぎとぎとスープとの絡まり方など、満足できるラーメンではなかった。ただ、ひょっとしたら、本店はもっとおいしいのだろうという気はした。

それからも時々、寄っていたのだけど店員の酷さはエスカレートしていく。店の扉を開けた瞬間、

「いらっしゃいませおひとりさまですかおひとりさまでしたらカウンターへどうぞ」

と、にこりともしない店員がロボットのように一気に言う。1人で来るやつにはテーブルに座らせるもんか、たとえほかに客がいなくても、絶対にカウンターに座りやがれ。アルバイト店員は、何のもてなしの心もないまま、ただ口に出す。厨房ではくわえタバコで、けだるそうに麺を茹でている店員。もう、全然、ダメ。

もう、こんな店では食べないと思った。それでも、たまに天一のラーメンを体が欲するので、そんな時は持ち帰りラーメンを買った。自分で言うのもナンだが、インド料理はナンだが、店で食べるより、自分で茹でた方が何倍もおいしかった。

しばらくして、この店は閉店した。ほかに数店のフランチャイズ店ができたので、引き続き持ち帰りを買っていた。

ある日のこと(10年以上前)。いつものように天一の扉を開くと、中は人で溢れかえっていた。なんじゃこりゃ? キャンペーンの日だとかで「ラーメンと餃子が半額」とチラシが貼ってある。10月1日だったのかもしれない。「持ち帰りできますか」と尋ねたら、「あかん、今日は店舗だけ。ラーメンと餃子半額やから」と、言う。いつもの値段でいいので持ち帰りたいと伝えると「あかん、ここで食べて」。しかも、ラーメンと餃子だけを注文するように言われた。キャンペーンって、顧客サービスのためにやるんじゃないのかなあ。何か、すごい不愉快な気持ちになり、食べずに帰った。

ここの店は店内を全面改装し(知ってるだけで2度)、店の雰囲気を変えたりしていたけど、今は閉店した。いくら京都発祥のラーメンとはいえ、広島在住のバイト店員が、はにかみながら「まいどおおきに」と言うのはサービスの方向性を間違っとると思う。

さて。

前置きが長くなった「てんいちの日」。半額にするのではなく、ラーメンを食べた人(持ち帰りでもOK)の客に、ラーメン無料券を1枚を渡す。試行錯誤しながら、今の形になったのかもしれない。持ち帰り客を排除せず、たまたま来た人も、常連客も皆が幸せ。いいねえ、この形。

1001tenichi

というわけで。閉店してしまった前記2店ではなく、西方面に新たにできた店へ。大盛りをいただいた。うむ、うまい。うまいけど…これを食べたら、ビールを飲みたくなる。あ、そうそう。私が持ち帰りをしていたのは、自分好みの茹で方を追求したのもあるけど、自宅でゆっくりビールを飲みながら食べるという目的もあったんだっけ。残念ながら、今日は車。ノンアルコールビールをいただく(飲まないという選択肢はないんかいっ!)。

以上、私のイチニチ。…って、今日も会社に出たし、帰宅して子どもたちと会話もしましたよん♪♪

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »