« お盆気分 | トップページ | 物書き »

2010年8月15日 (日)

本州に戻るじゃっど

鹿児島で過ごす最後の日。帰郷する時、買って帰るのは、普段から使う調味料や食べる物だったりする。妻と一緒にA-COOPへ。

0815soy

鹿児島の醤油は甘い。原材料に「砂糖」と書いてある。私も以前、冷奴などに使ってみて口に合った。妻が「まとめ買いしよう」と言うので、一升入り濃い口2本、薄口1本を購入。

0815ramen

今回、鹿児島では外食をしていない。最後の日、ラーメンでも食べに行くことにした。

黒岩か、ほかいくつかの候補があったのだけど、駐車場スペースの関係など、面倒なことが多い。「早く、手軽に」ということでこの店を選択。今から13年ほど前、上の娘が1歳のころ、来たことがある。私たち夫婦が交互に娘を抱き、交互にラーメンをすすっていると、おばさんの店員が「抱いていましょうか」と声を掛けてくれた。好感度の高い店なのだけれど、味はさほど記憶に残っていない。そういうわけで、13年ぶりの来店。

デフォルトのラーメンは、豚骨、ホタテ、エビ、昆布などで出汁を取ったあっさり系。白濁豚骨スープを予想していたので、ひと驚き。スープを飲んで、もうひと驚き。あれ、おいしいじゃん。ラーメンを食べに行くときは、あまり期待しない方がいいのかもね。

午後8時過ぎ、鹿児島を出発。この時点で九州道内の渋滞情報はなかった。ところが、走行しているうち、「南関—久留米15キロ渋滞」の表示が現れ、さらに時間が経つごとに、渋滞の距離が増えていく。これはたぶん、Uターンラッシュではなく、花火大会か何か、大きなイベントがあったのだと思う。結局、九州を脱出するまでの約300キロが、5時間半以上掛かった。その後は渋滞には巻き込まれなかったものの、睡魔と疲れとの戦い。

白々と夜が明けるころ、帰宅。ランラ〜ン、ナチュラルハイですよ〜ん♪

|

« お盆気分 | トップページ | 物書き »

日々の日記」カテゴリの記事